2022年08月14日( 日 )
by データ・マックス

SDGsがテーマの映画事業 ワイン事業を通じて世界平和に貢献を(後)

ユナイテッドピープル(株)
代表取締役 関根 健次 氏

 ユナイテッドピープル(株)は「人と人をつないで世界の課題解決をする」をミッションに掲げ、映画の配給・宣伝・制作を行うほか、昨年からはワイン事業も手がけている。7月5日に設立20周年を迎えた同社の関根健次代表に話を聞いた。

平和をコンセプトにしたワイン事業スタート

 ──昨年、ワイン事業をスタートさせましたね。

 関根 実は、私が学生時代から思い描いていた夢は、ワインの輸入商社を起業してフランスでワイナリーを経営することでした。

 アメリカの大学を卒業した私は、バックパッカーとして世界をまわる旅に出て、イスラエルやトルコなどの旅先でワイナリーをめぐりながら、ワインの知識を深めていました。そんなある日のことです。エルサレムで1人の日本人女性から「パレスチナのガザ地区にきてみないか」との誘いを受けました。彼女はガザ地区で看護師のボランティアをしていて、日本人に紛争地の現実を知ってほしいと思って声をかけていたようです。彼女曰く「現在のガザ地区は日本人が思っているような危険な場所ではなく、安全。しかもみんな日本人に対して友好的なので騙されたと思ってぜひ行ってみないか」とのことでした。

 無鉄砲で旅が大好きだった僕は、当地を訪れてみることにしました。実際、彼女がいうように1999年当時のガザ地区は平和でした。しかし、現地の少年に将来の夢を尋ねたところ「爆弾を開発して多くの敵を殺したい」と語るではありませんか。この言葉に衝撃を受けた私は「ひとまずワインの輸入商社を起業するのは置いといて、世界の課題を解決する活動をしよう」と思い、募金サイトの運営を手がけるようになったのです。

ユナイテッドピープル(株  代表 関根 健次 氏
ユナイテッドピープル(株)
代表 関根 健次 氏

    会社設立20周年を目前に控えた昨年、国連が定めた「ピースデー」(9月21日)に平和をコンセプトにしたワイン事業「ユナイテッドピープルワイン」をスタートさせました。先ほど日本のお茶をたしなむ文化について述べましたが、それと同様に友人や家族とワイングラスを傾けて共に過ごす時間はかけがえのないもので、ワインを通じて世界平和に貢献できたらとの思いから始めました。

 当社で扱っているどのワインも平和やSDGsに関連しており、購入金額の一部が教育支援、難民支援、食糧支援などの活動に寄付されます。当社が扱う商品のなかに南アフリカ産のワインがあるのですが、アパルトヘイトの終焉を象徴しているかのようなワインで、白人の経営者が黒人に土地を寄贈して、醸造所に貸すなどして白人・黒人が共にワインづくりを行っています。私は、パレスチナ自治区でパレスチナ人とイスラエル人が協力してワインづくりを行う醸造所をつくることを将来的な目標に掲げています。6月からはそのモデルケースとして北海道の余市でワインづくりを始めました。

 映画事業、そしてワイン事業を通じて、人々がお互いを尊重し、平和に共存できる世界を実現するために今後も全身全霊を傾けていくつもりです。

(了)

【新貝 竜也】


<PROFILE>
関根 健次
(せきね けんじ)
ユナイテッドピープル(株)代表取締役、(一社)国際平和映像祭 代表理事。ベロイト大学経済学部卒。大学の卒業旅行の途中、偶然訪れた紛争地で世界の現実を知り、後に平和実現が人生のミッションとなる。2002年、世界の課題解決を事業目的とするユナイテッドピープル(株)を創業。09年から映画事業を開始。14年より誰でも社会課題・SDGsテーマの映画上映会を開催できる「cinemo(シネモ)」を運営開始。映画『もったいないキッチン』プロデューサー。21年9月21日、ピースデーにワイン事業「ユナイテッドピープルワイン」を開業。


<COMPANY INFORMATION>
代 表:関根 健次
所在地:福岡県糸島市二丈浜窪491-1
設 立:2002年7月
資本金:1,250万円
URL:https://unitedpeople.jp


※映画の上映会参加や、上映会主催はcinemoへ
 https://www.cinemo.info
※cinemo.biz(シネモ・ドット・ビズ)
 https://unitedpeople.jp/cinemobiz
※ユナイテッドピープルワイン
 https://upwine.jp

(中)

関連記事