• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月15日 16:51

前熊本市長・幸山政史氏が自伝「下手と呼ばれた男の流儀」を出版

 熊本県議、熊本市長を務めた後、熊本知事選に2度出馬した幸山政史氏がこのほど、政治家生活25年を機に、自伝をまとめた。到底書評と呼べるものではなく、読書感想文の域を出ないが、それをもって書籍紹介としたい。

 と言いつつ、いきなり個人的な話になるが、筆者は2004年、熊本市長だった幸山氏を取材したことがある。当時39歳だった幸山氏の第一印象は「ずいぶん若い市長さんだな」というものだった。それから16年ほどが経過し再会したが、今でも基本的にその印象は変わらない。「政治家として老け込むには、まだまだ早い」と個人的に親しみを感じているので、ひいき目がないとは言わない。

 自伝には、熊本市長時代のエピソードなどがふんだんに紹介されているが、幸山氏の政治活動に関する記述は一切ない。おそらく意図的に書かなかったものと推察されるが、それによって、幸山氏がうちに秘めた「このままでは終わらない」という思いが行間ににじみ出ているという印象を受けた。「自伝」ではなく、「決意表明」だとさえ思うこともあった。たとえば、この部分。

 私が選挙で戦った直接の相手は蒲島知事でしたが、“本当の相手”は別との認識でした。2度の熊本県知事選挙は、長年続いてきた権力構造を変えようとする権力闘争そのものだったのです。その争いに破れた今も、私は熊本県という地方政治の抱える重要な問題は何ら変わっていないとの認識でいます」(第四章 政治家の矜持 pp.239〜240より引用)

 「本当の相手」が何かについては、この場では読者の想像に任せる。私が注目したいのは、「争いには破れたが、熊本県が抱える重要な問題は何も変わっていない」と述べている点だ。幸山氏は今でもこれを「変えたい」と思っていると解して差し支えない。では、「変える」ためには、幸山氏にどういう選択肢があるのか、という話になるわけだ。だが、想像でモノを書いても、幸山氏の本意からかけ離れるばかりだろうから、ここでやめにする。

 最後に、あとがき中の一文を引用する。

 「私は今も希望を捨てていません。この本を介して皆さんとともにより良い政治について考え、停滞した地方政治を覚醒し、熊本の明日への希望を見出すことができれば、こんなに幸せなことはありません」(p.247)

 幸山氏が今後何に向かって努力するのか、楽しみだ。

【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop