• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月25日 14:00

シェア争いが激しい韓国フードデリバリー市場(前)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 韓国人の日常生活は、コロナ禍で変化を余儀なくされている。そのなかでも、飲食店利用の減少と在宅時間の増加により、食生活に大きな変化が起こり、フードデリバリーアプリ市場が急成長を遂げている。

 フードデリバリーアプリ市場の成長の背景には、不特定多数が利用する飲食店で食事することによる新型コロナウイルス感染への懸念と、スマホの普及によるフードデリバリーサービスの利便性の向上があるのはいうまでもない。

 人々は外食より出前を好むようになり、フードデリバリーアプリの新規加入が急激に増加している。新型コロナウイルス感染拡大で、利用率が増加したアプリのなかでも、フードデリバリーアプリは41%という圧倒的に高い利用率を誇っている。

 実はコロナ禍以前にも、フードデリバリーアプリの成長をけん引する社会の変化があった。一人暮らしが増加し、ネットショッピングの利便性を経験した顧客は買い物だけでなく、スマホの出前サービスの潜在的なニーズをもっていたことだ。

 韓国で一人暮らしの家庭は2014年には414万世帯であったが、19年には615万世帯となり、全家庭の30%を占めるほどになった。ネットショッピングの売上高も年々増加し、19年の取引額は134兆ウォンを上回るようになった。

 フードデリバリーアプリとは、スマホを活用して出前を注文できるアプリだ。以前の韓国では、出前の代表といえば中華料理であり、配布されたチラシを見て電話で注文をするのが一般的であった。それらの出前は料理の種類が限定されており、店で雇用した配達員が届けていた。

 しかし、フードデリバリーアプリが登場したことで、飲食店は配達員を直接雇用しなくてもよくなり、配達アプリに加入することで売上を増やすことができるようになった。顧客も注文できるメニューの種類が増えて、アプリを使うことで現金をもっていなくてもクレジットカードで簡単に決済できるようになった。

 韓国のフードデリバリーアプリ市場は、人口は少ないものの世界5位以内に位置付けられるほどに発達している。日本と韓国では日々の食事は手づくりが良いという考え方が根強いが、最近の韓国の若者は、食事をつくるより出前を頼む傾向が強くなっている。仕事終わりにスーパーで食材を買って料理をつくるより、プロの手を借りたほうが断じていいと考えるようになったからだ。

 フードデリバリー市場は、ユーザー、飲食店、デリバリーアプリ会社、配達代行会社、配達員で構成されている。韓国政府の統計によると、20年のフードデリバリー市場規模は20兆ウォンに達したという。05年の市場規模は1兆ウォンにすぎなかったが、10年頃から急速に成長をはじめ、15年で20倍の成長を遂げている。20年のデリバリーアプリの決済金額は7兆6,000憶ウォンを上回る。加えて、フードデリバリーの配達に従事している人は13万人と、雇用創出に寄与している。配達に従事する13万人のうち、8万3,000人は配達代行会社に所属しているが、その他は個人でデリバリーを受託している。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop