• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月26日 11:58

大戸屋・創業家の代理人になった、大物フィクサーの正体(前) 年を越すお家騒動 

 定食専門店「大戸屋ごはん処」を展開する(株)大戸屋ホールディングスのお家騒動の解決のメドは立っていない。2015年7月、創業者の三森久実(みつもり・ひさみ)氏が57歳の若さで急逝。これを機に、久実氏が生前、後継者に托した長男の三森智仁(ともひさ)氏の処遇をめぐり、三枝子未亡人と窪田健一社長が対立。創業家の代理人に大物フィクサーが就任して、対決色を強めている。
 その大物フィクサーの正体とは――?

創業者側は正木烝司氏、経営側は河合直忠氏が代理人

ootoya 過去に、「大戸屋お家騒動、第三者委員会の「調査報告書」を読む」(前) (後)をレポートした。10月3日に公表された大江戸コンプライアンス第三者委員会(委員長・郷原信郎弁護士)の調査報告書を解説したものだ。今回は、創業家の代理人となった大物フィクサーに的を絞ってレポートする。

 対立の構図は、こうだ。経営側が窪田健一社長=河合直忠氏。窪田氏は久実氏とは叔父甥の関係にある。河合氏はメンンバンクの三菱UFJ信託銀行出身。相談役に退いていたが、久実氏の死を機に、窪田社長の要請を受けて15年10月に相談役最高顧問に復帰。16年6月の株主総会で取締役に就いた。創業家との和解交渉を行う。
 創業家側は三枝子未亡人・三森智仁氏=正木烝司氏。正木氏は、大物フィクサーとして有名だ。創業家の代理人に就いた正木氏と、経営側の河合氏の百戦錬磨の勇士たちによる闘いだ。

正木氏は河合氏を「謀略による乗っ取り」と批判

 『調査報告書』は、久実氏の次兄である医者の三森教雄・社外取締役の発言を載せている。教雄氏は三森一族から唯一社外取締役に入った。16年6月8日、正木烝司氏宅を訪問した。

 〈正木氏が一度私と話したいと言っていると智文(久実氏の長兄)と智仁から連絡があり、智文・智仁・三枝子と6月8日に行った。私が行った理由は、会ってどういう人物か確認し、言い分を伝えたいということ。松濤の自宅で。好々爺、恰幅のいい老人という印象。
 意見を求められて、「智仁が辞めたことは間違っているし、復帰する予定を会社側が示してくれているのだから、きちんと話し合いをもって早期に解決すべきだ」と話した。代理人として正木氏がいなくても解決できる体制にあると。正木氏は「会社側の対応がよろしくない、大株主に対するリスペクト(敬意)が必要だ」と強調していた。

(中略)

 智仁も三枝子も、一番頼っているのは正木氏。そんなに深入りしないほうがいいだろうという印象だが、智仁にそれを言っても今は聞く耳を持っていない〉

 正木氏は第三者委員会の調査について、こう批判した。

 〈「オーナー企業において創業者が亡くなった後は、創業家を中心にそれを錦の御旗として経営を行っていくことで、従業員全体がまとまって事業を行うことが可能となるので、大戸屋においても、オーナー経営者であった三森久実氏が死亡した後は、創業家から経営者を出すのは当然である」と述べるとともに、「河合(直忠)氏が久実氏死亡後に行った行動について、謀略戦略による会社乗っ取りである」旨批判した〉

 創業家と経営陣の仲裁に当たっていた河合氏は9月28日、創業家=代理人の乗っ取り批判を受けて、取締役就任からわずか3カ月で辞任した。

(つづく)

 
キーワードタグ:大戸屋  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月25日 10:01

シャープ「プラズマクラスター」とパナソニック「ナノイー」 コロナ禍で過熱するイオン式の空気清浄機バトル!NEW!

 シャープは9月7日、同社の独自技術であるプラズマクラスターに空気中に浮遊する新型コロナウイルスの数を減少させる効果があると発表した...

2020年09月25日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】有名芸能人の政治的発言(3)NEW!

 不当判決の裁判官に対する解職請求制度は、権威主義に馴らされた現在の国民の意識、知的レベルではとんでもない制度のように写るかもしれない...

2020年09月25日 07:00

孫正義氏の究極の選択~ソフトバンクグループの株式の非公開化はあるか?(3)NEW!

 SBGは保有資産4.5兆円を売却、資金化を進める一環として、8月上旬までにアリババ株を活用して計1.6兆円を調達した...

2020年09月24日 17:47

【BIS論壇N0.330】インドの現状と中印関係(後)

 インドでは、10カ所のGlobal in‐House Center(グローバル自社センター)、Mega Industrial Clusters(巨大産業集積地域)の...

2020年09月24日 17:39

中国経済新聞に学ぶ~中国の5Gユーザー年内に1億人突破へ(後)

 調査会社・ニールセンが9月12日に発表した報告によると、間もなく到来する5G(第5世代移動通信システム)時代に対して、中国の消費者は積極的な姿勢を見せ、それを待ちわ...

2020年09月24日 17:05

国の「太陽光・風力発電推進」どこまで本音?再エネ政策に漂う不透明感(前)

 洋上風力バブルでも、相変わらず向かい風が吹く日本の再生可能エネルギー。燃料費ゼロでも多額の初期投資と送電系統の空き容量などの問題から、太陽光・風力発電は政策なしには...

2020年09月24日 16:51

「博多廊」「星期菜」が10月1日より営業再開~IMD Alliance

 福岡を中心にホテル・旅館、和・鮨・洋・カフェ・中華レストランを店舗展開するIMD Alliance (株)は、営業を自粛していた「九州の旬 博多廊」と「西中洲 星期...

2020年09月24日 16:37

明倫国際法律事務所が海外リーガル雑誌のウェルス・マネジメント部門賞を受賞

 明倫国際法律事務所が、海外リーガル雑誌Lawyers Worldwide Awards Magazineが主催するLawyers Worldwide Award M...

2020年09月24日 15:24

もっと糸島を楽しもう、観光アプリ『いとたび』登場

 糸島市とNTT西日本、そして、糸島を拠点にさまざまな「おもしろい」コトの創出に取り組むいとしまちカンパニーは、観光振興に関する実証実験の一環として、糸島観光ポータル...

2020年09月24日 13:24

【凡学一生のやさしい法律学】有名芸能人の政治的発言(2)

 芸能人出身の国会議員には一定の法則がある。決して全盛期に政治家に転身した例はない。このことは国会議員の地位が、芸能人の全盛期の収入に代わると見なされた結果であると推...

pagetop