2022年06月30日( 木 )
by データ・マックス

【投稿】長崎県知事選「現職の敗北理由はIRではない」

 NetIB-Newsでは、読者のご意見を積極的に紹介し、議論の場を提供していきたい。
 今回は「【IR福岡・特別連載】長崎県知事選 500票差は「福岡IR」?」の記事に寄せられたご意見を紹介する。 

この記事はどなたが書いたのか存じ上げませんが、まったくの的外れです。

今回の知事選で現職が敗れた原因は

(1)現職が昨年11月末頃に「次は出ない」といった。
   出るはずだった副知事が奥さんの反対で「出ない」となった。

(2)自民党長崎県連が分裂したことも大きい。国会議員が県連の意向を無視して早々と大石応援に回った。

(3)国会議員に反発した県議は現職を応援したが、国会議員に対する口撃に終始して現職の実績や政策を訴えることが少なかった。

(4)若さに対する期待感と4期目ということで「もういだろう」と思う県民が多かった。

以上のようなことで現職は負けるべくして負けた。

IRのことは票に関係するほどのことではなかったと思われます。

関連記事