• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年07月21日 06:00

百貨店4社の販管費、大幅に減る 減収で率は上昇

 九州百貨店4社の前期決算における販管費を調べたところ、売上の激減に対応し4社とも大幅に削減、削減率の最高は博多大丸の20.1%減だった。それでも減収に追い付かず、4社とも販管費率は上昇し経常赤字に転落した。

 井筒屋は期中に黒崎店を閉鎖したことや、前年のコレットと宇部店撤退もあって17.5%削減した。販管費率は22.88%と4社中最も低く、先行して取り組んだ構造改革の成果を見せた。

※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop