2022年05月24日( 火 )
by データ・マックス

キングイーグルズ、福岡初出店

 パチンコホール「キングイーグルズ」や「B-MAX」の運営を手がける福神トータルアミューズメント(株)(東京都港区、大鷲 英樹代表)が、「キングイーグルズ久留米店」を近日グランドオープン予定だ。同社の福岡県への進出は初。

 オープン予定地は久留米市諏訪野町2575-2。以前「センターライオン久留米店」が営業していた場所で、同社は、2020年10月、(有)藤山センターライオン(福岡市博多区)から「センターライオン久留米店」の経営事業に関する権利義務を承継していた。

 不動産賃貸業を行う福神商事(株)(東京都港区)や、ビル管理・マネジメントを手がけるユナイテッド不動産(株)などの7社から成る福神グループの1社として、パチンコホールやカラオケ店の運営を手がける福神トータルアミューズメント。20年6月期は約99億1,500万円の売上高を計上し、前期比で約6億7,000万円の増収をはたしている。

福神トータルアミューズメント 売上高推移

 九州では福岡のほかに、「キングイーグルズ大分明野店(大分)」や「キングイーグルズ佐世保針尾店(長崎)」「B-MAX鹿島店(佐賀)」など、6店舗展開している。

 地場大手ユーコーラッキーグループや、ワンダーランド、太陽会館やMJアリーナなど、競合ひしめくエリアで、はたしてファンの心をつかむことができるのか。注目される。

【代 源太朗】

関連キーワード

関連記事