2021年12月01日( 水 )
by データ・マックス

山口FG・山口銀行内は厳戒態勢?~吉村猛取締役の件はアンタッチャブル(3)

 6月25日に代表取締役会長兼CEOを解任された吉村猛取締役。今般の一件については、間もなく3週間が過ぎようとしているものの、まだ同社本部および山口銀行本店内では、不穏な雰囲気が続いているという。当社・特別取材班は、同社社員および同社OB複数の証言を得た。

6.椋梨社長兼CEOへ期待することは何ですか?もしくは椋梨CEOは吉村取締役の傀儡であるが、吉村取締役とは異なる経営手腕を発揮することができるのでしょうか?

  • 準備不足で社長になったため、すぐにリーダーシップを取れるとは思えない。グループ3銀行には快く思っていない役員しかいない。
  • 卓越した実績やリーダーシップがあって抜擢されたわけではない。支店長の後にYMZOP((株)YMFG ZONEプラニング)の社長をやっただけ。YMZOPは行政相手の商売。地方創生に乗っかって助成金で稼いでいるようなもの。基本的には税金で食わせてもらっている会社。
  • もう少し経験を積んでトップになるべきだった。本人の責任ではないので、気の毒ではある。
  • 吉村のパワハラが内部告発されているが、椋梨も相当なパワハラをやっていたことで有名。3月末に椋梨と同じく吉村に登用された執行役員が内部告発で退任に追い込まれており、パワハラをする人物しか登用されないのかと思ってしまう。
  • もはや企業文化としてパワハラが根付いているとしか思えない。普段の会話で「(人に対して)詰める」なんて言葉が使われる企業は、そうそう残っていない。
  • 「詰める」ことは立派な仕事だと信じ込んでいて、犯罪行為という自覚がないのだろう。時代錯誤もいいところ。このカルチャーを変えない限り、この会社に未来はないのではないか。
  • 能力のない人物ほど、そういうものに頼りがち。人材の質が低いのではないか。

7.さらに踏み込むと、椋梨CEOはこれまでの企業風土を一掃し、田中─吉村の我欲に堕ちた理不尽で専横経営は改善する胆力はあるのでしょうか?

  • やはり、リーダーシップがないので難しいのではないか。先輩である銀行役員を敵に回してでもやるという気概はないだろう。
  • そんな熱意をもって役員になったわけでも、社長に上り詰めたわけでもない。逆説的だが、吉村のようなトップへの執着が生まれればやる気になるかもしれない。その場合、成功しても田中、吉村の再現となる気がするが・・・。
  • トップだけではなく、上司の顔色をうかがってばかりの役職員全員に問題がある。

8.吉村取締役の愛人は今どういう毎日なのか?おとなしくしているのか?開き直ってやりたい放題?もしくは行方不明?まだ愛人関係が続いているのでしょうか?

  • 会社で見掛けていない気がするが異動になったわけではないようだ。
  • 吉村同様、見掛けていないが何をしていることやら。彼女も東京が大好きなので、東京で転職活動でもしているのかもしれない。

9.吉村取締役・愛人の今後の処遇についてはいかがでしょうか?

  • 人事も強気の姿勢には出られないだろう。本人は本部以外を受け入れないのではないか。
  • ほとぼりが冷めるまで本人が大好きな東京支店でいいのではないか。喜んでいくような気がするのだが・・・。
  • 本来であれば雑巾がけからやり直すべきだろう。小規模な支店からやり直すべきだ。

(つづく)

【特別取材班】

(2)
(4)

関連記事