わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月09日 16:08

無理のない経営戦略、顧客の立場で 物事を考える柔軟性を兼ね備えた企業 九州・福岡の壮健企業100社 

(株)タイヘイ

「お客様本位」であることを原点に 顧客を本当に満足させる住まいを提供

 (株)タイヘイの販売力の源泉は社員だという。たとえば、誰もが認める人柄の良さは、マンション販売において大きな強みだ。いうまでもないがマンションや住宅は、顧客にとって一生に一度の買い物だ。人柄に勝るベテランたちが相手をしてくれることは、何よりも安心感につながるだろう。彼らの物腰柔らかい丁寧な対応と説得力のあるアドバイス。これがあれば、誰しも自然体で向き合うことになる。

 どうやらそうした社員たちの気質が育まれている理由は、同社の長く勤められる居心地のよさにあるようだ。どんなに良い人材が入社してきても、続かなければ無に等しい。高い職場定着率は、経験豊かな社員を育てる一番の条件なのだ。

サンライフ企救丘駅南
サンライフ企救丘駅南

 タイヘイのスタートは1964年に遡る。貸家および建築工事を事業とした伊藤組が始まりだ。69年にはたいへい不動産管理(株)として法人化し、77年からスタートしたマンション事業では、自社オリジナルの分譲マンション「サンライフ」シリーズが顧客から高い評価を得たことで、供給実績で170棟・1万1000戸を誇るブランドに成長した。

 そして80年にはグループ会社の泰平建設(株)を設立し、88年には現在のタイヘイに社名を変更。94年には福岡支店を開設して、「サングレート」シリーズの販売を開始した。分譲マンションの「サンライフ」「サングレート」、注文住宅用地・建売住宅の「サンタウン」シリーズを提供するほか、数多くの賃貸マンションやテナント物件を手がけてきた歴史をもつ。

 同社が手がけるマンションの魅力は、そこに新しいライフステージの提案があることだ。また、賃貸物件は、そのたしかなつくりが顧客を惹きつけて止まない。しっかりとした不動産は安定した賃料収入が見込め、収益性が高いからだ。

 分譲マンションは「お客様本位であることが私たちの原点」を旗印に、注文住宅のような満足感を提供したいという。同社が謳う「オンリー・ワン・プラス」は、そこに住まう人々の生活スタイルに合わせ、さまざまにカスタマイズすることを指す。実際、「分譲マンションなのにここまで自由に設計できるのか」と、多くの顧客が驚くそうだ。

サンライフ戸畑センターステージI

無理のない経営戦略、そして顧客の立場で物事を考える柔軟性

 同社の経営の特色は、時流に流されることなく堅実な財務内容を築き上げていることにある。無理のない経営戦略、そして顧客の立場で物事を考える柔軟性。北九州でトップクラスのマンションメーカーになったのは、この2つを併せもっているからにほかならない。また、それが56年の長きにわたって続いてきた理由だ。

 設計施工の現場では、安心と快適性を追求するため、設計の段階から地質調査と構造図面チェックを入念に行い、細心の注意を払うという。施工では、耐震基準を十分にクリアする強度を確保するため地中梁配筋検査や各階梁・柱・スラブ配筋検査、スランプ・空気量検査などを行い、これでもかというほど徹底した管理監督を行う。

 もちろん、竣工・完成し、販売した後のアフターサービスも信頼を得るために不可欠だ。適切な管理なくして快適な生活は送れない。また、将来の修繕計画が堅牢でなければ安心できない。そうした声に応えるべく、独自のアフターフォローを行っているという同社。建物竣工1年目、2年目に定期検査を実施するほか、マンション運営のノウハウをもつ専門スタッフが無駄のない長期修繕計画を立てて提案していく。セキュリティーサービスの実務においては、実績ある管理会社を置くことで日々の安心が約束される。

 最初の商談からセキュリティーに至るまで、あらゆる場面において温かみのある企業姿勢で接していることが、顧客に安心感と信頼感を与えているのだ。

すべての社員がまるで家族のように、互いの表情が読みとれるほど良い規模

タイヘイ インテリジェントライフ ギャラリー
タイヘイ インテリジェントライフ ギャラリー

 冒頭でベテラン社員たちの存在についてふれたが、そんな頼りになる人材が一朝一夕に育つことはない。社員教育では、常に自分がされたら喜ぶことを教え伝えることで、心豊かな人間性を育むことに努めているという。先輩社員が新人と接していくなかで、時間をかけて伝えていく。そして付け焼き刃では真似のできない独自の伝統や社風といったものになる。

