2022年08月20日( 土 )
by データ・マックス

天神ビッグバン・福岡地所と住友生命の再開発ビル概要判明

(仮称)住友生命福岡ビル・西通りビジネスセンター建替計画 イメージ(資料:福岡地所)
(仮称)住友生命福岡ビル・西通りビジネスセンター
建替計画 イメージ(資料:福岡地所)

 福岡地所(福岡市)と住友生命(大阪市)が進めている、福岡・天神2丁目の再開発計画の概要が判明した。
 再開発は天神ビッグバンなどの規制緩和を受け、天神西通りビジネスセンター(旧・福岡天神第一生命ビルディング)と住友生命福岡ビルの2棟を建替え、あらたに地上24階・地下2階建(塔屋2階)のオフィスビルを建設して行われる。

 新たなビルには、福岡市が進める「感染症対応シティ」に向けた取り組みとして、各フロアのオフィスから直接出入りできるバルコニーや地上広場、ピロティ空間、2階テラスなどのオープンエアー空間のほか、非接触でのエレベーター呼び出しなどが取り入れられる。また、明治通り沿いには帯状の植栽が設けられ、広場のベンチや仕上げ材などには木材製品を採用し、二酸化炭素の固定化につとめる。太陽光発電設備も設置するという。

 福岡市地下鉄・天神駅と接続する敷地東側部分にはピロティ空間を整備するほか、西側広場にも大きな庇を設ける。広場にはベンチなどの休憩施設を設置する。さらに、敷地北西の広場空間にはアートの設置も計画しているという。

(仮称)住友生命福岡ビル・西通りビジネスセンター建替計画 西側コーナーパークイメージ(資料:福岡地所)
(仮称)住友生命福岡ビル・西通りビジネスセンター
建替計画 西側コーナーパークイメージ(資料:福岡地所)

<事業名称>
(仮称)住友生命福岡ビル・西通りビジネスセンター建替計画
<所在地>
福岡市中央区天神2-148,149,150,155,156,157番
<敷地面積>
約2,820m2(約853坪)
<建築面積>
約1,890m2(約572坪)
<延床面積>
約42,000m2(約12,705坪)
<建物高さ>
約113m
<階数>
地上24階、地下2階、塔屋2階
<用途>
事務所、店舗、駐車場
<竣工>
2025年5月(予定)
<事業主>
住友生命保険(相)、福岡地所(株)
<設計>
(株)日建設計・(株)竹中工務店
<施工>
(株)竹中工務店(予定)

▼関連記事
天神ビッグバンで一体開発を検討 福岡地所と住友生命

【永上 隼人】

関連記事