• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月20日 15:58

中国経済新聞に学ぶ~20年の中国市場、「国潮」や健康消費が急増(前)

 京東ビッグデータ研究院はこのほど、「2020年10大消費注目点・贈答品消費ビッグデータ」を発表した。それによると、2020年はタニシ麺などの「庶民的な消費」が起こり、おうち生活がキッチン用品の消費に火を付け、「国潮」(中国の伝統要素を取り入れたおしゃれな国産品のトレンド)が新たに流行したという。

「庶民的な消費」が爆発、「国潮」が流行

 新型コロナウイルス感染症の影響をうけて、多くの家庭に料理愛好家が誕生した。20年第1四半期(1~3月)にはノンオイルフライヤー、泡立て器、電気オーブンの販売量が3倍以上増加し、第2四半期(4~6月)はインスタントおかずシリーズの販売量が伸びた。

 6月以降は、感染症の影響を受けて大型家電、自宅の内装、スキンケア化粧品などの消費が回復に向かった。多くの実店舗が営業を停止して、深夜のネットショッピングが活発になった。

 注文がもっとも集中する時間は午後10時で、「95後(1995年から99年生まれ)」は深夜の午前0時~午前2時により活発に買い物をした。午前0時~午前5時に注文した女性ユーザーの数は、昨年の1.5倍に増えた。男性とは異なり、女性は眠れないと買い物に走ってしまう。

 女性が購入する食品のなかで、もっとも人気があったのは軽食界のネットにおける有名人といえるタニシ麺で、2020年の販売量は3倍以上増加した。ホワイトカラー、大学生、金融関係者、事業機関で働く人のタニシ麺の購入量は昨年の3倍以上になった。20年には高齢者がネット通販にますます熱心になり、56歳以上のユーザーもタニシ麺を好んでおり、購入量は前年同期比321%以上も増加した。

 広西壮(チワン)族自治区柳州市の特産品であるタニシ麺は、「庶民的な消費」に火を付けた。

 そうして東北地域の米、安徽省の名茶・六安瓜片、広西自治区茘浦市のサトイモ、陝西省冨平県の干し柿など……原産地や農産品がネットの人気検索ワードになった。若い美男子や夫人だけでなく、北京・上海・広州のホワイトカラーや金融関係者も「庶民的な消費」を楽しみ、20年はこうした人々の特産品取引額が昨年の1.5倍に増えた。

 このほか、20年にもっとも大きなトレンドとなったのは「国潮」だ。さまざまな年代の消費者のなかでも、とくに95後の国産品消費の伸びがもっとも大きかった。職業別にみると、企業のホワイトカラー、事業機関で働く人の国産品取引額がもっとも高く、高所得者層の国産品消費も目に見えて増加した。国産品消費の全国的な増加率は昨年を上回り、地域別にみると、各省で主要な役割をもつ四線以下の都市の市場での増加率がもっとも高かった。小都市に暮らす2億3,000万人の若者は、国産品を消費する若者たちのなかでもっともコアな層でもあり、小都市の95後の国産品取引額の増加率がもっとも高かった。

(つづく)


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
(株)アジア通信社
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月09日 14:12

アフターコロナの市民の心を癒す「パブリックアート」の大きな役割!(2)NEW!

 『ニューヨークでは、新型コロナが当初、中国からのウイルスと言われていたため、アジア人への偏見による被害も増え、自分が同じアジア人であるということを意識せざるを得ず、...

2021年03月09日 13:47

ホテルアセント福岡が3月末で閉館、感謝セールを実施中NEW!

 ホテル経営を行う(株)アセントは8日、ホテルアセント福岡(福岡市中央区)を今月31日に閉館すると発表した...

2021年03月09日 13:11

【読者ご意見】東京五輪とコロナNEW!

 NetIB-Newsでは、読者のご意見を積極的に紹介し、議論の場を提供していきたい。今回は植草一秀氏のブログ記事「2021東京変異株博覧会の開催」についてのご意見を...

2021年03月09日 13:11

【読者ご意見】企業批判をめぐる報道NEW!

  NetIB-Newsでは、読者のご意見を積極的に紹介し、議論の場を提供していきたい。今回は【新・「電通公害」論】についてのご意見を紹介する...

2021年03月09日 13:00

【東日本大震災から10年(2)】福島第一原発事故から10年、放射性物質汚染の現状 公的除染終了後の問題(中)NEW!

 公的除染の問題点を考えてみよう。福島県のHPによると、除染の目標値は0.23μSv/hとなっている。これは、民間人の被曝限度量が年間1μSvで、時間あたりに直すと0...

2021年03月09日 11:31

飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に寄付~グッデイNEW!

 (株)グッデイ(福岡市博多区、柳瀬隆志社長)による福岡県飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に対する寄付金の贈呈式が8日、飯塚市役所で行われた...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(2)】福島第一原発事故から10年、放射性物質汚染の現状 公的除染終了後の問題(前)NEW!

 もうすぐ、3・11震災・原発事故から10年を迎える。この原稿では、東京電力福島第一原子力発電所事故による放射性物質の汚染がいまだに続く福島県中通りの現状を、私の徒歩...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(1)】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月09日 10:00

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(6)NEW!

 『コロナは世界のパワーバランスが変わる引き金になり、米国、中国、ロシア、ベトナム、ミャンマーは混乱のなかで新しい権力構造を生みつつあります。個人の持つ感性やコミュニ...

2021年03月09日 09:15

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(4)NEW!

 クライアントに詐欺を働き、社の繁栄に貢献すべき若い有能な人材をも潰すような企業に未来はない。電通は大型スポーツイベントを次々と独占受注し、人々のマスコミ離れを食い止...

pagetop