わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月19日 07:00

「後出しジャンケン」のニトリが勝利~DCMとの島忠争奪戦の顛末(4)

 (株)ニトリホールディングス(以下、ニトリ)とDCMホールディングス(株)(以下、DCM)による(株)島忠の争奪戦では、島忠がDCMと一度結んだ経営統合の合意を撤回し、より好条件を提示したニトリに乗り換えた。 北海道発祥の2社による異例な買収劇となった。DCMによる友好的なTOB(株式公開買い付け)が進んでいたなか、「後出しジャンケン」のニトリに軍配が上がった。 

ニトリの「東上作戦」の総仕上げは首都圏戦争の勝利

 北海道発祥のニトリの「東上作戦」の総仕上げは「首都圏戦争」での勝利であるため、首都圏の家具やホームセンターの取得に動いた。

 ニトリの創業者の似鳥昭雄会長は2016年ごろ、大塚家具の大塚久美子社長と会食して、大塚家具の買収をそれとなく打診した。久美子社長が、創業者の父親である勝久会長との権力闘争に勝利して鼻息が荒かったときであり、久美子社長は乗ってこなかった。ニトリにとっては「熟柿作戦」であったが、大塚家具は19年末に(株)ヤマダ電機(現・(株)ヤマダホールディングス)に支援を求めた。

 ニトリは次に、LIXILグループ傘下のホームセンター、(株)LIXILビバの買収に動いたが、LIXILビバが「大きすぎて飲み込まれる」と乗り気でなく、すぐに白紙に戻った。LIXILビバは、今年6月に新潟県地盤の同業アークランドサカモト(株)のTOBを受け入れ、「小が大を喰う」買収劇が起きた。

 ニトリは、17年ごろにも島忠に提携協議をもちかけた経緯がある。低価格の家具に強みをもち、日用品も幅広く展開するニトリにとって、ホームセンターと高級家具を融合した島忠は「うらやましいと思い、尊敬していた」(似鳥会長)相手だ。

 似鳥会長はニトリとの商品開発ノウハウなどを共有すれば、「『おねだん以上の島忠』を実現できる」と、買収に並々ならぬ意欲を見せており、今回その念願が叶った。

北海道発祥の企業が強い「北海道現象」

 1990年代後半、「北海道現象」という言葉がメディアを賑わした。
 97年11月、明治時代から地元経済を支えてきた北海道拓殖銀行が破綻。「拓銀さんが潰れることは絶対にない」、と考えていた多くの北海道民には衝撃的な出来事であった。
 そうした暗いムードのなかで、業績を堅調に伸ばしている複数の会社があった。いずれも小売・流通企業だ。

 当時、メリルリンチ証券(株)のトップアナリストであった鈴木孝之氏は「北海道のようにもともと消費環境が厳しい地域では、不況になるとコスト競争力がモノをいう。ここで勝ち抜いた道内の小売業は、全国に出て行っても勝てる可能性が高い」と分析。これを「北海道現象」と名付け、流通業界や株式市場で話題になった。

 あれから20年余。新型コロナウイルスの感染拡大にともない、小売は市場縮小と再編の時代に直面している。この「暴風雨」が吹き荒れるなかで、存在感を増しているのが北海道発のチェーン企業だ。鈴木氏の予想は的中し、「北海道現象」が再来した。

 コスト競争力を武器に、家具のニトリやドラッグストアの(株)ツルハホールディングス(HD)、ホームセンターのDCM、調剤薬局の(株)アインホールディングス(HD)は全国区にのし上がってきた。

 20年前は道内のみであった「北海道現象」が、今や全国レベルでも「1人勝ち」の状況にある。ニトリは巣ごもり需要の追い風を受け、20年3~8月期で過去最高益となった。ツルハHDは5月にJR九州ドラッグイレブン(株)を子会社化したことで206店舗をグループの傘下に入れ、9月15日時点で、国内2366店舗と最大手だ。

