• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月23日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議推薦無視事件(3)

2. 高橋洋一氏の詭弁(つづき)

(3)具体的批判

1:「裁量的人事をしないとの政府答弁も、政府の裁量的判断」という主張

 前回の記事で掲載した高橋氏の論文を見ると、高橋氏は内閣のすべての答弁には内閣法制局が所轄事項として答弁の適法性、合憲性を担保しているという事実を完全に無視し、国民に嘘の説明をしていることが明らかである。

 「裁量的人事をするか、しないかも内閣の裁量である」という主張の根拠は法令上一切存在しない。
 内閣が裁量的人事をしないと答弁したのは、裁量的人事は法令上できないと判断したことが背景にあり、そのことを内閣法制局が認めているという事実がある。

2:「条文を読めば裁量的な任命権がある」との主張

 条文には、「学術会議の推薦に基づき任命する」(学術会議法17条および5条2項)とあり、裁量的任命権、つまり普通の任命権とは明らかに異なる。読者が普通は条文まで読まないこと見越して、完全な虚偽を主張している。

3:「政府は事情変更により1983年の国会答弁を変更した」との主張

 高橋氏の主張は、氏が法律論を語るには法的素養があまりにも欠けていることを示して、経済学の専門家であることに対してさえ疑義を呈したくなるほどの暴論である。

 この主張は学術会議法の推薦と任命の関係に関する法律解釈であるため、第一義には立法者意思、つまり国会が立法したときの解釈の遵守がある。それを形式的任命権であると確認したのが、83年の国会答弁である。

 その後、何らかの事情に変更が発生したとしても、法文が改正されなければ解釈も変更されることはない。高橋氏の主張は、民法の契約の解釈において事情の変更により契約条項の遵守が免除されることを生半可に本事例に適用したものであり、あまりにも馬鹿げた法律論であるため、法律学者であれば行うはずがない解釈である。

4:「政府の人事であるため、任命しなかった理由を明らかにできない」との主張

 一般の人事では、「被推薦人6名を任命しなかった理由」が問題となることはないが、この理由はそもそも「任命されるべき被推薦人」など存在しないためであり、本件を「一般の人事の場合」と前提すること自体が論理に反している。

 一般の人事の場合、任命権者は固有の判断により任命するため、その理由を開示する義務もなく、「任命拒否」ないし「推薦拒否」という事態そのものが存在しないが、本件事件は明らかに一般の任命の問題ではない。

5:学術会議が政府機関との断定

 学術会議は法律の規定で設立された内閣が所轄する公的団体である。純然たる政府機関ではなく、内閣から独立した学術研究団体である。会員の地位も特別職公務員であり、職務も行政行為や行政処分行為ではないため、総理大臣から業務執行権限を委任される関係にない。つまり、学術会議は総理大臣から任命される関係にないのだ。そのため、内閣が主に所轄するのは、学術会議への国家予算の投入に関係することとなる。

6:民営化のうそ

 学術会議には、極めて公共性の高い役割をはたすことが期待されている。その研究、考察、助言、提言の範囲は行政のみならず司法、立法の国権全般を網羅する。学術会議は、この広範な範囲について、その時々の内閣の在任期間を超えて継続的に研究、検討する。

 そのため学術会議には、当然のこととして可能な限り予算の手当てを行い国家機関としての存在を保障することが必要であり、単に一内閣の行政事務を執行する政府機関であってはならない。

 政府に対して自由な批判をするためや総理大臣の形式的任命権を理由にして学術会議の民営化を勧めるとは、まったくもって理解しがたい論理である。とくに民営化とは現実には公的支出の拒否であるため、「いうことを聞かなければお金は出しませんよ」という脅すことに等しく、下品きわまる恫喝論法である。

 また、高橋氏のいう民営化とは公益法人化を含むようであるため、国家予算の投入を認めるものであれば、結局は何の意味もない。法人格を付与するためだけの議論であり、当面の議論とはまったく関係がない。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年02月24日 17:03

【速報】国交省出身・奥田哲也氏の名前が急浮上 データで予測・次の知事は誰?

 22日に辞意を表明した小川洋・福岡県知事(71)。県選挙管理委員会は翌23日、小川知事の辞職に伴う知事選を4月11日投開票(3月25日告示)とする日程を発表した...

2021年02月24日 17:00

「福岡の避密の旅」観光キャンペーン 宿泊券の利用期間を6月末までに延長

 福岡県は昨年11月から実施している県内観光業支援策の「福岡の避密(ひみつ)の旅」観光キャンペーンに関して、福岡県内で利用できる宿泊券の利用期間を6月末のチェックアウ...

2021年02月24日 16:00

日本株「非理性的悲観(irrational pessimism)」の是正が始まった~日経平均4万円へ一直線、さしたる押し目はない~(前)

 株価の急騰は驚異的で、日経平均は30,000円とバブル崩壊以降30年振りの大台回復を果たした。今年に入ってからの株式パフォーマンス(2月19日まで)は、日本(日経平...

2021年02月24日 15:09

久原本家が篠栗町に新工場を建設

 総合調味料メーカーの(株)久原本家グループは、糟屋郡篠栗町に和風だしなどを生産する新工場を建設する。22日に篠栗町および鹿島建設(株)九州支店と企業立地に関する協定...

2021年02月24日 14:38

九州地銀の2021年3月期 第3四半期(12月期)決算を検証する (1)

   【表1】を見ていただきたい。九州地銀(17行)の2021年3月期 第3四半期(12月期)決算発表日の推移表である。 ◆昨年、もっとも早かったは南日本銀...

2021年02月24日 14:14

韓国ネット通販クーパン、米証券取引所への上場申請を発表(前)

 韓国ネット通販「クーパン」は12日、米国ニューヨーク証券取引所に上場申請したことを発表した。米国の『ウォール・ストリート・ジャーナル』は、クーパンの上場後の企業価値...

2021年02月24日 14:00

オンライン授業が新型コロナ下で一気に前進(3)

 『eラーニングは受講者にとっては、職場や自宅など自分のスペースで学習できて、テキストなどの書籍と比べると、動画や音声により内容が理解しやすくなるなど多くのメリットが...

2021年02月24日 13:52

本社売却、史上最大の赤字・・・大きく揺れる電通

 (株)電通グループ(東京都港区)は15日、2020年12月期の連結決算を発表した。売上高にあたる収益は前期比10.4%減の9,392億4,300万円、純損益は1,5...

独自のマンション管理システムを駆使 徹底的に顧客の目線に立って仕事をする

 マンション管理業務で何よりも大切なのは、顧客からの信頼を得ることだ。一生の財産である住まいの価値を向上させ、日々の暮らしの一端まで任せるわけだから、信頼がなければ成...

目を覆うばかりの自公政権腐敗惨状

 日本の主権者は、自分たちが主権者であることに対する認識が希薄ではないか。国民主権は憲法に明記されている。憲法前文に...

pagetop