• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月26日 07:00

孤独と向き合い、撃退するための文化芸術 九州・福岡の壮健企業100社 

(株)わらび座 代表取締役社長 山川 龍巳 氏

人間にとって「孤独」は最大の敵

 「良い意味での宗教と文化芸術でしか、もう人間は救えないのかもしれない」とおっしゃるドクターに出会ったのが30歳のころでした。「人間にとって最大の病は何ですか?」と質問したところ、てっきりガンや心臓病などとおっしゃるのかと思いきや、「人間にとって根治困難な最大の病は孤独です」「人間関係の軋轢、摩擦などから来る孤独です」「多くの場合、孤独が病気の根源で、生きる力を弱らせるのです」と語り、さらに「手術や薬だけでは治せない部分なのです。文化芸術は内面に働きかけ、生きる力を引き出すのにとても重要です」と語っていただきました。

山川 龍巳 氏

 人間にとって「孤独」は最大の敵なのかもしれません。振り返ってみれば、私の人生においてもたしかに孤独との折り合いをどうつけるかということが、相当に重要なことだったと思えます。文化芸術の仕事を人生の中心に据えたのも、実は孤独との向き合い方に影響されていたのかもしれません。人間は結局、100%母親に依拠して生まれてきます。生まれるときも、場所も自分で選択できません。与えられた命を持て余しながら、生んでくれとお願いもしなかった自分が「責任をもって自立して生きろ」といわれるのはどういうことなのかと、中学・高校のころに考えていたことを思い出します。

 母親に全面的に依存して生まれ、育てられていく子どもが、やがて自立していくためには母親から少しずつ離れていくことになりますが、ここから孤独との戦いが始まるという心理学者の本を読んだこともあります。人生に「孤独」はつきものなのですが、これとの折り合いをつけるために祭りや芸能が存在し、つきつめていえば文化芸術はそのためにつくり上げられたものなのかもしれません。

子どもに笑顔を取り戻した、芸術の力

 小学5年生から中学2年生の4年間にわたって引きこもり、不登校だった女の子が舞台を観にきたときの話を思い出します。小学校の担任だった先生が中学生になっていたその子を連れてきたのです。その先生は、その子のお母さんの話をしてくれました。

 舞台は、シェークスピアの「ロミオとジュリエット」を四国のタヌキをモチーフに創作したもので、腹の出たタヌキの若者に人間の美しいお嬢さまが恋をするというミュージカルコメディーでした。子どもたちが笑い転げて観てくれた楽しい舞台でした。その子のお母さんは、「娘の笑い顔を数年ぶりに見ました」というと、泣きながら語り始めたそうです。数年ぶりの笑顔を見ることができた舞台観劇の後、家族3人でお茶を囲むという奇跡のような瞬間をつくれたそうです。

 娘さんから、「タヌキのロミ丸さまははどうしてジュリ絵さまを好きになったの」という質問が出たときには、日ごろ会話をしていないので汗が吹き出すほどの緊張だったそうです。でも、娘が一番聞きたかったのは「お母さんはなぜお父さんを好きになったの」ということだとハッと気づいたのです。しどろもどろになりながら語ったそうですが、目の前のお父さんが「俺のことを語っていないか?」と気付いたのだそうです。そのとき、3人がお互いの目を見て笑い合えたのだそうです。そのときの様子を話しながら、お母さんは号泣していたそうです。

 その子を観劇に引っ張り出した先生の話に、私は本当に励まされました。「学校現場では、心に傷を負っている子に命がけで関わっても、笑い顔を取り戻すことは容易ではない」「舞台芸術というのは、本当に力がありますね」とおっしゃっていただきました。この報告を聞いたとき、この仕事の深い意味をつかんだように思いました。ステップを踏みながら劇場まで戻り、役者や裏方スタッフを集めて、そのことを話しました。

 生きるのに悩み、途方にくれていた18歳のときに、私も舞台芸術に救われた1人です。孤独は避けられませんが、その大きな壁をみんなの力で押しやり、後退させていくのが私たちの仕事なのだと感じています。

文化水準の基礎は、自然のなかで育まれる感性

ミュージカル「ジパング青春記」の一場面(2020年)

 考える力よりも感じる力の大事さに触れてみたいと思います。それは考える力を否定することではないのです。考える力の土壌が感じる力なのです。1960年代に環境問題を告発した生物学者のレイチェル・カーソンの『センス・オブ・ワンダー』という本があります。短くもすばらしいこの本のなかに、「知るということは感じることの半分も大切ではない」という表現があります。便利さのなかで、私たちは雲や風の流れや、四季の移り変わりなどへの感覚を麻痺させてきたのかもしれません。動物たちは皮膚感覚のなかで瞬時に危機を感じ取ります。それがなければ生きてはいけないゆえの俊敏さです。

