• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月19日 16:20

【福岡県に緊急事態宣言】(10)コロナが触媒になる流通の転換

コロナ禍の影響を受けないスーパー、ドラッグストア

 多くの小売業はバブル崩壊以降、規模の大小を問わず売上不振に見舞われ、それが今もなお続いている。それに拍車をかけたのが、新型コロナだ。飲食・旅行業界だけでなく、幅広い業界がその対策に頭を悩ます。終息が見えないまま社会的行動の制限が長引くと、ますます深刻な事態に陥ってしまう。

 コロナ禍で多くの業界が苦しむなか、その影響がほとんど見られないのが、スーパーマーケットやドラグストアだ。これらの店舗は消費者の身近にあり、利用頻度も高い。出かけるのを控えろと言われれば、自然と行動範囲は小さくなる。遠くの大型商業施設に出かける機会は減り、衣料品や化粧品への支出も小さくなる。外食の制限によって内食が増え、家庭で調理する食材への支出が増加する。スーパーマーケットやドラグストアにとってコロナ禍はある意味追い風だ。

 このため、外食をはじめとする多くのサービス業や小売業が苦戦するなか、スーパーマーケットやドラッグストアはほとんど影響を受けておらず、むしろ業績は好調だ。好調の背景にはもう1つほかの理由がある。それは販売促進の抑制だ。

 社会的行動の抑制に合わせて、小売各社はチラシの配布を減らした。チラシといえば価格訴求。チラシ品は通常、利益率よりも経費率が上回る。いわば利益なき繁忙だ。チラシに掲載された商品は、同じ客が何回も並んで買うことも少なくない。同じ客であっても、レジに並んだ回数が客数にカウントされる。それがなくなると客数が減少する一方で、売上が伸びるという奇妙な結果が生まれる。これは利益率の向上にもつながる。

 上の表は売上が10%伸びたと仮定した決算数値である。小売業の経費はその大部分が固定費であるが、売上が伸びるケースのBは、Aよりも5%経費が伸びたと仮定。しかし、売上が伸びることによって、経費が増えたにもかかわらず、経費率は1%程度低下する。安売りの頻度が低下すれば、当然、粗利率が向上するから、Bの数値はより良いものになる。売上の改善がいかに経営数値の改善に寄与するのかがよくわかるはずだ。

 かつて、ダイエーの創業者が、売上は全てを癒すと言ったのはまさに至言だ。四半世紀前までは、一定面積当たりの売上をいかに小さくするかが某有力コンサルタントの持論で、有力小売業がこぞって店舗面積の拡大に走った。ダイエーはその典型だった。だが、それが進行するにともない、大型小売業の不振が際立つようになった。

 スーパーマーケットもその例にもれず、店舗の大型化にともない採算性が悪化した。言い換えると、一定面積当たりの売上の絶対額がその経営数値に大きく影響するということである。店舗の大型化は、従業員の移動距離が大きくなる。移動は直接生産の効率低下でもあるから、人員削減でそれをカバーすることになる。人が少なくなるほど顧客サービスは低下するから、売り場には客の不満があふれ出す。そのような状況で売上の改善は望めない。そして、売上の不振が我が国の多くの大型小売業を市場から消し去った。

コロナ後の流通業の行方

 ところでポストコロナの流通業だが、アマゾンのホールフーズ買収をきっかけに、ウォルマートをはじめとするアメリカのスーパーマーケット企業が一斉にオンライン宅配の強化にシフトした。宅外の競合激化である。競争が激しくなれば、手法が進化することは歴史が証明している。進化の競争が極まると、優勝劣敗がよりはっきりする。競争に負ければ市場からの撤退しかない。

 スーパーマーケットに先立って、そんな構図が世界中で広がっている。企業規模に関係なく、オンラインに押されたリアル店舗の閉鎖だ。リアル店舗の閉鎖は大量の店舗をショッピンセンターへ出店する企業の倒産につながる。一方、ショッピングセンターの閉鎖はオンラインリテーリングにとって追い風だ。この流れは我が国でも同じ。アメリカの流れは10年経って日本にやってくるといわれるが、グローバリズムが亢進する現代では、そんな悠長な流れではない。

 現にイオンやその他の大手小売業が同業態だけでなく、オンラインやM&Aへの投資を積極的に進めている。

 かつてペストをはじめとする感染症で多くの働き手を失ったヨーロッパでは、印刷や蒸気機関などの技術革新に後押しされ、それまでとは全く違う産業の革命を見た。感染症と技術革新が世の中を変えてしまったのである。

 コロナ禍は、インターネットやAIのさらなる発展の背中を押すはずである。競争が厳しくなるほど、それを利用するための利便度が進化して、特殊な世界が一般化する。今や1本数億円のスカッドミサイルの代わりを数十万円のドローンがはたす時代である。

 さらに、この変化の行き着く先では、持てるものと持たざる者の格差が一段と極まるというのが一般的な見方である。コロナ禍が去っても、かつての一億総中流といったまったりした世の中がやってくることはないだろう。現在、業績好調のスーパーマーケットやドラグストアもいつまでブルーオーシャンかは誰にもわからない。

【神戸 彲】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop