2024年02月26日( 月 )

スピード設置と検温が可能なサーマルカメラで感染拡大防止をサポート~スリーアールグループ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ
モニタ型AIサーマルカメラ

 新型コロナウイルス感染拡大の防止に向けて、あらゆる場面で検温が求められる時代。スリーアールグループ(福岡市博多区)はこのウィズコロナ時代に対応した商品を相次いで開発しており、オフィスや店舗など建物の入館時に検温するAIサーマルカメラ(非接触温度計)の販売を開始した。
 販売するのは、さまざまな場所に設置できるモニタ型と、複数人を同時に検温できる高精度型の2種類。これらは検温のための人員の配置や来館者自身による操作が不要であるため、ハンディ型に比べ人件費や感染リスクの低減が見込まれる。

 「モニタ型AIサーマルカメラ」は、カメラ付きの7インチのモニタに50~70cmの距離で顔を近づけると1.2~2秒で体表温度が表示される。温度が基準値を超えると画面が青色から赤色に変わり、アラーム音で通知される仕組みだ。
 付属の三脚は約1~1.6mの高さに調整でき、入館者の年齢・属性に合わせて設置できる。加えて独自のAIアルゴリズムにより、マスクや眼鏡を付けたままでも測定することができ、その誤差は±0.3度という精度を誇る。

 「高精度AIサーマルカメラ」は2m離れていても人の顔を認識できることに加え、最大6名を同時に測定できることから多くの人々が出入りする大型施設やイベントなどで活用できる。

 参考販売価格は「モニタ型AIサーマルカメラ」が9万9,800円、「高精度AIサーマルカメラ」が39万8,000円。レンタルも実施しており、費用は5日間で5万円。また、これら非接触カメラはコロナ対策の「補助金対応商品」となっている。


<COMPANY INFORMATION>
スリーアールソリューション(株)

代 表:今村 陽一
所在地:福岡市博多区東光2-8-30高光第一ビル2階
設 立:2016年4月
資本金:1,000万円
TEL:092-260-3030 
FAX:092-441-4077
URL:https://3rrr-btob.jp/
ウイルス対策製品特設ページURL:https://3rrr-btob.jp/antivirus/

関連記事