 私は九州・長崎の出身ですが、東北の四季の美しさには度肝を抜かれました。新緑の輝き、紅葉の美しさに見られる四季の彩はもちろんのことですが、役者養成課程の研究生1年目の冬、新雪の上にめったにはない満月の夜がありました。新雪が月の光に照らされてキラキラと輝くのです。松の木や杉の木にも綿のような新雪が積もり、どこまでも明るくて、白夜なのです。どれほどロマンチックな気分に浸ったか、今でも昨日のことのように思い出します。

 わらび座は「生活必需品の文化芸術」を求めて、東京から秋田に拠点を構えた劇団ですが、地元の皆さんが「自分たちは文化水準が低いので」とよく話していました。よくよく聞いてみれば、映画は何回か観たが、歌舞伎やミュージカルなどは観たことがないということなのです。観ないよりは観たほうが良いのかもしれませんが、一番大事なことは、このたとえようのない美しい彩に包まれた美しさを、肉体の一部としてこの地域の人たちはもっているということなのだと思いました。体質化しているものは客観視しないと自覚されません。水に潜って空気は大事だと思い知ることと一緒です。一番重要な文化水準の基礎はこの自然のなかでつくられてきた感性でしょう。

 仕事の目的が「人のためになること」で、それが自分のためでもあることに結び付けば、人生は相当豊かになります。どんな仕事でもアートの創造力があれば、AIに負けることはないのです。


<COMPANY INFORMATION>
代 表:山川 龍巳
所在地:秋田県仙北市田沢湖卒田字早稲田430
設 立:1971年3月
資本金:4,900万円
TEL:0187-44-3311
URL:https://www.warabi.gr.jp


<プロフィール>
山川 龍巳
(やまかわ・たつみ)
 1952年長崎県生まれ。19歳のとき、劇団わらび座に入団。役者を経験した後、わらび劇場経営監督、たざわこ芸術村営業部長などを経て、2006年から14年まで「坊っちゃん劇場」支配人として愛媛県に赴任。16年、(株)わらび座代表取締役社長に就任。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月25日 17:59

【立憲民主党/稲富修二】選挙で国民の支持を得るために何が必要かNEW!

 福岡2区選出で立憲民主党の稲富修二衆議院議員(50)が23日、データ・マックス本社でインタビューに応じ、次期総選挙に向けた抱負を語った...

2021年01月25日 16:30

【2/14】「令和」の考案者、中西進氏講演会を開催~太宰府市史跡指定100年記念

 太宰府市の大宰府跡、水城跡が国からの史跡指定を受けて本年で100周年を迎える。同市はそれを記念して、2月14に「令和」の考案者とされる中西進氏を招いて講演会を開催す...

2021年01月25日 16:16

自民党厚生労働部会が健康保険の法改正案を審査~後期高齢者給付を1,880億円削減

 自民党厚生労働部会は1月21日、全世代対応型の社会保障制度を構築するため、健康保険法などの一部を改正する法案の審査について議論を行った。給付は高齢者中心、負担は現役...

2021年01月25日 15:44

【基山町】トラスト不動産開発と連携し、子育て世代の移住・定住を促進。保育施設を完備したマンションを建設

 佐賀県基山町は25日、トラスト不動産開発(株)と「まちづくりに関する協定」を締結した。トラスト不動産が基山町において18年ぶりとなる分譲マンションを建築することを契...

2021年01月25日 15:06

【特別インタビュー】再分配機能の強化で貧困をなくす コロナ禍で「小さな政府」は終焉(前)

 『前の安倍政権も菅政権も、コロナ対応に関して失政続きだったと思います。冬になれば感染が拡大するのが明らかだったにも関わらず、ほとんど準備をしていなかったことなど、両...

2021年01月25日 15:00

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(1)

 ネットバブルの寵児が戻ってきた。人材派遣大手グッドウィル・グループ(株)元会長・折口雅博氏が自伝『アイアンハート』を出版した。副題は「ゼロから12年で年商7,700...

2021年01月25日 14:00

シェア争いが激しい韓国フードデリバリー市場(前)

 韓国人の日常生活は、コロナ禍で変化を余儀なくされている。そのなかでも、飲食店利用の減少と在宅時間の増加により、食生活に大きな変化が起こり、フードデリバリーアプリ市場...

2021年01月25日 13:34

【特集】これでいいのか産廃処理(2) 「正直者が馬鹿を見る」中間処理業界

  安定型処分場で埋立できる産業廃棄物(産廃)は、“安定型5品目”と呼ばれる、「廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず、がれき類」など。廃...

2021年01月25日 13:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(7)

 ベストはなぜ負けたか。ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、エディオンなどの競合量販店が九州に食指を伸ばした、デフレと不況で消費者の購買意欲が薄れた、そ...

菅義偉首相の致命的欠陥とは

 1月21日、英紙タイムズ電子版が、ある与党関係者の話として、政府が非公式に新型コロナウイルスの影響で東京五輪の開催を中止にする必要があると結論付けたと報じた。これに...

pagetop