• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月13日 09:32

世界平和に向けて(18)〜介護の外国人技能実習生受け入れ活動を展開するケア・イノベーション事業協同組合

 ケア・イノベーション事業協同組合は「日本の将来のために」を理念に掲げて、技能実習生の受け入れ事業を行う非営利の協同組合。団体の活動内容について、田添史郎理事と三好茂雄副理事に話を聞いた。

事業目的と内容

 ――事業内容についてお聞かせください。

 三好 ベトナムからの外国人技能実習生を受け入れる非営利の協同組合です。主に介護人材を受け入れます。現在はベトナムの送り出し機関で6カ月の研修期間中ですが、COVID-19の影響で入国が複雑な状況のため、現地の研修期間が終わっても入国時期は未定です。主な人材の受け入れは介護ですが、今後は農業や食品加工の分野でも予定しています。

 ――ケア・イノベーション協同組合事業組合を設立された目的は?

 三好 所属するスタッフは、それぞれの分野で自身の事業を行っています。外国人技能実習生事業を行う際に、人材をご紹介する日本側の受け入れ企業で、さまざまな課題や問題があると、各専門分野のスタッフが相談を承ります。たとえば、中小企業にとってとくに重要な債権回収が滞らないための対策、事業再編や事業承継対策、相続や節税対策など、さまざまなコンサルタントが相談を承ります。

 田添 私たちは「日本の将来のために」を掲げて、技能実習生の受け入れ事業を行いながら、掲げたことを実現しようとしています。日本は世界中でも際立って少子高齢化が進んでいます。とくに日本の製造業では、日本人の労働力だけでは将来的にも人手不足が現実的なのです。外国人に助けてもらわないと手が足りていないという問題は解決しないのです。

 人手不足の問題を解決しながら、受け入れ企業が抱えるさまざまな課題や問題も同時に解決できるなら、私たちの協同組合との接点が人手不足解消のお役立ちだけにとどまりません。企業の良好な経営が実現できることで、外国人技能実習生を受け入れる企業が正しい雇用を行える経営環境に改善されれば、技能実習生と会社の労使間における各種問題の発生がなくなります。志をもって来日した外国人技能実習生は、この制度の本来の目的である技術や技能を習得し、安心安全な職場環境下で身に付けた能力を帰国後の仕事でも活用できると考えています。

 ――外国人技能実習生を受け入れて雇用する企業に向けて、監理団体からアドバイスをお願いします。

 田添 これまで日本人だけを雇用してきた企業が、外国人を雇用する際には、慣習や習慣、考え方や捉え方、理解させる手順や教え方のスピードなど、日本人とは違うことを実習を行う側の日本人が正確に掌握し理解して、外国人に合った実習計画を策定して進めていく心遣いや配慮が必要だと思います。

 技能実習生は勤勉で真面目ですから、技能実習先の企業で指示・命令されたことを正確に覚え、それを実行して働きます。つまり、クオリティーの高い製品をつくり、提供できる能力が高いのです。外国人を雇用して使う企業は、外国人と付き合っている意識を忘れてはいけないということです。

 ――「日本の将来のために」を掲げる思いについてお聞かせください。

 三好 中小企業のなかでもとくに製造業では、働き盛りの年齢である労働力が慢性的に不足しているため、外国からの人材を労働力として受け入れざるを得ない現実的な事情があります。また、ケア・イノベーション事業協同組合が主に受け入れを行う介護の人材も足りていません。

 この先、さらに日本は少子高齢化が加速していくわけですから、日本の経済や社会福祉は現在の水準を維持しながら成り立っていきません。これからも多くの企業に頑張ってもらうために、私たちそれぞれの専門分野の手助けが必要な企業を応援することが推進力となれば、日本の将来のためにもなると信じて、事業協同組合からの人材の提供でご縁ができた各企業へ、労働力だけでなく経営環境改善のお力添えを行っていきたいと考えています。

 田添 世界全体でも同様に経済問題や人口問題が生じていることを考えますと、他人事ではありません。だから、日本だけのことと捉えず、そして地球上の人類を国によって区別や差別をするのではなく、世界中の人々が平和で幸せに暮らせるように、助け合える意識や心遣いがとても大切だと考えます。

