2022年05月28日( 土 )
by データ・マックス

久留米初のPark-PFI事業、くるめるが今夏オープン

久留米初のPark-PFI事業、くるめるが今夏オープン

 不動産からボウリングなどのレジャー、農業まで、多岐に渡り事業を展開する高橋(株)(久留米市諏訪野町、高橋彦太郎代表)は、久留米の新たなランドマークを目指し建設中の施設「KURUMERU(以下、くるめる)」を、7月2日(土)にオープンすると発表した。

 くるめるは、市民の憩いの場として愛されている中央公園(約23.8ha、野球場やテニスコートなども備える)内の、芝生広場の一角に整備される交流拠点。

 カフェやヨガ教室、セミナーが開催可能なライフスタジオを備えるほか、施設周辺では地元久留米の食材を活用したマルシェなど、地域と連携したイベントが行われる予定となっている。

くるめるでは自然を身近に感じながら交流を楽しめる
くるめるでは自然を身近に感じながら交流を楽しめる

 くるめるを中心に、6つの広場が放射状に広がるような空間設計が採用されており、利用者が施設と各広場を周遊しやすいようになっている。

 また、くるめるは久留米市が推進している官民連携魅力創出事業の第一弾事業であり、久留米市と、高橋(株)ともに、初のPark-PFI事業()への挑戦となっている。

 新たな交流拠点としてだけでなく、誰かの「やりたい」「感じたい」「出会いたい」「学びたい」を叶えることができるコミュニティ機能としての役割も期待されており、久留米の食・文化・自然の魅力が利用者に伝わる施策やイベントを通して、その実現を目指す。

 地域に根ざした「ハブ」となる公園として、久留米の新たなランドマークとなるのか、注目される。

<くるめる概要>
運営主体:高橋(株)
名 称 :KURUMERU(くるめる)
所在地 :福岡県久留米市東櫛原1752-1
     (久留米市中央公園内)
面 積 :約300m2
構 造 :木造平屋建 地上1階
店 舗 :カフェ、ライフスタジオ、
     屋内・屋外休憩スペース、
     フリースペース
駐車場 :30台 
駐輪場 :44台

※Park-PFI:2017年の都市公園法改正により新たに設けられた、飲食店や売店などの公園利用者の利便の向上に資する公募対象公園施設の設置と、当該施設から生ずる収益を活用してその周辺の園路、広場などの一般の公園利用者が利用できる特定公園施設の整備・改修などを一体的に行う者を、公募によって選定する「公募設置管理制度」のこと。都市公園における民間資金を活用した新たな整備・管理手法として、制度が創設されて以降、採用事例が増えている。 ^

【代 源太朗】

関連記事