 タイヘイは決して大きな会社ではない。すべての社員が家族のように互いの表情が読みとれる程良い規模だ。社員同士のコミュニケーションが、常に円滑に行われていることも同社の魅力の1つだろう。

 年に一度の社員旅行では、下請などの取引先も一緒だという。さすがに昨年はコロナ禍のために海外へ出ることはできなかったが、「いつか、きっと」と再開を楽しみにしている。

 まずは社員が相互に絆を深め、そうして培った柔軟で豊かな心、団結力をもって顧客と向き合う。さらに充実した福利厚生が、社員たちをまとめることに一役買っていることも想像に難くない。

 経営陣が理想として掲げるのは「この会社に入って良かった」と、すべての社員たちが思えることだという。人と人とのコミュニケーションが希薄になっているという今日、同社のような存在はとても貴重だ。


<COMPANY INFORMATION>
代 表:伊藤 俊樹
所在地:北九州市小倉北区片野4-20-3泰平ビル3F
設 立:1969年5月  
資本金:4,900万円
TEL:093-931-6626
URL:http://www.web-taihei.co.jp


<プロフィール>
伊藤 俊樹
(いとう としき)
1947年12月、北九州市小倉南区生まれ。70年、泰平建設(株)(現・(株)タイヘイ)に入社。98年5月、代表取締役社長に就任。趣味はゴルフ、釣り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月13日 17:54

Robot Home 21年12月期Q1で黒字転換、通期予想は上方修正

 (株)Robot Home(東証一部、旧TATERU)は13日、2021年12月期第1四半期の決算発表を行った...

2021年05月13日 17:24

【読者ご意見】山口FG・吉村会長への内部告発状について

 NetIB-Newsでは、読者のご意見を積極的に紹介し、議論の場を提供していきたい。今回は「山口FGの吉村猛会長に対する『内部告発状』を検証する」について寄せられた...

2021年05月13日 17:15

内装業界に風穴を開ける 自ら動きアイデアを生むクリエイティブ集団

 有名企業のブランド戦略を牽引するクリエイティブデザイナー・佐藤可士和氏の個展や、飲食施設「大濠テラス 八女茶と日本庭園と。」などを手がけるクレアプランニング(株)。...

2021年05月13日 17:00

菅首相、「禁酒法」を検討?

 菅首相は饅頭に目がないとか!ところがアルコールに関しては、まったくの下戸であるという!そこで囁かれ始めたのが、「禁酒法」がだされるのではないか、という情報。 

2021年05月13日 16:55

萃香園ホテル再生へ、久留米の金子建設が名乗り

 1882年の創業以降、格調高い雰囲気にふさわしいきめ細やかなサービスで、139年にわたって愛されてきた久留米の萃香園ホテルは、事業譲渡により運営を新会社に引き継ぐこ...

2021年05月13日 16:06

岩田屋三越、21年3月期 14億円の最終赤字に

 三越伊勢丹ホールディングス傘下の(株)岩田屋三越の2021年3月期決算は、売上高が前期比21.2%減の844億1,300万円、営業赤字が10億2,000万円、経常赤...

2021年05月13日 16:01

三越伊勢丹HD、2021年3月期決算 410億円の赤字

 百貨店最大手の(株)三越伊勢丹ホールディングスは12日、2021年3月期決算を発表した...

2021年05月13日 15:52

企業倒産を追う「F-Power」~大和証券と経営陣のお家騒動の果て(前)

 福島第一原子力発電所事故から10年。電力業界に大きなインパクトを与えたのが小売全面自由化だ。電力小売は2000年から段階的に大手電力以外にも解禁されてきたが、16年...

2021年05月13日 15:36

山口FGの吉村猛会長に対する「内部告発」を検証する (4)

 内部告発状は「3.女子行員Aとの関係」について、次のように記述している。「吉村猛氏は女子行員と不適切な関係を結んでいました。吉村猛の家族にもその事実は知られていて、...

2021年05月13日 13:53

ソフトバンクグループ、2021年3月期連結 国内で過去最高の純利益

 ソフトバンクグループは12日、2021年3月期連結決算を発表した。売上高5兆6,281億円(前期比7.4%増)、当期純利益4兆9,879億円(前年は9,615億円の...

pagetop