• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年07月26日 12:02

有沿道路の佐賀福富道路の全線つながる~佐賀県初の全線開通区間

 福岡県大牟田市と佐賀県鹿島市を結ぶ自動車専用道「有明海沿岸道路」(有沿道路)の一環、佐賀福富道路芦刈南IC―福富IC間の3.5kmが7月24日午後3時に開通した。この結果、有沿道路の佐賀県区間では佐賀福富道路が最初の全線開通になる。

佐賀県の有明海沿岸道路。佐賀福富道路は芦刈南IC―福富IC間の開通で嘉瀬南IC―福富IC間がつながった。手前は福富鹿島道路。
佐賀県の有明海沿岸道路。佐賀福富道路は芦刈南IC―福富IC間の開通で嘉瀬南IC―福富IC間がつながった。
手前は福富鹿島道路。

 有沿道路は大牟田市と鹿島市間の延長約55km。福岡県区間は3月14日、三池港IC(大牟田市)―大野島IC(大川市)間の27.5kmが全線開通した。これに対し佐賀県区間は大川佐賀道路(延長約9km)、佐賀福富道路(延長10.5km)、福富鹿島道路(延長約10km)に分けて工事を進めている。

 佐賀福富道路は佐賀県が2001年度に事業着手。嘉瀬南IC(佐賀市嘉瀬町)―久保田IC(佐賀市久保田町)間1.7kmが11年3月に開通したのを皮切りに、部分開通2回の後、今回の芦刈南IC(小城市芦刈町)―福富IC (白石町福富) 間の開通で全線がつながった。通行無料の自専道。速度制限は時速60~80km。

 開通区間には単独の河川橋梁では佐賀県最長の「六角川(ろっかくがわ)大橋」(全長982m)が六角川に架かる。佐賀福富道路の開通に要した費用は580億円。国55%、佐賀県45%の割合で負担した。

単独の河川橋梁では佐賀県最長982mの「六角川大橋」。
単独の河川橋梁では佐賀県最長982mの「六角川大橋」。
芦刈南IC付近から「六角川大橋」に延びる佐賀福富道路。
芦刈南IC付近から「六角川大橋」に延びる佐賀福富道路。

 今後、有沿道路の整備は、国交省が担当する佐賀空港方面に延びる大川佐賀道路・大野島IC―諸富IC(佐賀市諸富町)間の1.7kmが22年度開通の予定。佐賀県は有沿道路と唐津市方面の唐津佐賀道路が分岐する佐賀JCТから佐賀市鍋島町の国道34号線を結ぶ4.2kmを佐賀道路として工事を進める。

 鹿島市に延びる福富鹿島道路は、環境影響評価を終了しており、道路のルートや幅といった詳細設計の段階。佐賀県道路課は「着工は、鹿島市側からになるか、佐賀福富道路との接続側からになるか、時期を含めて決めていない」と話している。

【南里 秀之】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop