2022年01月25日( 火 )
by データ・マックス

女子卓球チーム「九州アスティーダ」のメインスポンサーに決定

 10月13日、女子卓球チーム「九州アスティーダ」のメインスポンサーとして名乗りを上げた(株)グリーンクロス。久保孝二社長は「スポーツを応援するという風土づくりのもと、従業員のモチベーションを高めつつ、Tリーグ全体を応援していきたい」という。

注目集める「卓球」

川面創社長(左)とグリーンクロスの久保孝二社長
川面創社長(左)とグリーンクロスの久保孝二社長

 東京オリンピックでは水谷準・伊藤美誠ペアの混合ダブルス金メダル獲得で盛り上がった卓球。マイナースポーツのイメージがあるが、日本の競技人口は約800万人を擁する、国内屈指の人気スポーツだ。9月9日には卓球「Tリーグ」の男子、10日には女子が開幕し、今期から福岡を拠点とする女子チーム「九州アスティーダ」の新規参入が決定した。九州から初めて「Tリーグ」に参戦するチームの誕生ということで大きな注目を集めている。その「九州アスティーダ」のメインスポンサーに名乗りを上げたのが、安全機材・保安用品の販売およびレンタルを手がける(株)グリーンクロスだ。この契約締結により、ユニフォームの胸部分に「グリーンクロス」のロゴが、左肩には同社の製品マスコットキャラが掲載される。契約は1年間。10月16日に福岡県久留米市で開催されたホームゲームから社名入りのユニフォームが着用された。

「縁」を大切に

 グリーンクロスは業界のトップランナーで、本社は福岡ながら全国展開を図っている有力企業。業績も増収増益と右肩上がりで、連結売上高は2021年4月期で184億円と200億円に迫るなど、毎期10億円を超える伸びを見せている。経常利益も約14億円と高水準だ。同社は以前から、スポーツ競技者を「アスリート社員」として採用している。同社の久保孝二社長は「縁があって知り合った九州アスティーダの川面創社長の熱意に共感したこと、また卓球というスポーツに今後の可能性を感じたことがスポンサーになった決め手」と語る。

 「九州アスティーダ」は「ONE九州」を掲げ発足したもので、福岡を拠点としながらも九州全県でのホームゲーム開催を目指している。その目的は競技の裾野を広げ、多くの子どもたちに卓球選手になる夢をもってもらいたいという思いがあるからだ。現在は初年度Vを狙って奮闘中だ。

【緒方 克美】


<COMPANY INFORMATION>
(株)グリーンクロス

代 表:久保 孝二
所在地:福岡市中央区笹丘1-17-29
設 立:1971年7月
資本金:6億9,726万円
売上高:(21/4連結)183億9,700万円
TEL:092-737-0370 
URL:https://www.green-cross.co.jp

関連キーワード

関連記事