• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月18日 16:35

とことん「リアル」なアート展~日中芸術交流展 山田ゆかり×武楽群「響き合う世界」

五感すべてを使って楽しめるアート

 「こんな時期だからこそ、作品を見る人がほっとして、明るい気持ちになってほしいという思いが強くなりました」。日々の生活のなかで何気なく過ごせることの幸せや、つい忘れがちなときめきを抽象絵画や写真とのコラボレーションで表現する画家、山田ゆかり氏は語る。

オンラインの対極にあるのがアートかもしれない。五感すべてを使って楽しめる、とことんリアルな世界にこだわった「日中芸術交流展 山田ゆかり×武楽群『響き合う世界』」が2月17日~26日まで中国文化センター(東京都港区)で開催されている。

右から、山田ゆかり氏と武楽群氏の作品
山田ゆかり氏

 日本と中国の両方で活躍している山田ゆかり氏と武楽群氏の作品を公開し、多くのアジア諸国で今も続いている旧正月(春節)を祝う。武氏は中国の伝統的な楽器「ニ胡(にこ)」の奏者であり、風景や人、文化を写実的に描いた雄大さを感じる作品が魅力だ。

「富士夕照」(武楽群氏)

一足先に春を感じる「桜日和」

 色使いでイメージが大きく変わる絵画。「響き合う世界」展では、明るい色を使い、見る人の気持ちがぱっと明るくなるような作品が並ぶ。

 壁に絵をかけるだけでなく、絵のテーマに合う植物を一緒に飾ることで、見る人が感じる世界観が広がってほしいと、フラワーアーティストの前芝良紀氏が空間のフラワーアレンジメントを工夫している。

 山田氏の作品は、光の具合で作品から放たれる輝きが変化する抽象画シリーズ「Find the sparkling moment in life」とともに、らせんを使って富士山を描いた新作「Mt.Fuji」などポップアートに近い新しい作風も。この作品では、雪景色のダイヤモンドダストのきらめきや山肌、地中に流れる目に見えないマグマを絵画のイメージで表現している。

「Mt.Fuji」(山田ゆかり氏)

 また、各地で撮影した写真を基に絵具で描いた絵画を組み合わせた新しいジャンルのアートである「I happy am, Joy is my name.」シリーズでは、海外に渡航しにくいコロナ禍のなか、日本に焦点を当てた作品がいくつも登場。たとえば、海の近くにある鳥居の風景をモチーフにした作品。立春を過ぎて日の光が少しずつ春らしくなるなか、一足先に春を感じる「桜日和」。数年前に、桜の季節に都内で雪が降ったときの1コマをモチーフに制作した「桜雪」。ふと歩みを止めて見つめたくなる、何気ない一瞬の風景を描いた作品だ。

「桜日和#3」(山田ゆかり氏)

アート写真と詩のコラボも

 水滴をあしらったアート写真の「All’s right with the world!」のシリーズでは、詩とのコラボレーションも生まれた。見る人に作品の世界観を感じてもらえるように、作品のコンセプトを詩で表現している。山田氏は「これからも、世界観を共有できる詩とコラボレーションした作品を増やしていきたいです」と意欲的だ。

水滴をあしらったアート写真が並ぶ

 「響き合う世界展」は目で見る絵画をはじめ、作品を飾っているインテリア、音楽、アロマの香りと五感すべてでアートのある空間を楽しめることがコンセプト。アートに詳しい人はもちろん、これまでアートに触れる機会があまりなかった人にも興味を持ってもらい、多くの人の人生が豊かになるきっかけになればという思いも込められている。

 やはり足を運んで本物の作品を見てこそ伝わる世界観もある。山田氏は「たとえば、同じ絵でも見る角度や光で印象が大きく変わります。実際に自分の目で見たり、五感を使って感じる気持ちを大事にしてほしいと感じています」と語った。

【石井 ゆかり】

▼関連リンク
日中芸術交流展 山田ゆかり×武楽群「響き合う世界」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop