• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月26日 14:01

【みやき町】新型コロナウイルスワクチン予防接種医療機関連絡調整会議を開催~予約受付はコールセンターに一元化

 佐賀県みやき町は、25日、町内医療機関との新型コロナウイルスワクチン予防接種医療機関連絡調整会議(第1回)を開催した。同町は、1月5日に新型コロナウイルス接種体制推進対策本部を立ち上げ、ワクチン接種の準備を本格化させるとしていた。

 会議には町内16の医療機関の医師、看護師、事務員など28名が参加し、予防接種の予約方法などについて意見交換を行った。

末安伸之町長
末安伸之町長

 対策本部長を兼ねる末安伸之町長は、「1日でも早く1人でも多くの住民方々が接種していただき、集団免疫を獲得していただき、安心して生活できるように、全職員あげて取り組んでおります。しかし、医療機関の方々のご協力なしではできません」「かかりつけ医として町内の医療機関に個別接種をできるだけお願いをし、住民の方が安心して接種していただけるよう、尽力を賜りたい」と話した。

 同町は、個別接種を進めながら、ワクチンの安定的な供給体制が整ったところで、集団接種を行いたいとしている。65歳以上の高齢者の接種を6月末までに完了させることを目指す。現在予定している今後のスケジュールは、町内12の医療機関で個別接種を実施するという、3月1日に町によるワクチン接種コールセンターの設置、3月下旬以降、接種券を送付、予約受付、4月以降の接種開始というもの。

 接種予約受付に関して、ワクチンの供給量がはっきり決まっていない状況において各医療機関で受付すると混乱を招く恐れがあることから同町はコールセンターで一元化して受け付けることに決めた。

 2〜3週間後に2回目の会議を開催する予定。

【内山 義之】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop