わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月13日 10:25

【佐賀】物流拠点続々 鳥栖JCT半径10㎞圏に大型物流施設相次ぐ

シンガポール企業も進出~延床面積は23万m2

 福岡市・糟屋郡圏とともに九州の物流拠点になっている鳥栖JCTから半径10km圏に大型物流施設の立地や進出が相次いでいる。コロナ禍が長期化したことによるEC(電子商取引)需要の拡大と、頻発する大規模災害を念頭にした集積拠点づくりが背景にあるとみられる。

 九州を南北に走る高速道が交差する鳥栖JCTを起点に半径10km圏では、鳥栖市の日清製粉鳥栖工場跡地に三井不動産(東京都中央区)の九州2カ所目になる「ロジスティクスパーク鳥栖(MFLP鳥栖)」が完成した。

 施設は1棟に複数企業が入居可能なマルチテナント型。2階建で延床面積約3万5,000m2。国道3号線沿いに面し鳥栖ICまで400mほど。南西側のほぼ隣接地にJR貨物の鳥栖貨物ターミナル駅(JR九州・田代駅)がある。恵まれた立地条件からすでに複数のテナント企業が出入りしている。

 同市では4月30日にはフランスベッド鳥栖物流倉庫跡地に大和ハウス工業(大阪市)の「DPL鳥栖」も完成する。こちらもマルチテナント型施設で最大3社の受け入れが可能という。2階建、延床面積約5万m2。福岡市と久留米市を結ぶ県道17号(鳥栖・筑紫野道路)沿いで九州新幹線・新鳥栖駅から東側に約1,100m。鳥栖ICまでは4kmほど。同社と鳥栖市は、災害発生時にDPL鳥栖の一部を住民の一時避難場所に開放する協定を結んでいる。

佐賀 物流倉庫 MFLP鳥栖 DPL鳥栖
日清製粉鳥栖工場跡地に3月完成した
三井不動産の「MFLP鳥栖」(左/佐賀県鳥栖市原町)、
フランスベッド鳥栖物流倉庫跡地に4月30日完成予定の
ダイワハウス工業の「DPL鳥栖」(右/鳥栖市宿町)

▼関連記事
九州最大級の物流施設、
筑紫野ICそばに23年初め完成(前)

 九州自動車を鳥栖JCTから北に9.4km進んだ筑紫野IC。20年11月、シンガポールのメープルツリー・インベストメント日本法人(東京都品川区)が、九州最大級の物流施設「メープルツリー筑紫野ロジスティクスセンター」の建設計画を発表した。

 現場は筑紫野ICから西側約1kmの天拝湖そば。4階建の賃貸施設2棟を建てる。延床面積は合わせて約23万2,000m2。敷地も11万6,000m2と広大だ。計画では、テナントにEC関連会社や自動車関連会社などを想定。着工時期は未定だが、1棟目は23年初めの完成を予定する。

物流拠点のさらなる増設も

福岡県小郡市「工業・物流施設集積ゾーン」
福岡県小郡市の「工業・物流施設集積ゾーン」
として開発中の大分道小郡IC北側の隣接地
=小郡市山隈

 鳥栖JCTから東側に6.1km走った福岡県小郡市山隈の大分自動車道・筑後小郡IC。同ICの北側から県道久留米・筑紫野線の西側にかけての一帯は、同市が工業・物流施設の集積ゾーンと位置付け、民間資金で開発工事が進んでいる。

 同エリアの一角に米系物流不動産プロロジス日本法人(東京都千代田区)が1月、日本ロジテムグループの福岡ロジテム(福岡県宇美町)のニーズに合わせたBTS型物流施設「プロロジスパーク小郡」の建設を発表した。2階建で延床面積は約2万7,000m2。6月に着工し来年6月に完成する見通し。

 さらに3月、CRE(東京都港区)も同エリアで約1万6,000m2を取得、物流施設「ロジスクエア福岡小郡」の建設計画を発表した。今のところマルチテナント型施設とBTS型施設の双方を両にらみしており、延べ床面積も1万8,000m2―2万4,000m2と幅をもたせている。22年の夏に建物工事に入り、23年夏の完成を予定する。

 この圏内では九州自動車道鳥栖IC―久留米IC間に味坂スマートインター(仮称)が2024年度中の開通を目指して工事が進んでいる。福岡市・糟屋郡圏に比べると農業の低迷で土地確保が容易とみられ、物流施設の立地がさらに増える可能性がある。

【南里 秀之】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月05日 08:00

コロナ拡大後に「自宅で食事を食べる回数」が増えた人は35.5%~農水省の調査

 農林水産省がこのほど公表した2020年度「食育に関する意識調査」結果から、新型コロナウイルス感染症の拡大前と変化した点について、「自宅で食事を食べる回数」の増加を挙...

2021年05月05日 08:00

西鉄「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題~仲盛昭二氏、弁護士懲戒請求を提出!(7)

 前回に続き、原告側弁護士からの質問に対する仲盛氏の回答を以下に紹介する...

2021年05月05日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(前)

 『当社では現在、古賀市の食品加工団地内に3つの工場を構え、ここですべての製品の製造を行っています。一番新しい第三工場は昨年竣工したばかりなのでまだ大丈夫ですが、第一...

2021年05月05日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(4)

 1891年7月には、九州鉄道の高瀬(現・玉名駅)~春日(現・熊本駅)間が開通。このとき、植木駅、池田駅(現・上熊本駅)も同時に開業している。当初の計画では、中心地に...

2021年05月04日 08:00

九大と丸紅、医療・ヘルスケア分野などで協定締結

 九州大学と丸紅(株)は「医療・ヘルスケア」「新技術・新素材」などの分野で「連携・協力の推進に関する基本協定書」を締結した...

2021年05月04日 08:00

西鉄「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題~仲盛昭二氏、弁護士懲戒請求を提出!(6)

 前回に続き、原告側弁護士からの質問に対する仲盛氏の回答を以下に紹介する...

2021年05月04日 07:00

「業界の安売り体質を変えたい」社員がリードする関家具経営の心得(後)

 『家で過ごす時間が増え、家具と向き合う時間も増えたのだと思います。家具の新調需要などを受け、売上は堅調に伸びています。大川本店で実施した「新春プレミアムベッドフェア...

2021年05月04日 07:00

【熊本】産官学で総力を挙げて「新しい熊本を創る」(後)

 『コロナ禍で市中心部の繁華街でも空き店舗が目立つようになり、老舗ホテルや老舗アパレル店も閉業するなど、熊本市内にはやや疲弊感や閉塞感が漂っています...

2021年05月03日 08:00

香椎テイクアウト専門店で大人気 「フルーツサンドmori」博多マルイに期間限定オープン

 福岡市東区香椎の飲食店のテイクアウト商品が集まる「香椎テイクアウトステーション」で人気のフルーツサンド「フルーツサンドmori」が博多マルイに初めて出店している。5...

2021年05月03日 07:00

「業界の安売り体質を変えたい」社員がリードする関家具経営の心得(前)

 『みやき町では「女子サッカーのまち宣言」を行うなど、幅広くまちづくりに取り組まれており、元気のある自治体という印象をもっていました。そうしたなかで、昨年秋ごろにみや...

pagetop