わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月25日 14:13

大野城の郷土料理「鶏ぼっかけ」を全国区&被災食の定番に~(同)華の実

 福岡県大野城市の郷土料理「鶏ぼっかけ」をご存知だろうか?

鶏ぼっかけ 「鶏ぼっかけ」はいわゆる汁かけご飯の1種で、コトコトと煮込んだ鶏肉の入った汁物をご飯にかけて食べる料理。大野城地域でまだ鶏肉が貴重なごちそうだった時代に、来客へのもてなしや宴会などの親睦の場で、シメの料理として振る舞われていた「ぼっかけ飯」がその起源とされている。料理名の“ぼっかけ”は、ご飯に汁物を“ぶっかけ”ることが由来といわれている。

 ただし、郷土料理というものの、地元・大野城市内での認知度はそれほど高くない。というのも、ベッドタウンとして人気の高い大野城市は市外・県外からの移住者も多く、そうした人にとって馴染みが薄いからだ。また「鶏ぼっかけ」は、市の着地型観光開発プロジェクトの一環として5~6年前に“ご当地グルメ”として開発・再定義され、PRされ始めた比較的歴史の新しい料理ということも理由の1つ。

 知名度の向上へ、地元有志が「大野城鶏ぼっかけ隊」を結成してPRに乗り出している。学校給食での提供、イベントへの出店、地元飲食店での提供など、大野城市、大野城市商工会、地域住民が1つになってPRに力を入れる。しかし、「大野城市といえば、鶏ぼっかけ!」といわれるほどの認知度を獲得できているかといえば、まだ道半ばといったところだ。

(同)華の実の代表・宮澤芳人氏
(同)華の実の代表・宮澤芳人氏

 「郷土料理のPRというと、つい市外への情報発信を考えてしまいがちですが、まずは地元の人に知ってもらうことが一番だと考えています」と話すのは、大野城市に本社を置く(同)華の実の代表・宮澤芳人氏。同社は主力の辛子明太子を中心に、九州・全国の“旨いもの”を全国のお客さまに届ける食品通販会社。定番商品だけでなく、OEMによって年間10品ほどのオリジナル商品の自社開発・販売も行っている。

 同社が開発・販売している冷凍タイプの『大野城市郷土料理 鶏ぼっかけ』(250g×3袋、税込1,620円)は、しょうゆベースのスープでつくることが多い鶏ぼっかけを、鶏ガラ・鶏肉ともに福岡県銘柄鶏「はかた一番どり」を100%使用した鶏ガラ白濁スープで仕上げた。冷凍タイプにすることで、出来立てのおいしさを損なうことなく鶏本来の旨みをギュッと濃縮。調理も湯煎だけの手間いらず。

 ご飯にかけて一口食べると、まずスープの甘い香りが鼻孔をくすぐり、上品な鶏の旨みが口いっぱいに広がっていく。鶏肉も柔らかすぎないしっかりとした歯ごたえで、かめばかむほど旨みが溢れ出し、後を引く、まさに箸が止まらないおいしさ。鶏ガラ白濁スープをベースにすることで、ご飯にかけるだけでなく、そのままスープとして飲んでもおいしく、さらに麺を入れたり、炊き込みご飯や煮物のベースにしたりと、さまざまな用途に使える。同社では自社の看板商品へと育てる考えだ。

大野城市郷土料理 鶏ぼっかけ

 さらに、近年頻発する自然災害や昨年からのコロナ禍などを念頭に、「温かいスープ系」「簡単調理」「個食提供が可能」「小さな子どもからお年寄りまで食べられる」「栄養価が高い」といった商品特性にも注目。「日頃の食卓に並ぶ“普段使い”の商品としてだけでなく、災害時には“被災食”としても兼用できるものを目指しました」(宮澤代表)という。

 こうして開発された同商品は、有事の際に被災地支援物資として活躍できる特産品としても位置づけられる。商品特性やコンセプトが評価され、昨年10月に全国商工会連合会の主催で開催された全国特産品評議会「buyer’s room(バイヤーズ・ルーム)」で審査員特別賞を受賞。同11月には地元・大野城市商工会から「大野城市商工会推奨品」の認定も受けるなど、各方面から高く評価されている。

