• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月25日 10:49

【企業研究】ロイヤルホールディングス~コロナ禍で飛行機が飛ばず、創業事業の機内食事業が壊滅的な打撃!(2)

 外食大手の2020年7~9月期決算では、主要13中5社が最終赤字だった。新型コロナウイルスの影響による落ち込みは4~6月期で底打ちしたと見られていたが、人件費や賃料抑制など合理化が追いつかない企業が赤字となった。
 ロイヤルホールディングス(株)の7~9月期の最終損益は54億円の赤字(前年同期は9億9,300万円の黒字)と、13社中の赤字幅はもっとも大きかった。ロイヤル“1人負け”の状態だ。「ファミレスの王者」ロイヤルに何がおきているのか?

国際線の落ち込みで機内食事業が大打撃

 コロナ禍の影響はロイヤルホールディングス(HD)グループ事業全体に波及し、すべてのセグメントで減収減益になった。

 もっとも打撃が大きかったのは、創業事業である機内食事業である。国際線の旅客数の落ち込みで、1~9月の機内食事業の売上は前年同期比71.9%減の20億円に激減。経常損益は17億円の赤字(前年同期は7億円の黒字)に転落した。

 主力とするLCC(格安航空会社)専用の関西国際空港の国際線はストップし、機内食の3~9月の売上はゼロだった。国内線は徐々に再開し始めたが、機内食の大半を占める国際線は運休・減便が続き、本格的な再開が進んでいない。機内食の10月の売上は、前年同月比88.3%減と壊滅状態が続いている。

 航空需要が蒸発したため、空港ターミナル内で運営しているレストランは開店休業の状態で、売上高は5月に前年同月比82.4%減まで落ち込み、その後の戻りは鈍い。国内線の旅行客は緩やかに回復しているが、空港ターミナル店の10月の売上は前年同月比63.6%減と浮上する兆しは見えてこない。そのため、空港ターミナル・高速道路など事業の1~9月の売上は前年同期比52.1%減の76億円、経常損益は15億円の赤字(同8億円の黒字)だった。

ファミレスのロイヤルホストも赤字転落

 全社売上の55%を占める外食事業はコロナの影響を大きく受けた。主力のファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の1~9月の売上高は前年同期比24.1%減の223億円、経常損益は8億円の赤字(同17億円の黒字)。天丼の「てんや」も、売上高は前年同期比21.9%減の74億円、経常損益は8億円の赤字(同5,000万円の黒字)だ。

 ロイヤルホストの既存店売上高は4月に前年同月比57.9%減まで落ち込んだが、テイクアウトの売上が寄与し、10月には同4.8%減まで戻した。しかし、冬場に向けてコロナ感染が拡大しており、先行きは見通せない。

 ロイヤルHDでは90店舖の大量閉店にともない、ロイヤルホストが21年1月1日付で、てんやと専門店のサラダバー&グリルレストランの「シズラー」、ピザレストランの「シェーキーズ」を吸収合併する。

リッチモンドホテルは、都心でインバウンドが蒸発

 ロイヤルHDのもう1つの柱である「リッチモンドホテル」のホテル事業は、1~9月の売上高が前年同期比57.3%減の95億円、経常損益は59億円の赤字(同25億円の黒字)だ。

 リッチモンドホテルは直営で41店を運営し、19年12月期の客室稼働率は90.7%だった。コロナが直撃した4~6月の稼働率は25.4%に落ち込んだが、7~9月には52.9%に戻った。地方ホテルは90%超まで稼働率が回復してきたが、都内やインバウンドの占有率の高いホテルは苦戦している。

 ホテル事業の10月の売上高は前年同月比44.4%減と、コロナ前の水準にまで浮上するのは、まだまだ時間がかかりそうだ。

 新型コロナによる3密(密閉・密集・密接)回避の影響を大きく受け、外食各社の業績は悪化した。そのなかで、ロイヤルHDが“1人負け”になったことには、理由がある。機内食事業という他社にない事業を抱えていたためだ。航空機が世界の空を飛ばなかったことが、ロイヤルHDに大打撃を与えた。

(つづく)

【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月24日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(5)

 ベスト電器は2010年1月、有薗会長、濱田社長が経営責任をとって退任し、深澤政和副会長が代表取締役社長に、井澤信親氏が代表取締役専務となる新人事で年を明けた。しかし...

2021年01月24日 07:00

【年頭所感】コロナ禍の逆風のなかで新たな挑戦、太宰府市をより住みよいまちに〜楠田大蔵市長(後)

 当面はコロナ対策を万全にしていくということに尽きますが、今年はある意味、総決算、集大成の1年になってきますので、積み上げてきた3年間の取り組みを1つの形にしていく重...

2021年01月23日 13:47

【福岡県政インサイダー】データ・マックスの目は節穴、高島市長の脳裏には知事の道はない

 22日、「福岡県政インサイダー」コーナーに「小川知事ついに辞意表明か 後任に高島福岡市長」という記事を掲載したところ、そのわずか30分後に自民党福岡市議団の有力市会...

2021年01月23日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(4)

 1953年9月創業のベスト電器は、当時メーカー優位の家電販売業界にあって、創業者の北田光男氏が辛酸を舐めながらも"安売り"を前面に押し出した販売手法で日本一の会社に...

2021年01月23日 07:00

【年頭所感】コロナ禍の逆風のなかで新たな挑戦、太宰府市をより住みよいまちに〜楠田大蔵市長(前)

 太宰府市は19年に令和の発表で注目をいただいた分、20年にはコロナの影響を非常に強く受け、その落差は日本一大きかったかもしれません。観光客数は4〜5月が前年同期比9...

2021年01月22日 17:18

進展しない第一生命の金融詐欺事件

   下表は第一生命保険(株)が2020年12月22日に発表した「元社員による金銭の不正取得」事案に関する報告の表題である(一部加筆および修正)。 ~この表...

2021年01月22日 16:43

【基山町】トラスト不動産開発と「まちづくりに関する協定」を締結~地方創生の新モデルを

 佐賀県基山町は、25日、トラスト不動産開発(株)と「まちづくりに関する協定」を締結する。トラスト不動産が基山町において18年ぶりとなる分譲マンションを建築することに...

2021年01月22日 16:06

自動運転、事故の責任は誰が負う? メーカーか、運転手か、それともAIか

 自動運転は、4月に「レベル3(条件付き運転自動化)」が解禁され、ホンダが高速道路での自動運転機能を搭載した乗用車を近く発売する予定で、ついに実用化されることになった...

2021年01月22日 15:30

激化する新型コロナ・ワクチンの開発競争:副作用の急増で問われる安全性(後)

 歴史を紐解けば、人類は8000年もの昔から感染症と向き合ってきた。エジプトのミイラからも天然痘の痕跡が発見され、14世紀のペストの流行によってヨーロッパでは人口の3...

2021年01月22日 15:12

【告発/大和ハウス】バイオガスプラント事業でずさん工事 プラント正常化を「投げ出し」の卑劣(1)

 大和ハウスと、福岡県糸島市の養豚農家の間にトラブルが起きている。にわかには信じられないずさんな工事の背景には何があるのか...

pagetop