• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月20日 07:00

モバイル産業スパイ事件騒動録~楽天モバイルに引き抜かれた転職者が、ソフトバンクの5G情報を持ち出していた!(後)

 高速通信規格「5G」に関する技術情報を不正に持ち出した疑いがあるとして、ソフトバンクから楽天モバイルに転職した男が1月12日、警視庁に逮捕された。人材の引き抜き、情報の持ち出しをめぐり、ソフトバンク(株)と楽天モバイル(株)が激突する大騒動が勃発した。

IT業界は破格の報酬による引き抜きバブルの様相

 楽天モバイルによる基地局の整備を担う線路技術者の引き抜きは、氷山の一角でしかない。優秀な人材は、各社とも是が非でもほしい。IT業界では、人工知能(AI)など先端技術者に通じたエリートの転職、引き抜きは日常茶飯事だ。有能な人材を求めて、破格の報酬が飛び交い、さながら「引き抜きバブル」の様相を呈している。

 転職、引き抜きが広がる背景には、AIなどの技術革新にともない、各産業でビジネスモデルが変革期を迎えている事情がある、大企業といえども安住していては将来が見えず、新規事業を開拓する必要に迫られている。とはいえ、多くの企業では社内に先端技術に通じている人材が見当たらないのが実情だ。

 おじさん世代には、AI、あらゆるモノがつながるIoT、金融とITを組み合わせたフィンテックなどの意味はさっぱりわからないだろう。そこで、IT業界から引き抜いてくる。

 AIやIoTなど開発競争が激化する業種では、引き抜き競争が白熱しており、給料の2倍のオファーを受ける人もいるという。

 技術者を中心にした他社への人材流出に、各社とも頭を悩ましている。対策として守秘義務契約を交わしているが、何の役にも立たない。頭のなかにあるものまで制限をかけられないためだ。一定期間、同業他社に行けない契約があっても、関連会社に入社するなどの抜け穴はいくらでもある。転職者の良心に頼る以外、打つ手がないのが実情だ。

 楽天モバイルの転職者による産業スパイ事件は、米国にもあった。

元Google社員による自動運転技術の盗用事件

 ロイター通信(2019年8月27日付)は、「米連邦検察、元Google社員を起訴 自動運転技術の盗用で」と報じた。

 起訴されたのは、かつてGoogle系ウェイモで自動運転開発をしていたアンソニー・レバンドウスキー被告。センサー技術などのウェイモの自動運転車技術をダウンロードして盗み、盗んだ技術を米ライドシェア大手のウーバーテクノロジーズに持ち込んだとみられている。

 

 レバンドウスキー被告は営業秘密の窃盗の罪に問われたのだ。

 17年にGoogleが、レバンドウスキー氏が転職先のウーバーに機密情報を漏らしたとしてウーバーを相手どり民事訴訟を起こした。この民事訴訟では、訴えられたウーバーは18年に2億4,500万ドル(約270億円)相当の株を譲渡して和解。自動運転トラックの開発も撤退に追い込まれた。ウーバーとは和解したものの、Googleはレバンドウスキー氏を窃盗で訴えた。

 シリコンバレーでは優秀な人材はライバル企業間を渡り歩く。報酬を上げる最短手段であるほか、1つの会社に長く在籍していると無能と思われる風土があるためだ。

 知的財産はこれまで技術者個人のスキルと見られる傾向が強く、その技術でベンチャー企業を起こすのが普通で、企業からの技術の持ち出しなどに厳しくなかった。

 この事件について、検査官は「転職は自由だが、勤務先の財産をポケットに入れて退職するのは自由ではない」と述べたという。米中の技術覇権争いの影響で、米国の経済スパイ法による営業秘密侵害罪として対処していく方針が強化されたためと報じられている。

 Googleとウーバーの争いは、優れた技術者の獲得競争が過熱していることを浮き彫りにした。楽天モバイルに転職した合場邦章容疑者が、ソフトバンクの5Gの基地局の技術情報を持ち出したのと、まるっきり同じ構図だ。

 ソフトバンクは、流出した情報について「楽天モバイルがすでに利用している可能性が高い」として、営業秘密の利用停止や廃棄などを求める訴訟を起こす方針だ。楽天モバイルは「(合場容疑者が)前職により得た営業情報を当社業務に利用していたという事実は確認されていない。5Gに関する技術情報も含まれていない」とコメントしている。

 裁判で営業秘密の利用停止や廃棄が認定されれば、楽天モバイルが猛スピードで進めている5Gの基地局の整備にブレーキがかかる。楽天モバイルが受けるダメージは小さくない。

(了)

【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop