• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月06日 07:00

財務コンサルとワンストップ税務会計で「イメージ」を論理的「経営戦略」へ昇華 九州・福岡の壮健企業100社 

アストル(税)

38年にわたる税務コンサルの実績 法人化で「事業規模拡大」へ

 筑豊地方・飯塚エリアを中心に、38年にわたって福岡県内を始め、全国・海外の顧問先まで税理士業務や節税アドバイスを行ってきた林田事務所は、フランス語で「恒星、星、天体」を指すastre(アストル)を冠したアストル(税)として新たな道を歩み始めた。

 「家業からの脱却、そしてグループとしての規模拡大を目指すためです」と法人化の理由を語るのは、法人代表・林田俊一氏の子息でアストル(税)の副代表を務める林田俊貴氏だ。俊貴氏は、飯塚市や大牟田市での税理士事務所勤務を経て税理士登録。2015年には福岡市博多区で税理士事務所を開業した。17年8月の法人化により、アストル(税)福岡支店の支店長も兼務している。

 俊貴氏は開業以来、税理士による記帳代行に頼らない経理システムの導入に意欲的に取り組んできた。TKC財務会計システム(※1)を顧問先に導入するなどの支援を行い、経理システムの構築およびチェック、事業に関する提案、月に一度の客先訪問による業務把握と財務に関するアドバイスなどを行っている。法人化から3年を越え、徐々にではあるが、本店との連携により組織化も進んできたという。

集合写真

既存の仕組みを見直し会計コンサルへの挑戦

 「顧客が儲かることが一番の喜びです。そして、その顧客がどんどん規模を拡大して成長していく姿をたくさん見たいですね。また、当法人の理念は、『当法人に係るすべての人々を幸せにすること』です。顧客だけでなく、従業員にも幸せになってもらわなければなりません」と俊貴氏は話す。

 フィンテックの台頭などがあり、今まで通りの会計処理だけでは近い将来必ず淘汰されるという危機感から、俊貴氏は財務コンサルに注力してきた。税務申告に必要な決算資料の作成だけでなく、会計資料の正確性や適時性の確認、経営者が素早く正確に意思決定するためのアドバイスに力を入れてきたのだ。

 とくにコロナ禍では、資金調達や自社のコスト体質の分析、新規サービスへの投資など会計の重要度はこれまで以上に大きくなっていくだろう。

 「コロナ禍によって、会計処理業務の在り方が大きく変わり、会計を中心としたコンサルティングの役割が、より社会に求められるサービスとなってくるはずです。計数の裏付けをもって、経営者の目標を具現化することが我々に求められていることだと認識しています。グループとしての強みを最大限に生かして、顧問先と一緒に成長していきたいと思っています」(俊貴氏)。

 月次の決算書から、経営者の目標に沿って資金繰りの課題や事業の強みをアドバイスし、経営戦略をともに策定する。言語化しにくい部分を数字に裏打ちされた資料から言語化していく、というのが俊貴氏の考える財務コンサルだ。

公職でも社会貢献に尽力 カンボジアで私財投じ小学校

 代表の林田俊一氏は法人化の理由について、「おかげさまでゆっくりとしたスピードではありますが、顧客数は徐々に増加しています。事務所創立40周年を迎える2022年までに、次の世代を見据えて、しっかりとした組織をつくっていくことが目標です。私の代はもうすぐ終わり、次の世代に変わっていきます。そのときに、若い人たちに何が残せるのかということを常に考えています」と話した。

CMCセクソク林田小学校 落成式記念式典の様子
CMCセクソク林田小学校 落成式記念式典の様子

 俊一氏はこれまで、徹底した顧客・現場主義に基づき、アメリカや台湾、カンボジアなど海外各国への視察も精力的に行ってきた。また、「社会から受けた恩恵を還元するため」(俊一氏)に、18年7月から19年6月まで、福岡のライオンズクラブ(337-A地区)の地区ガバナー(※2)を務めた。そして、ガバナー任期を締めくくる19年6月、CMC(カンボジア地雷撤去キャンペーン)を通じて私財を提供し、カンボジアに小学校を落成。校名は氏にちなんでCMCセクソク林田小学校と名付けられた。

 小学校の落成式には、カンボジアの行政関係者や子どもたちも参加。バッタンバン州知事からは、感謝状と勲章も授与された。「12年から、何度もカンボジアを訪れました。若者の純粋さに触れ、感動するとともに教育機会の乏しさを感じていました。カンボジアの教育格差を少しでもなくし、セクソク村から多くの知識人を輩出できれば」と俊一氏は話した。

 続けて俊一氏は、「国内でじっとしていてはいけません。日本から外を見つめるのではなく、外から日本、そして飯塚を見つめる必要があります。我々の中心顧客である中小企業が海外進出するとき、いつでもアドバイスできるよう情報収集とパイプの構築をしておきたいのです」と強調する。

