• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月27日 16:25

大和力を、世界へ。コロナ禍のなかでアートにできること(2)

 神獣に代表される日本古来の文化をモチーフに、現代的な瑞々しい感性で作品を送り出し続ける、アーティストの小松美羽さん。「見えない世界、神々と人をつなぐことが私の役割。役割をまっとうするために、作品を見てもらいたい。牙がある画家になりたい」と話す小松さん。コロナ禍のただ中にある世界で、何を感じているのか。

会えなくても「思い合う」ことで乗り切る 

 ――いま世界はコロナ禍のただなかにあります。小松さん自身の生活に影響は。 

 小松 長野にも仕事場があるんですが、これまでは長野と東京などの都会を行き来することで自然とバランスをとっていたところがあって、それができなくなったので最初のころは大変でした。あとは予定していたアートフェアが開催できなくなったり、作品を発表する場所や機会が、とくに海外の予定がほとんどなくなってしまって。ただ、銀座のホワイトストーンギャラリーで個展や広島のウッドワン美術館での展覧会「自然への祈り」など、そこに集中できるようになったのは運命だったのかなと思います。多くの方にきていただきましたから。 

 ――小松さんご自身が、人との出会いを非常に大切にされているなか、社会的にはコロナ感染を防ぐために接触を忌避するような風潮が蔓延しています。

 小松 人と触れ合うことができなくなっ多分、逆に人同士が「思い合える」ようになったと思います。昨年、3度もイタリアに行かせていただいたのですが、今回のコロナ禍ではイタリアの医療崩壊のニュースとかが入ってきて、すごく心配していたんです。でもそんななかでもイタリアのほうがコロナに向き合いながら、私が描いた作品や「24時間テレビ」でのライブペイントを見ていただいたりして、自分の国だけにフォーカスするんじゃなくて、同じ地球の同じ人間なんだって共感していただいて。 

 あとはアート熱のすごく高い台湾の方がオンラインインタビューなどで取材してくださったり、数年間かけて出会った多くの方とつながっていることを実感することができました。コロナ禍のなかでもお互いのことを感じ取りながら、愛情を感じることができるって、改めて人間ってすごいなって。肉体的に触れ合うことができないぶん、思い合う力が逆に強くなっている。 

 ――外出自粛などが要請された期間もありました。表現活動に影響や変化は。 

 小松 これまでは未来に向かっていく感じでしたが、培ってきた多くの経験や見聞きした風景、臭いなどを思い起こして記憶のレイヤー(階層)に抽象的に向かっていく、っていうのは今回のステイホームで起こった現象ですね。 
 ライブイベントもかなり影響があって、「24時間テレビ」は国技館で無観客でやりましたし、広島でのライブペイントは関係者だけでやって映像を流すだけでした。 

 ――今回のコロナ禍をテーマにした作品などは。 

 小松 人間って戦争の時代でも生活していましたよね。日本はいま平和かもしれないですけど、兵役がある国もたくさんあります。戦争が起きたり貧困に多くの人があえぐなか、それでも芸術がなくならないのは、芸術が人の心や魂の「薬」だからだと思うので、経験を創作活動に落とし込むことが大事だと思っています。こういった時代だからこそ精力的に絵を描くべきで、いつ海外に行けるようになるかわかりませんが、アートが必要とされるときが必ず来ます。そういうときに発表できるようにしていたいです。

 (つづく) 


<PROFILE>
小松 美羽
(こまつ・みわ)
小松 美羽 氏現代アーティスト。1984年長野県坂城町生まれ。女子美術大学短期大学部卒業。20歳のときに制作した銅版画「四十九日」が好評を博してプロ活動へ。2014年、出雲大社へ絵画「新・風土記」を奉納。15年、有田焼の狛犬「天地の守護獣」が大英博物館日本館に永久展示される。16年から「The Origin of Life」が4 World Trade Center(ニューヨーク)に常設展示。19年、VR作品「INORI~祈祷」が第76回ヴェネチア国際映画祭VR部門にノミネート。20年、日本テレビ系「24時間テレビ」の〈チャリTシャツ〉をデザイン。著書に『世界のなかで自分の役割を見つけること』(ダイヤモンド社刊)など。
https://miwa-komatsu.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月09日 11:31

飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に寄付~グッデイNEW!

 (株)グッデイ(福岡市博多区、柳瀬隆志社長)による福岡県飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に対する寄付金の贈呈式が8日、飯塚市役所で行われた...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(2)】福島第一原発事故から10年、放射性物質汚染の現状 公的除染終了後の問題(前)NEW!

 もうすぐ、3・11震災・原発事故から10年を迎える。この原稿では、東京電力福島第一原子力発電所事故による放射性物質の汚染がいまだに続く福島県中通りの現状を、私の徒歩...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(1)】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月09日 10:00

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(6)NEW!

 『コロナは世界のパワーバランスが変わる引き金になり、米国、中国、ロシア、ベトナム、ミャンマーは混乱のなかで新しい権力構造を生みつつあります。個人の持つ感性やコミュニ...

2021年03月09日 09:15

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(4)NEW!

 クライアントに詐欺を働き、社の繁栄に貢献すべき若い有能な人材をも潰すような企業に未来はない。電通は大型スポーツイベントを次々と独占受注し、人々のマスコミ離れを食い止...

2021年03月09日 07:00

経営者が知っておくべき「人財」に投資するという考え方NEW!

 「人財」は、いつの時代も経営の根幹です。良い人財がいるかいないかで、経営は大きく変わってきます。では、どのように良い人財を得ればよいでしょうか?そこでは、従来の「人...

2021年03月09日 07:00

【八ッ場ダムを考える】群馬県は水没住民と どう向き合ってきたのか?(前)NEW!

 国直轄ダムの八ッ場ダムであるが、水没自治体である長野原町、その住民との交渉などを実質的に担ってきたのは、ダム受益者でもある群馬県だった。県は1993年、水没住民やダ...

2021年03月08日 17:55

加速する建設現場へのICT技術の導入、「i-Construction大賞」授賞式開催〜国土交通省

 国土交通省は5日、「i-Construction大賞」の授賞式をオンラインで開催した。同賞は、建設現場の生産性向上を図る「i-Construction」に係る優れた...

2021年03月08日 17:44

アフターコロナの市民の心を癒す「パブリックアート」の大きな役割!(1)

 ニューヨークはアートの街として2つの点で有名である。1つは、ニューヨークには「メトロポリタン美術館(MET)」「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」など83もの美術...

2021年03月08日 17:07

【福岡県知事選2021】元国交省局長・奥田氏が出馬断念 2日の速報ピタリ

 小川洋・福岡県知事の辞職にともなう県知事選に出馬する意向を示していた、元国交省局長の奥田哲也氏(59)が今日午後、立候補を断念すると表明した。自民党の二階俊博幹事長...

pagetop