2022年06月26日( 日 )
by データ・マックス

120名が快音響かせる 「第49回マックス会ゴルフコンペ」

 5月20日、(株)データ・マックス主催の「第49回マックス会ゴルフコンペ」が、福岡雷山ゴルフ俱楽部(福岡県糸島市)で開催された。

 今回のゴルフコンペは、グロス80を切る凄腕プレーヤー6名に加え、80以上~90以下も28名というハイレベルな戦いとなった。激闘を制してダブルペリア方式による総合優勝をはたしたのは、松山建設(株)の津田満氏(NET70.6)。準優勝は(有)旺信の中尾健哉氏(NET70.8)で、女性の部では、山本加奈子氏(NET73.4)が優勝した。また、ベストグロス賞は(株)藤食糧の藤本幸宗氏が獲得した(グロス72)。

第49回マックス会ゴルフコンペ

 コンペ終了後には、「ホテルモントレ ラ・スール福岡」(福岡市中央区)で懇親会も兼ねた表彰式を開催。乾杯の発声を九信電設(株)の黒木善弘氏が務めた。

 表彰式では、優勝や準優勝、ドラコン賞、ニアピン賞などを始め、順位賞、ブービー賞などの多数の賞とともに、協賛企業各社から提供された豪華賞品を用意。各賞の受賞者が発表されるたびに、歓声と拍手が沸き起こった。

 順位発表後には、恒例のチャリティー・ビンゴ大会と、じゃんけん大会を実施。ビンゴカード販売で集まった収益金9万9,000円は、再建を目指す劇団わらび座に寄付される。

 その後、中締めの挨拶を(株)クインテットの松下耕三氏が行い、表彰式は盛況なうちに幕を閉じた。なお、次回のゴルフコンペは、節目となる50回大会として今年秋(10月)の開催を予定している。

【内山 義之】

関連記事