 「商品としては間違いなく良いものができたと胸を張っていえますが、PR面はまだまだこれからです。まずは、新規移住者も含めた地元の大野城市民に認知してもらうことが一番で、そのためにはさまざまな取り組みを行っていこうと考えています。たとえば、地域フリーペーパーへの掲載や、大野城のPRも兼ねた動画制作・発信など。市民に知ってもらうことでSNSやメディアなどでの拡散確率を上げていき、いずれは『大野城=鶏ぼっかけ』と全国の方々から思っていただけるようになれば、うれしいですね。大野城市に本社を構える企業として、これからも当社の商品を通じて地元の地域活性化に貢献していきたいと思います」(宮澤氏)。

華の実

 大野城の郷土料理「鶏ぼっかけ」を食べてみたい方は、電話(0120-039-291)による注文のほか、西鉄「下大利駅」東口を出てすぐの同社店舗、または「大野城心のふるさと館」(大野城市曙町3-8-3)内の「ここふるショップ」で購入できる。これ以外にも、人気ナンバーワンの『辛子明太子』をはじめ、『アカモクとろろ』『丹波の黒豆』『博多もつ鍋セット』などの人気商品を取り扱っている。

【坂田 憲治】


<COMPANY INFORMATION>
(同)華の実

代 表 :宮澤 芳人
所在地 :福岡県大野城市東大利2-4-20
営業時間:午前10時~午後5時
TEL :0120-039-291

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月21日 15:01

福島原発事故、アルプス処理水を海洋放出して良いのか~報道では語られない諸問題と私の提案(4)NEW!

 グリーンピース「東電福島第一原発 汚染水の危機2020」の14ページでは、汚染水に含まれる放射性炭素14Cの問題を取り上げています。この件は、次の項目「放射性炭素1...

2021年04月21日 14:38

全国ノーマスクピクニックデー、全面中止にNEW!

 全国各地で連休中の5月1日(土)・2日(日)の連日開催が予定されていたイベント「全国ノーマスクピクニックデー」は、全面中止となった...

2021年04月21日 14:33

【飲食事業者の独立心、自尊心を育てよ!(4)】福岡の老舗ロシア料理店「ツンドラ」~閉店惜しみ午前中から長蛇の列NEW!

 20日、老舗ロシア料理店「ツンドラ」が5月7日に閉店すると報道された。同店は1960年創業と福岡におけるロシア料理店の草分け的な存在で、看板メニューのボルシチなどが...

2021年04月21日 13:44

【佐賀】原材料が100%佐賀産ビールの『佐賀アームストロング醸造所』NEW!

 佐賀市諸富町に立地する千葉県のプラントメーカーが、100%佐賀県産ビール大麦を使う製麦工程併設のクラフトビール工場『佐賀アームストロング醸造所』の建設を進めている...

2021年04月21日 13:26

【福岡市】「感染症対応シティ促進事業」~空気清浄機『Aura Air』も補助金対象製品にNEW!

 福岡市は、感染症対策に取り組む市内の店舗などを支援する「感染症対応シティ促進事業」を行っている...

エコモ・インターナショナル(株)(福岡)/水素水生成器卸NEW!

 同社は、4月9日、福岡地裁飯塚支部より破産手続開始決定を受けた...

2021年04月21日 11:35

アレルギー表示制度の役割、「卵」は妥当と評価~食品安全委員会NEW!

 内閣府の食品安全委員会は20日、加工食品のアレルギー表示制度で「卵」の表示を義務づけていることよって、鶏卵アレルギーの患者がアレルギー症状の誘発を防止できているとす...

2021年04月21日 11:29

【4/25~】昭和の記憶を回想 「博多どんたく」画像の吊り下げバナー企画~川端通商店街NEW!

 福岡市博多区の川端通商店街(上川端商店街振興組合、川端中央商店街振興組合)において、吊り下げバナー企画「博多どんたく昭和の記憶」が25日から5月末まで(終了日未定)...

2021年04月21日 11:00

東芝のキングメーカーになった永山治取締役会議長~迷走を続ける東芝の救世主となるか(前)NEW!

 東芝への唐突なファンドからの買収提案は、わずか1週間で社長退任劇に発展した。東芝の社長交代会見には、会長から社長に復帰した綱川智氏と取締役会議長・永山治氏が出席し、...

2021年04月21日 10:17

【企業研究】九州卸の雄・ヤマエ久野(2)

 流通業を取り巻く環境は、少子高齢化に加えて、新型コロナウイルス感染拡大というゲリラ的に発生した逆風に見舞われ、今や乱世ともいうべき様相を呈している。さらなる問題は...

pagetop