経営コンサルタントのプロフェッショナル集団として

 事業協同組合は、それぞれが普段から自身の事業所で企業経営者の経営コンサルタントとしても良きパートナーとなって、実務上のサポートで活躍するプロフェッショナルのスタッフ構成になっています。ほかの協同組合のスタッフ構成にはほとんど見られない、この上もない安心安全な協同組合と言えます。外国人技能実習生の受け入れだけでなく、法務やさまざまな相談や課題問題の解決にも役立つことは利点です。

 ベトナムの人材送り出し機関と、人材を受け入れる日本の協同組合、そこから企業へ送り出す関係のなかで、違法で多額な裏金が動いている実態も騒がれている昨今であっても、ケア・イノベーション事業協同組合のスタッフの各コンサルタントに依頼されるなら、外国人技能実習制度を安心安全に有効活用できるものと確信します。

【岡本 弘一】


<OFFICE INFORMATION>
ケア・イノベーション事業協同組合

専務理事:塙(ばん)貴夫(社会保険労務士)
理 事 :田添史郎、岡本成史(弁護士、税理士)    
副理事 :三好茂雄(税理士、(税)コスモス福岡営業所代表社員)
監 事 :江見博(不動産鑑定士・一級ファイナンシャルプランニング技能士・補償業務管理士)
所在地 :福岡市中央区大手門1-9-1 第3大手門1RBLD216号室
設 立 :2017年2月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月17日 07:00

『脊振の自然に魅せられて』感謝状授与と活動紹介記事(後)

 昨年9月末から、ワンゲルOBが主体となり設置を開始した。最終設置に西日本新聞のS記者が同行。S記者はスニーカーでの登山であった...

2021年01月17日 07:00

「人間の経済」を基軸に、環境問題を考察する!(6)

 「気候正義とは、気候変動は人為的に引き起こされた国際的な人権問題であり、この不公正な事態を正して地球温暖化を防止しなければならないとする考え方です。「気候の公平性」...

2021年01月16日 15:15

中洲の灯は絶えない、必ず復活する(1)意外としぶとい

 中洲を専門とする不動産業者は14日にも顧客から17件の休業申し出の連絡を受けたようだ。しかし、暗い感じはまったくない。関係者は「経験こそが財産、数億円の価値をもつ力...

2021年01月16日 07:00

コロナ禍でも今後に向けた協力を促進、九州-ベトナム関係の全面的な発展を(後)

  コロナという逆風が吹き荒れるなか、ベトナムは九州との人的・経済交流を質的に発展させるために、IC・ICT商談会やベトナム人労働者の技能向上などに注力している。ヴー...

2021年01月16日 07:00

「人間の経済」を基軸に、環境問題を考察する!(5)

 「新聞、雑誌などで地球市民(グローバルシチズン)という言葉がよく躍っているのを、読者の皆さまもお気づきのことかと思います。私たちには、特定の国・地域に限られる権利と...

2021年01月15日 18:37

【福岡県に緊急事態宣言】(8)福岡県下の主な商業施設の営業時間変更(15日時点)

 福岡県への緊急事態宣言発令を受け、対象区域内の商業施設の営業時間の変更が続々と発表されている。現時点では休業ではなく、利用者への注意を促したうえでの営業時間短縮で対...

2021年01月15日 18:16

大和エネルギー、風力発電事業から糸島市を除外

  大和ハウスグループで再生可能エネルギー関連事業を手がける大和エネルギー(株)(大阪市)は14日、福岡県糸島市二丈と佐賀県唐津市七山の脊振山系西側で計画する大規模風...

2021年01月15日 18:13

次世代のデジタルバンク「みんなの銀行」、24時間スマホで口座開設が可能に~ふくおかフィナンシャルグループ

 (株)ふくおかフィナンシャルグループ(福岡市、柴戸隆成会長兼社長、以下、FFG)の子会社の(株)みんなの銀行(横田浩二頭取)は14日、インターネット専業銀行「みんな...

2021年01月15日 16:58

関係者困惑~西日本新聞の新天町再開発記事は飛ばし!?

 2021年の元旦、福岡の地方紙である西日本新聞の一面に、センセーショナルな文字列が躍った...

2021年01月15日 16:51

前熊本市長・幸山政史氏が自伝「下手と呼ばれた男の流儀」を出版

 熊本県議、熊本市長を務めた後、熊本知事選に2度出馬した幸山政史氏がこのほど、政治家生活25年を機に、自伝をまとめた。到底書評と呼べるものではなく、読書感想文の域を出...

pagetop