• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月25日 10:49

【企業研究】ロイヤルホールディングス~コロナ禍で飛行機が飛ばず、創業事業の機内食事業が壊滅的な打撃!(2)

 外食大手の2020年7~9月期決算では、主要13中5社が最終赤字だった。新型コロナウイルスの影響による落ち込みは4~6月期で底打ちしたと見られていたが、人件費や賃料抑制など合理化が追いつかない企業が赤字となった。
 ロイヤルホールディングス(株)の7~9月期の最終損益は54億円の赤字(前年同期は9億9,300万円の黒字)と、13社中の赤字幅はもっとも大きかった。ロイヤル“1人負け”の状態だ。「ファミレスの王者」ロイヤルに何がおきているのか?

国際線の落ち込みで機内食事業が大打撃

 コロナ禍の影響はロイヤルホールディングス(HD)グループ事業全体に波及し、すべてのセグメントで減収減益になった。

 もっとも打撃が大きかったのは、創業事業である機内食事業である。国際線の旅客数の落ち込みで、1~9月の機内食事業の売上は前年同期比71.9%減の20億円に激減。経常損益は17億円の赤字(前年同期は7億円の黒字)に転落した。

 主力とするLCC(格安航空会社)専用の関西国際空港の国際線はストップし、機内食の3~9月の売上はゼロだった。国内線は徐々に再開し始めたが、機内食の大半を占める国際線は運休・減便が続き、本格的な再開が進んでいない。機内食の10月の売上は、前年同月比88.3%減と壊滅状態が続いている。

 航空需要が蒸発したため、空港ターミナル内で運営しているレストランは開店休業の状態で、売上高は5月に前年同月比82.4%減まで落ち込み、その後の戻りは鈍い。国内線の旅行客は緩やかに回復しているが、空港ターミナル店の10月の売上は前年同月比63.6%減と浮上する兆しは見えてこない。そのため、空港ターミナル・高速道路など事業の1~9月の売上は前年同期比52.1%減の76億円、経常損益は15億円の赤字(同8億円の黒字)だった。

ファミレスのロイヤルホストも赤字転落

 全社売上の55%を占める外食事業はコロナの影響を大きく受けた。主力のファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の1~9月の売上高は前年同期比24.1%減の223億円、経常損益は8億円の赤字(同17億円の黒字)。天丼の「てんや」も、売上高は前年同期比21.9%減の74億円、経常損益は8億円の赤字(同5,000万円の黒字)だ。

 ロイヤルホストの既存店売上高は4月に前年同月比57.9%減まで落ち込んだが、テイクアウトの売上が寄与し、10月には同4.8%減まで戻した。しかし、冬場に向けてコロナ感染が拡大しており、先行きは見通せない。

 ロイヤルHDでは90店舖の大量閉店にともない、ロイヤルホストが21年1月1日付で、てんやと専門店のサラダバー&グリルレストランの「シズラー」、ピザレストランの「シェーキーズ」を吸収合併する。

リッチモンドホテルは、都心でインバウンドが蒸発

 ロイヤルHDのもう1つの柱である「リッチモンドホテル」のホテル事業は、1~9月の売上高が前年同期比57.3%減の95億円、経常損益は59億円の赤字(同25億円の黒字)だ。

 リッチモンドホテルは直営で41店を運営し、19年12月期の客室稼働率は90.7%だった。コロナが直撃した4~6月の稼働率は25.4%に落ち込んだが、7~9月には52.9%に戻った。地方ホテルは90%超まで稼働率が回復してきたが、都内やインバウンドの占有率の高いホテルは苦戦している。

 ホテル事業の10月の売上高は前年同月比44.4%減と、コロナ前の水準にまで浮上するのは、まだまだ時間がかかりそうだ。

 新型コロナによる3密(密閉・密集・密接)回避の影響を大きく受け、外食各社の業績は悪化した。そのなかで、ロイヤルHDが“1人負け”になったことには、理由がある。機内食事業という他社にない事業を抱えていたためだ。航空機が世界の空を飛ばなかったことが、ロイヤルHDに大打撃を与えた。

(つづく)

【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月26日 14:05

【企業研究】「凋落するメディア事業」〜西日本新聞社

 ブロック誌の雄として九州地区に君臨してきた(株)西日本新聞社だが、近年の業績は下降推移だ。20年3月期では本業の新聞発行を中心としたメディア関連事業で営業赤字に転落...

2021年01月27日 17:53

『脊振の自然に魅せられて』大雪の脊振山へ(後)NEW!

 脊振山頂駐車場に停めた愛車の車内で、粉末の即席ぜんざいをコップに入れ湯を注ぐ。コンビニで買ったソフトパンを頬張り、ぜんざいとともにお腹に流し込んだ。ようやくエネルギ...

2021年01月27日 17:42

山村の過疎化地域で「小水力発電」~消滅の危機に瀕する山間地産業が復活(後) NEW!

 第二次世界大戦以前の日本では、都市部への電力供給のために巨大ダムが建設されると同時に、全国の農村部では村役場や住民有志が資金を集めて建設した小水力発電が普及していた...

2021年01月27日 17:00

政府債務論のコペルニクス旋回、日本は反省せよ~イエレン・パウエル連携は強力な株式支援に(2)NEW!

 イエレン氏に呼応する形で、パウエル議長も財政債務論の見直しに踏み込んでいる。パウエル議長は景気回復と財政の持続性はともに重要であり、政府債務のGDP比は高いが、国債...

2021年01月27日 16:42

【2/17~26】日中芸術交流展 山田ゆかり×武楽群「響き合う世界」~五感すべてを使って楽しめる新感覚のアートNEW!

 毎日を生きるなかで、つい忘れがちな「ときめき」を、抽象画や写真とのコラボレーションで斬新な世界をつくり出すことで表現しているアーティストの山田ゆかり氏と、多くの油絵...

2021年01月27日 16:25

大和力を、世界へ。コロナ禍のなかでアートにできること(2)NEW!

 『長野にも仕事場があるんですが、これまでは長野と東京などの都会を行き来することで自然とバランスをとっていたところがあって、それができなくなったので最初のころは大変で...

「復興五輪」悪魔の正体NEW!

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事を抜粋して紹介する。今回は、「日本はいま『原子力緊急事態宣言』下に置かれている。被ばく線量の上限が変更...

2021年01月27日 14:41

【福岡県に緊急事態宣言】(16)緊急事態宣言と飲食店主・現場の声(2)NEW!

 福岡市南区にある創作料理店を営む店主(個人事業主)は2度目の緊急事態宣言の影響について、下記のようにコメントした...

2021年01月27日 14:05

緊急事態宣言下の首都圏、“路頭”に迷いつつある営業マンら〜耐えることしかできないのかNEW!

 「前回の緊急事態宣言時とは違い、外回りの営業をしています。しかし、アポはほとんど取れず、売上は既存客との電話による商談のみです。会える人はごく僅かですが、それでも可...

2021年01月27日 13:37

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(3)NEW!

 折口雅博氏がベンチャー起業家として脚光を浴びたのは、1999年から2000年にかけてのネットバブルの狂乱時代である...

pagetop