• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月25日 09:36

漫画のキャラクターが『おもてなし』!(4)

キャラクターが活き活きと描かれているか

 ――前回、最後の部分で日本の漫画の本質に触れるお話がありました。ところで、“ストーリー”と“キャラクター”はどのような位置関係にありますか。

jugyou すねや 私は日本漫画が他の諸外国のそれと大きく違う特徴の1つは「キャラクター」を軸に作られている事であると思っています。キャラクターとは登場人物の事でもありますが、「キャラが立つ」という言葉で表現されるキャラクターの「生きざま」の描き方、それを伝える為のさまざまな技術が日本の出版社や作家には蓄積されています。
 読む人、見る人は単なるストーリーの内容で泣いたり、笑ったりするのではありません。その登場人物、すなわち「キャラクター」に「感情移入」して泣いたり、笑ったりするのです。「キャラクター」がドラマを経験して、そのドラマの中での感情がそのまま読む人見る人の感情となることが作品の面白さにつながっています。

 感情移入できるかどうかのポイントは、一般的には「同感」や「共感」と言われています。経験に基づいた「言葉」というものはとてもリアル感があります。経験を積んだプロの漫画家は、実際に経験していなくても取材や資料などから絵や言葉で、そのリアル感を表現するのが上手いのだと思います。この「キャラクターへ感情移入させるテクニック」が日本人作家の優れている点かも知れません。

「おもてなし」や「こころ遣い」の精神

 ――とても深いお話ですね。ではなぜ、日本人は「キャラクターへ感情移入させるテクニック」が他の諸外国と比べて上手いのですか。

 すねや それには色々な答えが考えられます。しかし、私は日本人が生来持っている「おもてなし」や「こころ遣い」の精神が大きく影響を与えているのではないかと思っています。日本漫画の世界では、突き詰めるとキャラクター同士が作品での中で「おもてなし」、「こころ遣い(思いやり)」の行動をとっています。

「友情、努力、勝利」の3つのテーマ

 一時期最大部数を誇った『週刊少年ジャンプ』は創刊当時から、これは関係者が誰でも知っている有名な話ですが、その編集方針を「友情、努力、勝利」の3つのテーマに絞っていました。それはアンケートにより心に響く言葉として選ばれたもので、他の雑誌も似たような方法をとっていた時期もありますが、明確にジャンプはこの3つの条件を満たした作品しか掲載しないということを宣言していたわけです。

 漫画を描く作家も、編集する側も登場するキャラクターにこの3つのテーマを入れていきました。今、世界的にヒットしている『ONE PIECE』、『NARUTO』、『ドラゴンボール』なども全て、この方針に基づいて描かれています。漫画でもアニメでも、ストーリーの中にそのようなテーマにそったキャラクターの思いとか、行動が入っているのです。
 つまり、根源的なテーマとして感情を振るわせる要素が入っているので、日本人のみならず、世界中の人々を感動、感激の渦に巻き込むことが可能になっているわけです。

より多くの読者に読んでもらうために

 ここで、日本漫画の重要な特徴の2つ目を申し上げます。それは、日本漫画は漫画作家が1人だけで作り上げるものではなく、漫画家と編集者が喧々諤々な議論をする、その共同作業(推敲)の上で、読者に届けられるのです。もちろん、漫画作家が中心になるのは当たり前の話ですが、ともすればクリエイターはいずれも独りよがりになりがちです。しかし、ベテランの編集者は「過去にこの表現はこうした方が読者に分かりやすかった」とか「今、この雑誌の読者は、このような情報を望んでいる」とか過去に読者アンケートでは「このような意見が載っていた」とか「このような表現は人気がなかった」など豊富な情報を持っています。それを漫画家にフィードバックしてくれるのです。

 日本の漫画家は「ネームの描き直し」は当たり前です。しかし、台湾の漫画家は一度も書き直しをしたことがないという話も聞きます。考え方次第ですが、「より多くの読者に理解されたい」、「より多くの読者に読んでもらいたい」、「もっと多くの人に買ってもらいたい」などと言う気持は、結果的に素晴らしい作品につながる情熱となっていきます。このことはとても重要です。

