2024年06月16日( 日 )

五洋食品産業 舛田圭良氏が代表取締役に復帰

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

五洋食品産業    五洋食品産業(福岡県糸島市、東証PRO、崎原正吾代表)は22年2月2日、同社内のプレゼンルームで臨時株主総会を開催。上場廃止申請や新たな取締役の選任などを決議した。同日付けで東京証券取引所へ上場廃止を申請し、3月4日に上場廃止となる予定。
 また、前代表の舛田圭良氏と三井物産グループ3名を新たな取締役に選任。舛田氏が代表取締役に復帰することも決まった。同社は三井物産の子会社として新たな経営陣で再スタートを切ることになる。崎原正吾氏は辞任により取締役を退任する。

 同社は21年8月27日の株主総会で、筆頭株主であるファンドが取締役選任に関して修正動議を提出。同社の顔ともいえる代表の舛田氏が解任される事態となった。敵対的買収の危機に晒された同社だったが、ファンドの強引な手法に非難の声が挙がったこともあり、ファンドが予定していた売却先企業との交渉に失敗。一転してホワイトナイトとして登場した三井物産と舛田氏連合への売却を決めた。これを受けて三井物産は10月15日、TOB(株式公開買付け)により五洋食品産業を約13億円で買収することを発表。舛田氏以外が所有するすべての株式の取得と非公開化することを表明し、12月2日にTOBを終了していた。

 新経営陣は下記の通り。

 代表取締役:舛田 圭良
 取 締 役:佐東 宗秀
 取 締 役:池田 大紀
 取 締 役:佐々木 忍

【緒方 克美】

関連キーワード

関連記事