 22年の創立40周年を目前に控え、アストル(税)は長きにわたり積み重ねた知見、そして他士業とのアライアンスにより、難易度の高い相談にも対応できる体制を整えつつある。次代を担う若手メンバーも育ってきており、法人の経営方針を決定するプロジェクトチームには若手の幹部も多く参加している。41年目からは、林田グループが手がけてきた社会保険労務士業務や企業法務、経営指導、IT活用サポートなどの総合ビジネス支援サービスとのさらなる相乗効果を図り、俊貴氏をはじめ次の世代を担う人材が創業者の思想を引き継いでいくことに期待したい。

(左)林田俊一代表、林田俊貴副代表
(左)林田俊一代表、林田俊貴副代表

※1=会計事務所や税理士事務所、地方公共団体などの情報サービスを行う(株)TKC(栃木県)が提供する会計システム
※2=地区ガバナー:国際協会の役員として、国際理事会の一般監督のもとに、所属地区における国際協会の代表者


<COMPANY INFORMATION>
代 表 :林田 俊一
副代表 :林田 俊貴
創 業 :1982年6月
設 立 :2017年8月
本 店 :福岡県飯塚市椋本509-5
TEL :0948-22-7427
福岡支店:福岡市博多区吉塚本町2-44
TEL :092-624-1170
URL :http://www.new-concept.co.jp/hayashida


<プロフィール>
林田 俊一
(はやしだ しゅんいち)
1950年4月、福岡県生まれ。嘉穂高校、国士舘大学、同大学院を卒業。82年に林田税理士事務所を開業した。飯塚倫理法人会会長、ライオンズクラブ国際協会337-A地区ガバナーを歴任。2017年8月の法人化にともない、アストル(税)の代表に就任した。著書に『黒字をつくる社長 赤字をつくる社長-うちの会社は大丈夫か』『赤字を黒字にした社長-500社を持つ顧問が明かす、成功の7法則』(ともに01年、祥伝社刊)など。

林田 俊貴(はやしだ としき)
1978年11月9日、飯塚市生まれ。嘉穂高校、東京経済大学、国士舘大学大学院を卒業後、飯塚市や大牟田市での税理士事務所勤務を経て、2015年2月の税理士登録と同時に林田俊貴税理士事務所を開業。17年8月の法人化にともない、アストル(税)の副代表に就任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年02月27日 07:00

DXで顧客・従業員満足を実現~食品シェア、まず10%に引き上げ(前)

 おりからの新型コロナウイルス感染拡大で総合スーパーは大きな影響を受けている。新型コロナをどう乗り切り、新たな成長につなげていくか、新会社の方針を柴田祐司社長に書面イ...

2021年02月27日 07:00

本社売却、史上最大の赤字・・・大きく揺れる電通(4)

 電通は2013年3月、英大手広告代理店イージス・グループを約4,000億円で買収した。電通にとって過去最大の買収額だ。電通がイージスを買収したのは、12年2月に仏広...

産学官連携の事業に積極的に取り組み 地域の発展に大きく貢献する

 もうすぐ26周年を迎えるコンダクト(株)は、次の30年に向けた5カ年計画を策定した。その中身は九州大学大学院と共同研究する『まちのコミュニティ×防災・防犯セミナー』...

2021年02月26日 18:08

【総務省接待問題】東北新社 社長辞任、菅部長は異動

 総務省接待問題を受け、東北新社は本日、二宮清隆代表取締役社長の辞任を発表した。また、菅義偉首相の長男の菅正剛統括部長に対しては、就業規則に基づき懲戒処分を行い、メデ...

2021年02月26日 17:35

【新型コロナ変異株】自民党が新型コロナ対策本部感染症ガバナンス小委員会を開催

 自民党は2月24日、新型コロナウイルス対策本部感染症ガバナンス小委員会を党本部で開催した。厚生労働省から新型コロナウイルスの「変異株対策の現状について」の発表が行わ...

2021年02月26日 17:23

コロナ禍で台湾が世界への協力をアピール!~Taiwan Can Help, Taiwan is helping.(1)

 新型コロナウイルス感染症対策で、台湾は世界でトップクラスの優等生である。マスク着用やソーシャルディスタンスなどの衛生管理は徹底されているが、テレワーク、オンライン授...

2021年02月26日 16:53

コロナとトランプの先に潜む新たなデータ覇権争いと人体への影響(前)

 アメリカで行われたバイデン新大統領の就任式は前代未聞であった。なぜなら「影の主役はコロナ」といっても過言ではなく、何から何まで“異例づくめ”の展開となったからだ...

GoTo緊急事態繰り返す菅二階内閣

 菅内閣の基本原則は「後手後手、小出し、右往左往」である。コロナ対策の後手後手対応は安倍内閣から引き継いだもの。昨年1月にコロナ感染が重大視された時点から、対応は後手...

2021年02月26日 16:06

【3/27】福岡高速6号線・臨港道路アイランドシティ3号線が開通

 福岡市は24日、香椎浜からアイランドシティに架かる都市高速道路(福岡高速6号線・臨港道路アイランドシティ3号線)が3月27日に開通すると発表した...

2021年02月26日 16:00

JR九州 来春の新卒採用見送りを発表 34年ぶり新規採用なし

 九州旅客鉄道(株)は25日、新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化を受け、2022年度の新卒採用を見送ると発表した...

pagetop