2024年06月20日( 木 )

西日本シティ銀行、銀行アプリで通帳再発行など可能に

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

西日本銀行アプリ 西日本シティ銀行は8日、紛失した通帳やキャッシュカードの再発行、住所・電話番号の変更といった手続きがインターネット上で可能になる機能をスマホ向け「西日本シティ銀行アプリ」に追加する。地銀では全国初の取り組みという。

 このサービスは、同行や京都銀行、山陰合同銀行、大分銀行など全国の地銀13行が参加するNTTデータの「地銀共同センター」のサービスメニュー拡大にともなうもの。対象は普通預金口座、貯蓄預金口座のキャッシュカードを発行済みの個人・個人事業主。普通預金口座は紛失・盗難に遭った通帳を再発行せず、ウェブ口座への切り替えができる。ただし、融資、当座勘定、投資信託といった取引は来店手続きが必要となる。

 今後、NTTデータは「地銀共同センター」に組み込んだAIエンジンとデータベース管理システムを利用して、参加行へのサービスメニューをさらに追加する。11月中に住宅ローンの受付、12月中に投信口座とNISA口座の開設、来年3月末までに消費者ローン審査承認後の融資実行などが、ウェブ上で可能になるという。これらのサービスを追加する時期は、参加行の判断に委ねられる。

【南里 秀之】

関連記事