• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月30日 17:34

1人ひとりが社会を動かすプレーヤーに 市民社会への変容が世界を変える(中)

(株)ボーダレス・ジャパン 代表取締役社長 田口 一成 氏

 「ソーシャル」というキーワードをこれほど耳にした年はなかったのではないだろうか。しかし、今回は一世を風靡した「ソーシャルディスタンス」ではなく、本来の意味での「ソーシャル」に改めて注目してみたい。福岡に本拠を置き、ソーシャルビジネスの開拓と普及に力を注ぐ(株)ボーダレス・ジャパン代表取締役社長・田口一成氏に、今取り組むべきソーシャルビジネスとSDGsを含めたこれからの社会の在り方について聞いた。

(聞き手:(株)データ・マックス取締役 緒方 克美)

マイクログリッドで電力の地産地消を実現

 ――地球環境に対する田口さんの取り組みの1つが、ハチドリ電力です。

 田口 ハチドリ電力は、電力の小売業者です。家庭やオフィス・工場などに、自然エネルギーを販売しています。先ほども触れましたが、現在、もっとも大きな社会的課題は地球温暖化。そして、その原因となっているのはCO2の排出です。

 今、日本から排出されているCO2の41%がエネルギー部門、つまり発電です。現在、日本で発電されている電気の約8割が石炭・石油などを燃やして発電する火力発電でまかなわれています。発電で使うエネルギーを再生可能エネルギーに変えることができれば、日本から出るCO2を大きく減らすことができる。そして私たちは、環境活動への選択肢として選んでいただくために、1つの選択肢しか提示したくない。それが、実質自然エネルギー100%のプランです。

 ここで経済性を考えると「自然エネルギー100%だと高価なので、70%」という発想もあるのでしょうが、それはやりたくありません。

 ――とはいえ、それではコストが高くなるのではありませんか。

 田口 ハチドリ電力では、電気からは利益を取りません。「会費」というかたちで、ひと契約につき500円だけ運営費用をいただきます。ハチドリ電力では利用料の1%を基金として再生エネルギー発電所をつくる仕組みになっています。

 ハチドリ電力を使うことで、CO2を排出しない電気を遣えるだけではく、再生可能エネルギーを実際に増やすことに直接寄与できる仕組みになっています。

 ――なるほど。しかし、太陽光発電といえば一時のメガソーラーブームであまり良くない印象がありますが…。

 田口 FIT制度(固定価格買取制度)が、投資対象になってしまいました。そのため、無理な開発が行われたことで再エネ批判も起きました。でもこれは、あくまで取り組み方の問題だと考えています。

 そもそも環境問題への行動としての太陽光発電なので、環境を壊さない設置の方法があります。戸建住宅や集合住宅の屋上に設置する方法はもちろん有効です。新しいものでは、ハチドリ電力が推進しているソーラーシェアリング。これは畑の上にソーラーパネルを置く方法です。畑で栽培される野菜や果物にとって、太陽光は3割ほど過剰なのです。つまり、3割分はソーラーパネルで遮って、発電に使ってもいい。発電と農業で、太陽光をシェアするわけです。

 これなら、農家さんから見れば副収入にもなります。景観にも配慮して、ソーラーパネルを支える構造材も鉄パイプではなく地域の間伐材を使うとなおいい。自然物なので一定期間が来れば組み直すことを前提に考えています。スケールメリットを追求するメガソーラーではなく、地域で必要な電力だけを発電する小規模発電所です。

 ――送電網についてはどうお考えですか。

 田口 当面は、従来の電力会社がもっている送電網に乗せるしかありません。今の電気代には送電費用が大きな割合を占めていますから、自宅や事業所の屋上に太陽光パネルを載せて電力の自給自足を可能にする自家消費モデルを進めていきたいと思います。

 ――電力の自給自足、地産地消ですね。

 田口 建物の屋上や畑の余剰スペースなどを活用した小規模な太陽光発電所をたくさんつくり、地域で必要な電気を供給できるようにしたい。そして、みんなが参加したくなる仕組みをどんどんつくって、再エネ需要を増やしていきたいですね。そもそも、太陽光発電に必要な費用のほとんどが初期の設備投資で、ランニングコストとしては継続的に燃料を必要とする火力発電や原子力発電より圧倒的にリーズナブルです。

