わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月01日 16:26

アビスパ、高いJ1の壁に苦杯 福岡1-2名古屋

 サッカーJ1リーグのアビスパ福岡は2月28日、ホームのベスト電器スタジアムに名古屋グランパスを迎え、シーズン第1節の試合を行った。

 5年かけてたどり着いた待望のトップカテゴリー、J1。対戦相手は2017年のJ1昇格プレーオフでアビスパの前に立ちはだかった名古屋グランパスと、開幕戦としては最高の舞台となった。

 アビスパの先発メンバーには、昨季昇格の立役者となったキャプテンMF前寛之、DFエミル・サロモンソン、DFドウグラス・グローリ、FWフアンマ・デルガドらに加え、J1での戦いを肌で知る新戦力としてDF志知孝明(横浜FCより加入)、FWブルーノ・メンデス(セレッソ大阪から加入)が名を連ねた。「年間勝ち点50以上、順位は10位以上」を目標に掲げる2021年の長谷部アビスパの戦いが、いよいよスタートする。

 しかし、そのアビスパイレブンに強烈な「J1の洗礼」が襲いかかる。前半4分、名古屋FW相馬勇紀が高速ドリブルで左サイドを突破すると、MFマテウスが中央から斜めに走りこんでパスを受け、DFグローリを股抜き、滑り込んできたMF重廣卓也もかわし、最後は詰めてきたGK村上昌謙の両足の間を狙いすましてゴール。J1のスピードに対応しきれないアビスパ守備陣に冷水を浴びせるように、圧倒的な個人技を見せつけたゴールとなった。

 さらに10分、名古屋のコーナーキック。ショートコーナーを受けたMFマテウスがFW相馬につなぎ、相馬は切り返そうとして足を滑らせる。J2であればこのままボールロストとなるところだろうが、相馬は崩れた体勢を立て直す動きで一気にDFサロモンソンを抜き去り、強烈なミドルシュートを放つ。このシュートはGK村上がしっかり弾き出したものの、J2ではプレイが切れていたはずのところから一気にピンチを迎える、J1ならではの怖さを存分に感じる瞬間だった。相馬は18分にもDFからのロングパスを足元に収め、ミドルシュートでアビスパゴールを脅かしている。

 前半のアビスパは43分にFWメンデスがボレーシュートを放つのが精一杯。優勝を狙う名古屋に対し、防戦一方の展開となった。

 さらに試合が動いたのは、後半開始直後の55分。名古屋は左サイドを駆け上がったDF吉田豊がゴール前にクロスボールを入れ、これをFW山崎凌吾がボレー。福岡DFカルロス・グティエレスがこれをブロックするが、クリアボールは力なくゴール付近に転がる。そこにいたのはMFマテウス。冷静にゴール右隅に流し込み、0-2と名古屋の2点リードとなった。

 このままでは終われないアビスパ長谷部監督は交代カードを切る。後半開始からMF杉本太郎、63分にはMF金森健志を投入。杉本は70分に負傷退場となり、昨シーズン後半に大きな存在感を見せたMF田邉草民がピッチに入った。

 そして、試合を動かしたのはMF金森だった。前回のJ1昇格時の中心メンバーで、鹿島アントラーズ・サガン鳥栖を経て開幕直前にアビスパに帰還。2点リードという重苦しい雰囲気を変える役割を託された金森は、大仕事を早速やってのける。

 右サイドに入った金森は、快足を活かして、チャンスをたびたび演出。そして81分、金森はFWメンデスがヘディングで落としたボールを名古屋DF吉田と競り合い、右足を一閃。山なりのボールはGKランゲラックの頭を超えてネットを揺らした。歓喜の表情を見せる金森の復帰第1号ゴール……と思いきや、実際は吉田のオウンゴール。ともあれ、1-2と1点差に詰め寄った。

 終了間際、オープンな展開のなかでアビスパも何度かチャンスを迎えたが、同点弾は生まれず。残念ながら、5年ぶりのJ1緒戦は1-2の敗戦となった。

 厳しい結果を突きつけられるかたちになったアビスパだが、収穫もあった。左サイドバックの位置に入ったDF志知は、90分通して素早い攻守の切り替えと判断スピードの速さを見せ、J1レベルのクオリティを証明した。次戦以降、DF陣はこの試合でのDF志知のプレイを基準にしていく必要があるだろう。

 敗れこそしたものの、ここから学んだことも多いはず。長いリーグ戦はまだ始まったばかりだ。

 次のホームゲームは、3月3日(水)のルヴァンカップ・コンサドーレ札幌戦。札幌は横浜FC相手に5点を奪う快勝を演じたばかり。早速J1基準の守備が要求される、厳しい一戦になりそうだ。

【深水 央】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月05日 08:00

コロナ拡大後に「自宅で食事を食べる回数」が増えた人は35.5%~農水省の調査

 農林水産省がこのほど公表した2020年度「食育に関する意識調査」結果から、新型コロナウイルス感染症の拡大前と変化した点について、「自宅で食事を食べる回数」の増加を挙...

2021年05月05日 08:00

西鉄「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題~仲盛昭二氏、弁護士懲戒請求を提出!(7)

 前回に続き、原告側弁護士からの質問に対する仲盛氏の回答を以下に紹介する...

2021年05月05日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(前)

 『当社では現在、古賀市の食品加工団地内に3つの工場を構え、ここですべての製品の製造を行っています。一番新しい第三工場は昨年竣工したばかりなのでまだ大丈夫ですが、第一...

2021年05月05日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(4)

 1891年7月には、九州鉄道の高瀬(現・玉名駅)~春日(現・熊本駅)間が開通。このとき、植木駅、池田駅(現・上熊本駅)も同時に開業している。当初の計画では、中心地に...

2021年05月04日 08:00

九大と丸紅、医療・ヘルスケア分野などで協定締結

 九州大学と丸紅(株)は「医療・ヘルスケア」「新技術・新素材」などの分野で「連携・協力の推進に関する基本協定書」を締結した...

2021年05月04日 08:00

西鉄「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題~仲盛昭二氏、弁護士懲戒請求を提出!(6)

 前回に続き、原告側弁護士からの質問に対する仲盛氏の回答を以下に紹介する...

2021年05月04日 07:00

「業界の安売り体質を変えたい」社員がリードする関家具経営の心得(後)

 『家で過ごす時間が増え、家具と向き合う時間も増えたのだと思います。家具の新調需要などを受け、売上は堅調に伸びています。大川本店で実施した「新春プレミアムベッドフェア...

2021年05月04日 07:00

【熊本】産官学で総力を挙げて「新しい熊本を創る」(後)

 『コロナ禍で市中心部の繁華街でも空き店舗が目立つようになり、老舗ホテルや老舗アパレル店も閉業するなど、熊本市内にはやや疲弊感や閉塞感が漂っています...

2021年05月03日 08:00

香椎テイクアウト専門店で大人気 「フルーツサンドmori」博多マルイに期間限定オープン

 福岡市東区香椎の飲食店のテイクアウト商品が集まる「香椎テイクアウトステーション」で人気のフルーツサンド「フルーツサンドmori」が博多マルイに初めて出店している。5...

2021年05月03日 07:00

「業界の安売り体質を変えたい」社員がリードする関家具経営の心得(前)

 『みやき町では「女子サッカーのまち宣言」を行うなど、幅広くまちづくりに取り組まれており、元気のある自治体という印象をもっていました。そうしたなかで、昨年秋ごろにみや...

pagetop