2022年05月25日( 水 )
by データ・マックス

調査報告書の発表延期~山口FG「変わらぬ企業体質」

 (株)山口フィナンシャルグループ(本社:山口県下関市、代表:椋梨敬介)は、「新銀行設立にかかる案件のすすめ方」についての社内調査本部を設置し、調査を実施した。

 当初は9月30日に調査報告書を発表する予定だったが、10月7日に延期して報告・発表するとリリース。しかし、10月7日に発表されたのは、「継続審議に関するお知らせ」だった。

山口フィナンシャルグループ 同社は、そのお知らせのなかで「本日開催の臨時取締役会において、(社内調査本部)調査報告書の内容を精査の上、その提言を受けた当社の対応方針を審議・決定することとしておりましたが、当該対応方針については、時間的な制約がある中で取締役会の場で様々な建設的なご意見をいただきましたので、当社のコーポレート・ガバナンスの実効性を高める対応方針を決定すべく更に慎重な審議を行うために取締役会にて審議を継続することといたしました」とコメントしている。

 同社内部の関係者によると、「調査報告書では新銀行だけでなく、SBI証券との提携に関しても問題があったと指摘しているようです。取締役に残っている吉村が、抵抗して紛糾しているのではないかと…トップが変わっても『体たらく企業体質』は変わりませんね」と嘆く…。

 同社は、調査報告書を発表する日を明らかにしていない。再建の道は、まだまだ遠いと言わざるを得ない。

【河原 清明】

関連記事