 北海道発のDCMホーマックが中核のDCMは10月上旬、島忠をTOB(株式公開買い付け)で完全子会社化すると発表。それに対抗して、ニトリが島忠の完全子会社化に参戦した。北海道発祥の企業同士が、首都圏を舞台に買収劇を繰り広げた。

 北海道発祥の企業が強い理由は、北海道内の企業のメインバンクであった拓銀が倒産したため、銀行に頼らずに、徹底したコスト競争力を武器に自力で活路を拓いてきたためだ。

 これらの企業は道外に進出し、強豪がいない東北地区などの同業者を買収して力を蓄え、「東上作戦」の総仕上げとして首都圏攻略に打って出た。DCMとニトリによる島忠争奪戦は、北海道発祥企業が全国ブランドの大手小売業を尻目に業界再編の主役に躍り出た画期的な出来事である。

(了)

【森村 和男】

関連キーワード:ニトリ  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月06日 13:47

2022年以降の世界経済秩序~米中激突と日本の最終選択(7)NEW!

 『三島由紀夫氏は自決前夜(1970年11月24日)に、毎日新聞とNHKの記者に電話をかけ、「楯の会」事務所に明日午前8時30分にきて、関係者から封筒を受け取ってほし...

2021年05月06日 11:57

【IR福岡誘致開発特別連載36】バイデン政権と全国IRを含む日米経済安全保障NEW!

 先日、米国バイデン大統領は就任100日目にあたり、国民に向けて演説した。新型コロナウイルスのワクチン接種の実績や、440兆円規模の成長戦略を柱とする経済再生策を強調...

2021年05月06日 11:50

建設業界1-3月のM&A、10年で件数最多も金額伸びず~ストライク調べNEW!

 M&A仲介・ストライクは、1-3月の建設業界におけるM&A動向を集計した。同期間のM&A発表件数は17件で、1-3月としては2012年以降の10年間では19年(9件...

2021年05月06日 11:34

【福岡県】時短要請の対象を県内全域の事業者に拡大、福岡市・久留米市は午後8時までに変更、感染拡大防止協力金の支給額も調整NEW!

 福岡県は5日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、飲食店などに対する営業時間短縮の要請の範囲を6日から県内全域に変更することを発表した。期間は19日までで従来から変...

2021年05月06日 11:05

【久留米】AMED 医療ベンチャー「ボナック」のコロナ治療薬開発を支援NEW!

 バイオ医薬ベンチャー「ボナック」と福岡県が進めている次世代医薬「核酸医薬」による新型コロナ感染症治療薬の開発を、国立研究開発法人「日本医療研究開発機構」が支援事業に...

2021年05月06日 10:19

景品表示法の措置命令 20年度は41件、除菌・殺菌関連で多発NEW!

 消費者庁はこのほど、2020年度の景品表示法に基づく法的措置件数を取りまとめた。「措置命令」は国が33件、地方自治体が8件の合計41件。課徴金納付命令(国のみ)は1...

2021年05月06日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(後)

 『この地区にある「古賀グリーンパーク」周辺ではもともと、道の駅の整備に向けての調査・検討を行ったうえで、19年8月末に道の駅の整備は行わないという決断をしました。と...

2021年05月06日 07:00

【熊本】暮らしに付加価値を、ミリーヴグループが提案する「よりよい住まい」

 『15年以上前になりますが、ミリーヴグループ(当時は明和グループ)各社が宅建業許可を取得し、不動産売買の仲介を行っていた時期があります。グループの中核企業である(株...

2021年05月06日 07:00

熊本トップクラスの管理戸数、豊かなまちづくりに貢献するコスギ不動産

 『私の叔父が不動産売買を目的に小杉不動産を創業したのが、当社の始まりです。その後、当時熊本県警に勤めていた父が退職後に合流し、法人化をはたしました。同時に、売買中心...

2021年05月06日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(5)

 戦後、熊本市では戦災復興計画基本方針に基づいて、恒久的復興計画を策定した。これは、都市機能の向上や衛生面および都市美の増進など、近代都市としての形態を整えながら急速...

pagetop