 私はこの点を「角川国際動漫教育」のカリキュラムとしても重視しています。6カ月単位の授業の後半部分では、実習を通して学生の描いた作品に対し講師がフィードバックする形でどんどん作品のレベルが高まっていく、よりよい作品に仕上がっていくことを実体験して欲しいと思っています。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
suneyakazumiすねやかずみ氏(本名:強矢和実)
 台湾角川国際動漫股份有限公司 教務総監・漫画家。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で新人賞を獲りデビュー。『マガジンSPECIAL』(講談社)などにギャグ/ホラー/コメディーなどのジャンルで連載。漫画家ユニットとして集英社『週刊少年ジャンプ』公式WEBサイトでデジタルマンガを連載。携帯コンテンツ初の占いマンガ制作DoCoMo・ソフトバンクの公式占いサイトのプロデュースなどを行う。 
 2008年より(株)漫画家学会の取締役として、漫画家に対して新たなマンガ事業の開拓・提案や紙芝居の事業化を行っている。京都精華大学マンガ学部ストーリーマンガコース非常勤講師、総合学園ヒューマンアカデミー東京校マンガカレッジ専任講師を経て現職。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月19日 17:39

【福岡県に緊急事態宣言】(11)コロナを舐めてはいけない(2)

 12月29日に新型コロナウイルスが陽性と診断されたTは1月1日の元旦、身柄を拘束された。ホテルに幽閉となったのである。それから12日まで軟禁状態が続き、ようやく自宅...

2021年01月19日 17:12

【みやき町】関家具と包括連携協定を締結、地域活性化推進へ

 佐賀県みやき町は19日、(株)関家具と包括連携協定の締結調印式を行った。この協定は、包括的な連携のもと、相互の発展と地域活性化の推進を目的としている...

2021年01月19日 16:58

コロナ第三波、菅首相・小池知事の“A級戦犯コンビ”を問いただす

 コロナ第三波の爆発的感染拡大で、お互い責任をなすりつけ合っている菅義偉首相と小池百合子知事の“A級戦犯”ぶりが際立っている...

2021年01月19日 16:42

【佐賀県】佐賀大発「オプティム」がNTT東などと「NTTドローン」設立

 佐賀大学発のコンピューター・ソフト会社「オプティム」、NTT東日本、ドローン販売「ワールドリンク」の3社は18日、埼玉県朝霞市にドローン(無人航空機)を応用して産業...

2021年01月19日 16:20

【福岡県に緊急事態宣言】(10)コロナが触媒になる流通の転換

 多くの小売業はバブル崩壊以降、規模の大小を問わず売上不振に見舞われ、それが今もなお続いている。それに拍車をかけたのが、新型コロナだ。飲食・旅行業界だけでなく、幅広い...

2021年01月19日 15:19

吉塚松崎線、新設区間の無電柱化を検討

 福岡市は、県から「福岡広域都市計画道路事業3.5.1-80号吉塚松崎線」の変更許可を取得した...

2021年01月19日 15:02

JR博多シティの飲食店が期間限定で弁当販売中!

 JR博多シティで“うまかもん”を提供する「くぅてん」「デイトス」「デイトスアネックス」「三百歩横丁」の一部飲食店が、2月5日(金)までの期間限定で弁当を販売している...

2021年01月19日 14:05

中洲の灯は絶えない(2)接待はなくならない〜「ロイヤル・ボックス」ママ・藤堂和子氏

 今回の緊急事態宣言などについて、中洲で50年にわたり経営に携わってきた「ロイヤル・ボックス」の藤堂和子氏に話を聞いた...

2021年01月19日 11:30

2020年休廃業・解散企業数が過去最多の約5万件に

 昨年の休廃業・解散企業数は4万9,698件(前年比14.6%増)と5万件に迫り、調査開始の2000年以降で過去最多となった...

2021年01月19日 11:07

【縄文道通信第58号】縄文道ユートピア論~実現可能な道程 縄文道―武士道―未来道(後)

 それでは国連が2015年に提唱した17カ条を以下に掲げながら、縄文道と比較してみよう...

pagetop