2021年12月09日( 木 )
by データ・マックス

オリンピック関係の入国がいよいよ本格化

タクシー運ちゃん、恐々、ビクビク

 11日、午後2時、銀座から羽田に向かってタクシーに乗った。車内での一コマ。

 タクシー運転手「今日、オリンピック関係者のお客さまを4回、国際線ターミナルから運びました」と語るが、心が弾んでいる様子ではない。オリンピック関係者はタクシーチケットで支払うようで、決済に不安はない。不安があるとすればコロナ感染の可能性である。「後部座席のお客さまの健康状態について気が気ではない。とくに後進国の人たちに対しては非常に強く警戒している。強力なコロナウイルスにやられれば一発で成仏しなければならない」と本音を洩らす。

 オリンピック何事もなく終わってほしい。しかし、無事ではすまないだろう。

関連記事