2022年06月25日( 土 )
by データ・マックス

中国経済新聞に学ぶ~日本企業が中国介護市場に続々参入、認知症ケアが介護分野協力の突破口に(前)

 人は年齢が上がるほど認知症になる確率が高まる。これは医学の世界では争えない事実であり、そのうちよく知られたアルツハイマー病は認知症の代表的な病気だ。

 日本は1990年代に世界に先駆けて高齢化社会に突入した。それから30年あまり、退職年齢の段階的な引き上げにしても、高齢者の退職後の生活の質の確保にしても、日本は「高齢者に優しい社会」の構築を模索し続けている。そのなかには、急速な高齢化がもたらす認知症患者の増加リスクへの対応も含まれる。中国でも、認知症のリスクがますます注目されるようになってきた。

 日本の認知症研究の第一人者の長谷川和夫氏は、74年に認知症診断の基礎となる「長谷川式簡易知能評価スケール」を開発し、今や世界的に幅広く使用される認知症初期のスクリーニング検査のツールの1つとなっている。一方、3年前、90歳近くになった長谷川氏は長年研究してきた認知症を自らも発症し、嗜銀顆粒性認知症(AGD)であることを公表すると、日本社会で大きな反響を呼んだ。

 急速に高まる認知症のリスクに対処するため、日本政府は2019年に「認知症施策推進大綱」を可決した。同大綱の策定は、アルツハイマー病を含む認知症の問題が日本の国家戦略の一部に格上げされたことを示しており、関連の研究や治療に大きなサポートを提供することになった。

 日本企業の責任者は取材に、「認知症のケアで、日本政府はこれまでにも一連の対応による総合的措置を打ち出しており、そのなかには専門の医療従事者の育成、新薬の研究開発、定期的な自宅訪問サービス、家庭での介護の担い手への支援が含まれる」と話した。

 薬物治療で朗報がある。6月7日、米食品医薬品局(FDA)は日本の製薬会社エーザイと米製薬会社バイオジェン社が共同開発したアルツハイマー病の新治療薬「アデュカヌマブ」を承認した。これまで症状を一時的に和らげる薬はあったが、疾病発生の原因に働きかけて認知機能の悪化を遅らせる薬は世界初だ。分析によると、18年後に米国はアルツハイマー病の新薬を承認するとみられ、高齢化が進む世界が認知症に対応するうえで大きな影響を与えると予想される。

 6月末、バイオジェン、エーザイ、米製薬会社のイーライリリー・アンド・カンパニーが開発したアルツハイマーの新薬2種類も、相次いで飛躍的な治療法として承認を受けたことが発表された。

(つづく)


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
(株)アジア通信社
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

(後)

関連記事