2022年05月24日( 火 )
by データ・マックス

【久留米市長選】原口しんご(新五)元市議、激戦制す

 大久保勉久留米市長の任期満了にともない23日、久留米市長選挙が行われた。

 当日はあいにくの雨。新人4名が立候補し、有力候補として挙げられていたいずれも前・福岡県議会副議長の十中大雅氏と前久留米市議会議員の原口しんご(新五)氏の一騎討ちになると見られていた。

 即日、投開票が行われ、原口氏が当選を確実にした。

 原口氏は実兄の原口剣生氏が自民党福岡県連会長という実力者であり、その支援を得て十中氏を振り切った。原口氏は「本当に皆さま、ありがとうございました。水害やコロナなど本当に苦しく、難しい選挙でした。これから4年間、応援して良かった、支持して良かったと思っていただけるように、一生懸命、職務にあたらせていただきます」と、感謝と力強い決意を述べた。

 原口氏は1960年4月生まれ、久留米市出身。福岡大学中退。1989年久留米市議会議員初当選(8期)。同市議会議長を2回、副議長を1回歴任している。

【内山 義之】

関連キーワード

関連記事