• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月19日 16:42

【佐賀県】佐賀大発「オプティム」がNTT東などと「NTTドローン」設立

NTT東日本が50%超を出資

「NTTドローン」が投入する農薬散布用ドローン。女性の使用も想定し「小型」「軽量」「低燃費」を心がけたという
「NTTドローン」が投入する農薬散布用ドローン。
女性の使用も想定し
「小型」「軽量」「低燃費」を心がけたという

 佐賀大学発のコンピューター・ソフト会社「オプティム」、NTT東日本、ドローン販売「ワールドリンク」(京都市)の3社は18日、埼玉県朝霞市にドローン(無人航空機)を応用して産業支援を手がける「NTT e-ドローン・テクノロジー」(略称NTTドローン)を設立、2月1日からサービスを開始する、と発表した。

 当面は、ドローン活用が先行する農業分野と点検・測量分野を軸に営業を開始。順次、データ蓄積やドローンの量産化技術を開発し、初年度10億円規模、5年後に40億円規模の売上高を目指す。3社の役割は、NTT東日本が通信の提供、オプティムはドローン関連ソフトの開発、ワールドリンクは機体の製造・販売。

 新会社は資本金4億9,000万円、うちNTT東日本が50%超を出資する。社長はNTT東日本の田辺博副社長。社員は30数名。大半はNTT東日本に1月末に一部事業を譲渡したスカパーJSATホールディングス系列の産業ドローンメーカー「エンルート」(朝霞市)の元スタッフが占める。

広がる、ドローンの活動領域

 ドローンを労働人口の減少を補う手段として活用する一方、世界の民生用ドローンの7割を占める中国DJI社に対抗する国産ドローンを開発、量産する狙いもあるとみられる。

 農業へのドローン導入は農水省が19年3月に、22年度までに米や麦などの作付面積の半分以上とする目標を公表。担い手不足と相まって、需要の急拡大が見込まれる。

 オプティムは、農業にドローンを採り入れた草分け的存在。16年6月に、佐賀大学や佐賀県と連携してAI/IoTと組み合わせるスマート農業を提唱した。自動飛行ドローンによる農薬や肥料の散布、ドローンを使う水田への籾(もみ)の直播(じかまき)、AIの画像解析による収穫適期の判断といった人手に頼らない次世代型農業の技術を開発して実践。農水省と共同の実証プロジェクトも次々と進めている。

 こうした背景から、新会社の仕事始めは、全国10カ所程度でのスマート農業の説明会とデモフライトを行い、2月2日の福岡県筑紫野市を皮切りに、4日は熊本県八代市、8日は滋賀県近江八幡市、11日は愛知県西尾市で開く予定だ。

 デモフライトする国産ドローンは軽トラックに積むことができる軽さで、バッテリーが長持ちする。理由の1つは、非農家主婦の就農を誘導するためだという。女性も手軽に持ち運べるよう、重さはバッテリーを含め約11.6kg。1つのバッテリーで最大2.5haに農薬散布できる。一部の会場では、ドローンで実際に農薬を散布する北海道旭川市の女性だけのチーム「ママ・ミーアキャット」のデモフライトや、豊富な散布実績のドローン操縦士による製品説明も計画する。

 点検・測量を含めた災害関連や流通でもドローンの積極利用が見込め、具体的には自然災害でヒトが容易に出入りできないエリアとの交信、援助物質の運搬、空撮での被害調査などが考えられる。また橋梁やトンネルといった公共インフラの点検需要も、大きな伸びが予想される。

 この日の発表会で田辺社長らは「ドローンは想像していた以上に進化している。社会での使われ方が変わってきており、今後どんな使われ方をしていくかはわからない。ドローンの機体を生産して売るだけでなく、蓄積したデータを活用した付加価値も合わせて提供したい」と語った。

新会社設立発表後、写真撮影に応じる(左から)菅谷俊二・オプティム社長、田辺博・NTT東日本副社長(NTTドローン社長)、1人空けて須田信也・ワールドリンク社長
新会社設立発表後、写真撮影に応じる(左から)菅谷俊二・オプティム社長、
田辺博・NTT東日本副社長(NTTドローン社長)、
1人空けて須田信也・ワールドリンク社長

 スマート農業の説明会とデモフライトは参加無料だが、事前登録が必要。

<参加申込>
全国「農業用ドローンAC101デモデモフライト」参加お申込みフォーム
<問い合わせ>
075(708)2245(平日午前10時~午後5時30分)

【南里 秀之】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年02月27日 07:00

DXで顧客・従業員満足を実現~食品シェア、まず10%に引き上げ(前)

 おりからの新型コロナウイルス感染拡大で総合スーパーは大きな影響を受けている。新型コロナをどう乗り切り、新たな成長につなげていくか、新会社の方針を柴田祐司社長に書面イ...

2021年02月27日 07:00

本社売却、史上最大の赤字・・・大きく揺れる電通(4)

 電通は2013年3月、英大手広告代理店イージス・グループを約4,000億円で買収した。電通にとって過去最大の買収額だ。電通がイージスを買収したのは、12年2月に仏広...

産学官連携の事業に積極的に取り組み 地域の発展に大きく貢献する

 もうすぐ26周年を迎えるコンダクト(株)は、次の30年に向けた5カ年計画を策定した。その中身は九州大学大学院と共同研究する『まちのコミュニティ×防災・防犯セミナー』...

2021年02月26日 18:08

【総務省接待問題】東北新社 社長辞任、菅部長は異動

 総務省接待問題を受け、東北新社は本日、二宮清隆代表取締役社長の辞任を発表した。また、菅義偉首相の長男の菅正剛統括部長に対しては、就業規則に基づき懲戒処分を行い、メデ...

2021年02月26日 17:35

【新型コロナ変異株】自民党が新型コロナ対策本部感染症ガバナンス小委員会を開催

 自民党は2月24日、新型コロナウイルス対策本部感染症ガバナンス小委員会を党本部で開催した。厚生労働省から新型コロナウイルスの「変異株対策の現状について」の発表が行わ...

2021年02月26日 17:23

コロナ禍で台湾が世界への協力をアピール!~Taiwan Can Help, Taiwan is helping.(1)

 新型コロナウイルス感染症対策で、台湾は世界でトップクラスの優等生である。マスク着用やソーシャルディスタンスなどの衛生管理は徹底されているが、テレワーク、オンライン授...

2021年02月26日 16:53

コロナとトランプの先に潜む新たなデータ覇権争いと人体への影響(前)

 アメリカで行われたバイデン新大統領の就任式は前代未聞であった。なぜなら「影の主役はコロナ」といっても過言ではなく、何から何まで“異例づくめ”の展開となったからだ...

GoTo緊急事態繰り返す菅二階内閣

 菅内閣の基本原則は「後手後手、小出し、右往左往」である。コロナ対策の後手後手対応は安倍内閣から引き継いだもの。昨年1月にコロナ感染が重大視された時点から、対応は後手...

2021年02月26日 16:06

【3/27】福岡高速6号線・臨港道路アイランドシティ3号線が開通

 福岡市は24日、香椎浜からアイランドシティに架かる都市高速道路(福岡高速6号線・臨港道路アイランドシティ3号線)が3月27日に開通すると発表した...

2021年02月26日 16:00

JR九州 来春の新卒採用見送りを発表 34年ぶり新規採用なし

 九州旅客鉄道(株)は25日、新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化を受け、2022年度の新卒採用を見送ると発表した...

pagetop