• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月26日 12:00

大和力を、世界へ。コロナ禍のなかでアートにできること(1)

 神獣に代表される日本古来の文化をモチーフに、現代的な瑞々しい感性で作品を送り出し続ける、アーティストの小松美羽さん。「見えない世界、神々と人をつなぐことが私の役割。役割をまっとうするために、作品を見てもらいたい。牙がある画家になりたい」と話す小松さん。コロナ禍のただ中にある世界で、何を感じているのか。

「小松美羽」とは何か 

 ――小松美羽さんは、「神獣」や狛犬をモチーフとした作品で知られています。作家として表現活動をライフワークにされるようになったきっかけは。

 小松 絵を描くことは子どものころから大好きで、保育園に入る前にはすでに何かを描いていたような気がします。作家として本格的に絵を自分の仕事にしようと考えるようになったきっかけは、多分故郷である長野の環境も影響したのだと思います。長野県って、当時は東京の次に美術館や文化施設が多い場所だったので、自然と芸術に触れる機会が多くなって、私の場合はとくに母親が美術鑑賞好きだったので、将来は美術館に飾られるような絵を描きたいというのはなんとなくいつも心にありました。美術館に置いてあるノートとかに、「芸術家になるので飾ってください」なんて書いたこともありました。 

 アーティストとしての原点には霊的なものとの接触体験があって、そういった体験は私の基盤になっていると思います。作品も100%「そっち」方面ですから(笑)。絵を本格的に学ぶのにあたっては、長野県には美術系の大学がなくて信州大学の教育学部にあるくらいだったので、東京の大学に進学して本格的に絵を学び始めました。もともと日本って作家さんがたとえ売れなくても「1人でやっていく」ことが美徳だと思われる風潮があるんです。でも私は純粋に絵を描く環境をいただいていて、とても1人ではできないことを周りの皆さんに補っていただいて今があると思っています。 

 ――絵を通してどういったものを表現したいのでしょう。 

 小松 私は一貫して「神獣」をテーマに絵を描いてきました。直接、人間の肉体とかを描くのではなく、心や魂など物質的ではないものを見抜いて、そこに悪いものがあれば神獣にはそこに立ち向かって排除する力があるので、私たちを守ってほしいという絵を描きたいんです。それが「薬」として作用して多くの人々の魂を救うようになってほしい。絵って飾っていただけるものなので、私の絵がそこにあるだけでその方の場所や聖域を悪で汚さないように、住む方の心が平安でありますように、という気持ちで描いています。神獣さんには、「なんで人間を守らなきゃいけないの?」という思いもあるので、そこが希薄になってしまうとだめで、「人間を見捨てない」というイメージが強いんです。

  ――作家としての1人立ちを意識したのはアメリカでの経験が大きかったそうですね。 

 小松 アートマーケットって、一般の方にはすごくわかりづらいところがあるんですが、基本的に多くのコレクターに支えられている作家さんは、どんどん認知度が高まるんですね。たとえばパブリックアート(公共の場における芸術活動)の制作ができたり、コレクターさんが作品を美術館にドネーション(寄贈)したりとかして、そうすると美術館に絵を飾ってもらう機会がどんどん増えていく。

 コレクターさんのなかには、「自分だけの作品」と独占する方もいれば、「~コレクション」ということで巡回展示をする方もいます。そういったコレクターの方々との出会いがすごく重要だということを、アメリカでは感じました。自分だけがアートを楽しむのではなく、購入したアートで多くの人を楽しませたり、心を豊かにしたりする。作家が作品を世に出すだけではなく、次のステップにいくにはこういう文化がすごく大切なんだと思います。 

(つづく) 


<PROFILE>
小松 美羽
(こまつ・みわ)
小松 美羽 氏現代アーティスト。1984年長野県坂城町生まれ。女子美術大学短期大学部卒業。20歳のときに制作した銅版画「四十九日」が好評を博してプロ活動へ。2014年、出雲大社へ絵画「新・風土記」を奉納。15年、有田焼の狛犬「天地の守護獣」が大英博物館日本館に永久展示される。16年から「The Origin of Life」が4 World Trade Center(ニューヨーク)に常設展示。19年、VR作品「INORI~祈祷」が第76回ヴェネチア国際映画祭VR部門にノミネート。20年、日本テレビ系「24時間テレビ」の〈チャリTシャツ〉をデザイン。著書に『世界のなかで自分の役割を見つけること』(ダイヤモンド社刊)など。
https://miwa-komatsu.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続けるNEW!

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦NEW!

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)NEW!

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

2021年03月05日 16:47

「失敗の先には必ず成功が待っている」~太平洋横断の全盲ヨットマン・岩本光弘氏NEW!

 岩本光弘氏は13歳の時から徐々に視力を失いはじめ、16歳で全盲となってしまう。自暴自棄になった岩本氏は自殺も考えていたという。そんなある日のこと。夢枕に亡くなった叔...

2021年03月05日 16:35

アダル、企業向けオンライン商談サービス開始NEW!

 業務用・店舗用家具メーカーの(株)アダルが、LINEのテレビ電話を活用したオンライン商談サービスの提供を開始した。BtoCのオンラインショップは多数存在しているなか...

2021年03月05日 16:26

まちかど風景・博多区~すこやか通り側にマンションNEW!

 水炊きやもつ鍋など、さまざまな飲食店が軒を並べる福岡市博多区「すこやか通り」側で、マンションが建設予定となっている...

2021年03月05日 14:58

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(3)

 ラ・ポート別府は何点かの構造上の問題点があります。1階の柱18本すべての柱脚鉄骨が非埋め込み形柱脚となっています。この柱脚形式の場合、1階柱脚の鉄量が1階柱頭の鉄量...

2021年03月05日 14:39

【訃報】桃崎峰人・佐賀県議会議長が死去

 佐賀県議会の桃崎峰人議長(71歳、唐津市・東松浦郡)が本日死去した...

2021年03月05日 14:30

コロナとトランプの先に潜む新たなデータ覇権争いと人体への影響(中)

 これまでトランプを支えてきた富裕層のなかには先日急死したカジノ王のエーデルソン氏のように、「トランプ減税のお蔭で、もう十分元を取った」という理由で袂を分かつ動きも...

pagetop