2024年04月15日( 月 )

相場操縦でSMBC日興証券社員4人を逮捕 東京地検

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 東京地検特捜部は4日、不正な株取引をしたとして、SMBC日興証券(東京都千代田区)の専務執行役員でエクイティ本部本部長のヒル・トレボー・アロン容疑者(51)、エクイティ本部副本部長のアヴァキャンツ・アレクサンドル(44)容疑者、自己売買部門のエクイティ部部長の山田誠(44)容疑者、大株主を担当するエクイティ・プロダクト・ソリューション部(現・ストラクチャード商品部)部長の岡崎真一郎(56)容疑者の4人を金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で逮捕した。同社本社の家宅捜索も行われた。

 2019年12月~20年11月、東証一部上場の5銘柄について、市場が閉まる直前に指し値で買い注文を大量に入れるなどして、終値が前日よりも大幅に下落しないように操作した疑いが持たれている。

 ソリューション部には事前にブロックオファーの取引日や対象銘柄の情報が入り、売却予定日に全国の支店を通じて投資家を募集するという。エクイティ部との情報共有は行われないとされている。しかし、情報を共有してエクイティ部が自社資金で買い支え、取引不成立を回避していたとみられている。5銘柄は(株)小糸製作所、(株)モスフードサービス、アズワン(株)、(株)ファイバーゲート、(株)京葉銀行。これらはSMBC日興証券が扱うブロックオファー取引の対象だった。

 【表】は、SMBC日興証券が不正に株価操作した5社の株価推移表である。同社が不正に株価操作したのは19年12月~20年11月の1年間。5社の20年6月と21年6月の株価推移を見ると、20年6月の出来高が乱高下しており、不正に株価操作していることが読み取れる。

▲クリックで拡大▲

 20年6月12日の5社の出来高は前日から大きく増加。大幅な下げを食い止めるために全銘柄を株価操作したものと推測される。

 20年6月19日の5社の出来高も前日から大きく増加している。小糸製作所・アズワンの2社は下げを食い止めるための買いであり、モスフードサービス・ファイバーゲート・京葉銀行の3社はさらに株価を上昇させるための買いとみられる。また、5社の株価が前日比で大きく増加している日は、個別に不正な株価操作をした可能性も否定できない。

 金融商品取引法は、株価を安定させる目的で株を売買したり、特定銘柄の売買に他者を誘引したりすることを相場操縦として禁じている。違反した場合、10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金などが科される。法人に7億円以下の罰金を科す両罰規定も設けられている。

 SMBC日興証券には、弁護士を含む第三者委員会を設置して改善策をまとめ、再発防止と信頼回復に取り組むことが求められる。

【(株)データ・マックス顧問 浜崎 裕治】

 

関連キーワード

関連記事