• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月01日 17:20

1人ひとりが社会を動かすプレーヤーに 市民社会への変容が世界を変える(後)

 「ソーシャル」というキーワードをこれほど耳にした年はなかったのではないだろうか。しかし、今回は一世を風靡した「ソーシャルディスタンス」ではなく、本来の意味での「ソーシャル」に改めて注目してみたい。福岡に本拠を置き、ソーシャルビジネスの開拓と普及に力を注ぐ(株)ボーダレス・ジャパン代表取締役社長・田口一成氏に、今取り組むべきソーシャルビジネスとSDGsを含めたこれからの社会の在り方について聞いた。

(聞き手:(株)データ・マックス取締役 緒方 克美)

「自分たちが社会をつくる」 市民社会教育が急務

 ――日本人のほとんどは、地球温暖化などの環境問題や、少子高齢化や人口爆発などの社会問題に対しての意識が低いように思います。

 田口 教育の問題が、根本にあるのではないでしょうか。自分たちが社会の一員であり、社会をつくっているのは自分たちだということを教える教育、つまりシティズンシップについての教育が足りないと思います。

福岡オフィス

 選挙で投票に行かないのもそうですね。まず、我々の世代にそういう観点が欠けているのも問題です。社会で起きている出来事と、自分の生活を結びつけて考えられない。すべてを金銭的な損得だけで考えている、つまり人としての意志ではなく、財布の軽重で物事を判断する傾向があるのです。日本人は学校を卒業後、勉強する時間が非常に少ないと聞いたことがありますが、それだけ社会のことを知らない。それに気づいてもらうのが我々の役割だと思っています。

 いくら日本人が社会のことを知らないといっても、電気は毎日使うし、電気代は毎月払うじゃないですか。その電気を変えることで、CO2削減に貢献して社会を変えるという選択肢を、皆さんに届けたいと考えています。

 ――ここ最近、「資本主義の行き詰まり」という言葉をよく聞きます。これまでのビジネス自体が根底から問い直される時代になってきました。

 田口 株式会社という存在は、資本主義社会の縮図だと思います。資本家が株主として君臨していて、労働者が働くことで生まれた利益が株主のもとに戻っていく。最初にリスクを負った資本家が、ずっと利益をもらい続けるメカニズムを改めない限り貧富の差は拡大するばかりです。ボーダレス・ジャパンは、そのメカニズムを壊しました。定款に、はっきりと「株主配当の禁止」を謳っています。

 これまでの株式会社であれば、優秀な社員はなるべく内に囲ってしまおうと考えると思いますが、もっと自由でいいと思います。独立したい人は独立すればいいし、実際に独立した元社員たちを応援するために、アウトソース先として仕事をお願いしています。

 ――そもそも、資本主義の文脈のなかでSDGsを語ること自体どうなのか、という考え方もあります。

 田口 そうですね。SDGsのDはDevelopment、つまり「開発」。持続可能性を語りながら、どうしても開発を前提にしているところに課題感があります。これからは真剣に持続可能な社会を築いていく必要があると思います。個人でも企業でもまず始められる、入り口の1つが再生可能エネルギーです。SDGsを口にしながら、「安いから」と火力発電でつくられた電気を遣っているとしたらそれは矛盾ですよね。

 ――人々の意識も変わっていくのでしょうか。

 田口 変わってきましたね。とくにコロナの影響で、人々の行動様式が、強制的に根こそぎ変えられました。長時間通勤やオフィスへの出勤義務など、「それは本当に必要だったのか」と自分の生活と人生を振り返る良い機会になったのではないでしょうか。
 お金が稼げる、仕事があるから東京にいたけれど、リモートワークが可能なら東京に住み続ける必要もない、と東京から移住する人も増えました。これからも、人々の意識や生活様式は大きく変わり続けていくと思います。

(了)

【文・構成:深水 央】


<COMPANY INFORMATION>
代 表:田口 一成
所在地:福岡市東区多の津4-14-1(福岡オフィス)
設 立:2007年3月
資本金:1,000万円
売上高:(20/2)約54億円


<プロフィール>
田口 一成
(たぐち・かずなり)
1980年12月生まれ。3人兄弟の長男。西南学院高校・早稲田大学卒。大学2年のときに発展途上国で栄養失調に苦しむ子どもの映像を見て、ソーシャルビジネスに取り組むことを決意。現在、自らも「ハチドリ電力」など新しい取り組みを続けながら、年間100社のソーシャルベンチャーを立ち上げる仕組みづくりに奔走している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月25日 17:59

【立憲民主党/稲富修二】選挙で国民の支持を得るために何が必要かNEW!

 福岡2区選出で立憲民主党の稲富修二衆議院議員(50)が23日、データ・マックス本社でインタビューに応じ、次期総選挙に向けた抱負を語った...

2021年01月25日 16:30

【2/14】「令和」の考案者、中西進氏講演会を開催~太宰府市史跡指定100年記念

 太宰府市の大宰府跡、水城跡が国からの史跡指定を受けて本年で100周年を迎える。同市はそれを記念して、2月14に「令和」の考案者とされる中西進氏を招いて講演会を開催す...

2021年01月25日 16:16

自民党厚生労働部会が健康保険の法改正案を審査~後期高齢者給付を1,880億円削減

 自民党厚生労働部会は1月21日、全世代対応型の社会保障制度を構築するため、健康保険法などの一部を改正する法案の審査について議論を行った。給付は高齢者中心、負担は現役...

2021年01月25日 15:44

【基山町】トラスト不動産開発と連携し、子育て世代の移住・定住を促進。保育施設を完備したマンションを建設

 佐賀県基山町は25日、トラスト不動産開発(株)と「まちづくりに関する協定」を締結した。トラスト不動産が基山町において18年ぶりとなる分譲マンションを建築することを契...

2021年01月25日 15:06

【特別インタビュー】再分配機能の強化で貧困をなくす コロナ禍で「小さな政府」は終焉(前)

 『前の安倍政権も菅政権も、コロナ対応に関して失政続きだったと思います。冬になれば感染が拡大するのが明らかだったにも関わらず、ほとんど準備をしていなかったことなど、両...

2021年01月25日 15:00

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(1)

 ネットバブルの寵児が戻ってきた。人材派遣大手グッドウィル・グループ(株)元会長・折口雅博氏が自伝『アイアンハート』を出版した。副題は「ゼロから12年で年商7,700...

2021年01月25日 14:00

シェア争いが激しい韓国フードデリバリー市場(前)

 韓国人の日常生活は、コロナ禍で変化を余儀なくされている。そのなかでも、飲食店利用の減少と在宅時間の増加により、食生活に大きな変化が起こり、フードデリバリーアプリ市場...

2021年01月25日 13:34

【特集】これでいいのか産廃処理(2) 「正直者が馬鹿を見る」中間処理業界

  安定型処分場で埋立できる産業廃棄物(産廃)は、“安定型5品目”と呼ばれる、「廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず、がれき類」など。廃...

2021年01月25日 13:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(7)

 ベストはなぜ負けたか。ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、エディオンなどの競合量販店が九州に食指を伸ばした、デフレと不況で消費者の購買意欲が薄れた、そ...

菅義偉首相の致命的欠陥とは

 1月21日、英紙タイムズ電子版が、ある与党関係者の話として、政府が非公式に新型コロナウイルスの影響で東京五輪の開催を中止にする必要があると結論付けたと報じた。これに...

pagetop