2022年05月28日( 土 )
by データ・マックス

ブラック企業に対抗する正攻法

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は法で保障されている権利を労働者は堂々と行使すべきと訴えた1月24日付の記事を紹介する。

私が解説委員を務めている

ニューズ・オプエド
https://op-ed.jp/

1月19日放送で

「アリ地獄天国」
https://www.ari2591059.com/

というタイトル映画が紹介された。

番組にはこの映画を制作した土屋トカチ監督が出演した。

映画.comではこの作品を次のように紹介している。
https://eiga.com/movie/92399/

「30代の現役正社員による3年におよぶ労働争議の密着したドキュメンタリー。

長時間労働を強いられ、事故や破損を起こせば会社への弁済で借金漬けになる状況から、社員たちが自分たちの状況を「アリ地獄」と自嘲する引っ越し会社。

34歳の営業職・西村有さん(仮名)は、会社の方針に異議を唱えて、個人加盟の労働組合(ユニオン)に加入する。

ユニオンに加入した西村さんに会社はシュレッダー係への配転を命じ、給料は半減、西村さんは懲戒解雇にまで追い込まれてしまう。

ユニオンの抗議によって、解雇は撤回されたものの、復職後もシュレッダー係のままで、会社に反省の色は見られなかった。

監督は「フツーの仕事がしたい」など労働問題に関する映像作品を数多く手がけてきた土屋トカチ。」

貧困ジャーナリズム賞2019
第20回ニッポン・コネクション第1回ニッポン・オンライン賞(ドイツ)
第2回ピッツバーグ大学日本ドキュメンタリー映画賞 グランプリ(アメリカ)
門真国際映画祭2020ドキュメンタリー部門優秀作品賞
福井映画祭14TH長編部門観客賞
2020年・第94回キネマ旬報ベスト・テン文化映画ベスト・テン第8位
第1回日本の窓ドキュメンタリー映画祭 2021賞受賞(フランス)

など、多くの受賞歴を有する。

今回、新たにDVDの販売が開始され、その告知を兼ねて番組で紹介された。

https://www.ari2591059.com/dvdanantstrikesback

草の根のドキュメンタリー作品。

貴重な活動を支援する意味でDVD販売に協力いただければありがたく思う。

見て良かったと必ず思える優れた作品だ。

映画の主人公西村さんは苦境に対して力強く立ち向かってゆく。

誰でも心が折れてしまうような状況のなかにあって、明るく気丈に振る舞う。

劣悪な労働環境。

会社の非人道的な対応に対して、ひるむことなく立ち向かってゆく。

その支えになっているのが、家族であり、映画を制作する土屋氏であり、そして労働組合だ。

西村さんが個人で加入した労働組合はプレカリアート。

たった1人でも加入できる労働組合。

https://www.precariat-union.or.jp/

プレカリアートのサイトを見ると、

「誰でも1人から加入できる労働組合」

「非正規雇用・若年正社員 働く人の駆け込み寺から砦へ」

と記載されている。

映画ではプレカリアート執行委員長である清水直子氏の力強い行動が描かれる。

日本の労働法制は労働者の権利をしっかりと守る体制を整えている。

企業は団体交渉を拒絶することができない。

労使の紛争が労働委員会に持ち込まれれば企業は真摯な対応を強制される。

西村さんがたった1人でも闘ってゆけたのは労働者を守る法制があり、その法制に基く労働組合の力強い行動があったから。

同時に、映画製作で事実が確実に記録に残されたことも大きい。

労働組合にも加入せず、映像記録も残さずに、たった1人で企業に立ち向かっても押し潰されてしまう。

清水執行委員長が率いる労働組合の精力的な活動が着実に成果を上げる。

新自由主義が大手を振って闊歩する時代。

労働者はいかにして我が身を守ることができるか。

実は日本の労働法制が備える力強い労働者保護の仕組みが十分に知られていない。

映画は日本に存在する力強いセーフティネットの一端を垣間見せるものになっている。

その意味でこの映画は「資本家が絶対に見せたくない映画」であり、逆にいえば、すべての労働者が必ず見る必要のある映画であるといえる。

私たちは教科書で「戦後民主化」を習った。

財閥解体、農地解放、労働組合育成

が戦後民主化で成し遂げられたと習った。

日本の戦後民主化がなされた時期は1945年から1947年。

敗戦直後の2年間に脅威のスピードで民主化措置が敢行された。

その戦後民主化の集大成が日本国憲法だ。

日本国憲法が施行されたのは1947年5月。

いまも憲法記念日として重要視されている。

ところが、「戦後民主化」はその後に大いなる試練に直面する。

本当の意味で「民主化」が断行されたのは反省直後の2年間に限られる。

その後に大転覆が発生した。

これを「逆コース」と呼んでいる。

1947年3月12日、当時の米国大統領ハリー・S・トルーマンが「共産主義封じ込め政策 (Containment)」を示す特別教書演説を行った。

これが「トルーマン・ドクトリン」と呼ばれるもの。

米国の外交政策の基本が「共産主義封じ込め」「ソ連封じ込め」に転換した。

これに連動してGHQの対日占領政策の方針も大転換した。

※続きは1月24日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」「ブラック企業に対抗する正攻法」で。


▼関連リンク
植草一秀の『知られざる真実』

関連記事