(つづく)

【文・構成:深水 央】


<COMPANY INFORMATION>
代 表:田口 一成
所在地:福岡市東区多の津4-14-1(福岡オフィス)
設 立:2007年3月
資本金:1,000万円
売上高:(20/2)約54億円


<プロフィール>
田口 一成
(たぐち・かずなり)
1980年12月生まれ。3人兄弟の長男。西南学院高校・早稲田大学卒。大学2年のときに発展途上国で栄養失調に苦しむ子どもの映像を見て、ソーシャルビジネスに取り組むことを決意。現在、自らも「ハチドリ電力」など新しい取り組みを続けながら、年間100社のソーシャルベンチャーを立ち上げる仕組みづくりに奔走している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月18日 07:00

ストラテジーブレティン(270号)~年初の経済市場点描、株高は当然だ(後)NEW!

 今市場にバブルがあるとすれば、それは債券である。今後、金利が上昇し、価格下落は避けられないであろう(国債は時価評価されないため、満期以前の評価損を計上する必要がなく...

2021年01月18日 07:00

コロナ禍でも日中の絆を再確認、2021年は人的交流の全面復活を(後)NEW!

 中国人、中国政府は日本に対して、平和的、友好的、協力的な日中関係を構築していきましょうという気持ちを共通して抱いています。私たちは人類の運命共同体であると提唱してい...

2021年01月17日 07:00

『脊振の自然に魅せられて』感謝状授与と活動紹介記事(後)

 昨年9月末から、ワンゲルOBが主体となり設置を開始した。最終設置に西日本新聞のS記者が同行。S記者はスニーカーでの登山であった...

2021年01月17日 07:00

「人間の経済」を基軸に、環境問題を考察する!(6)

 「気候正義とは、気候変動は人為的に引き起こされた国際的な人権問題であり、この不公正な事態を正して地球温暖化を防止しなければならないとする考え方です。「気候の公平性」...

2021年01月16日 15:15

中洲の灯は絶えない、必ず復活する(1)意外としぶとい

 中洲を専門とする不動産業者は14日にも顧客から17件の休業申し出の連絡を受けたようだ。しかし、暗い感じはまったくない。関係者は「経験こそが財産、数億円の価値をもつ力...

2021年01月16日 07:00

コロナ禍でも今後に向けた協力を促進、九州-ベトナム関係の全面的な発展を(後)

  コロナという逆風が吹き荒れるなか、ベトナムは九州との人的・経済交流を質的に発展させるために、IC・ICT商談会やベトナム人労働者の技能向上などに注力している。ヴー...

2021年01月16日 07:00

「人間の経済」を基軸に、環境問題を考察する!(5)

 「新聞、雑誌などで地球市民(グローバルシチズン)という言葉がよく躍っているのを、読者の皆さまもお気づきのことかと思います。私たちには、特定の国・地域に限られる権利と...

2021年01月15日 18:37

【福岡県に緊急事態宣言】(8)福岡県下の主な商業施設の営業時間変更(15日時点)

 福岡県への緊急事態宣言発令を受け、対象区域内の商業施設の営業時間の変更が続々と発表されている。現時点では休業ではなく、利用者への注意を促したうえでの営業時間短縮で対...

2021年01月15日 18:16

大和エネルギー、風力発電事業から糸島市を除外

  大和ハウスグループで再生可能エネルギー関連事業を手がける大和エネルギー(株)(大阪市)は14日、福岡県糸島市二丈と佐賀県唐津市七山の脊振山系西側で計画する大規模風...

2021年01月15日 18:13

次世代のデジタルバンク「みんなの銀行」、24時間スマホで口座開設が可能に~ふくおかフィナンシャルグループ

 (株)ふくおかフィナンシャルグループ(福岡市、柴戸隆成会長兼社長、以下、FFG)の子会社の(株)みんなの銀行(横田浩二頭取)は14日、インターネット専業銀行「みんな...

pagetop