• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月04日 07:05

軍艦島に新たなストーリーが誕生~映画「進撃の巨人」完成報告会見(後)

 2015年8月1日・9月19日に連続公開される映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」(前編)、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンドオブザワールド」(後編)。7月2日に、撮影地となった通称「軍艦島」こと長崎市端島で行われた完成報告会見では、監督や出演者から、「軍艦島」の雰囲気が映画の世界観に通じるといった印象が語られた。

「進撃の巨人」の世界観を体感できる島

撮影が行われた端島北東部<

撮影が行われた端島北東部

 「軍艦島」について「ビフテキがカツ丼になった」とたとえた樋口監督。ただの廃墟ではなく、複雑な造りの珍しい建物が廃墟になっているという意味だが、実際に、映画の撮影が行われたのは、住居、学校、病院などの鉄筋コンクリート造の建物が密集している島北東部(一般の立ち入りは不可)。その風景は、都会の街並みが廃墟になったように映る。「時代の最先端をいっていたが、人が突然遠ざかった島。哀しさを感じます」(三浦春馬さん)。外海の高波にさらされ、一部で崩れている「軍艦島」の護岸は大自然の驚異を覚えさせ、その感覚は「進撃の巨人」で壁を破壊する巨人への恐怖にも通じるところがあるように思う。

 同作品の軍艦島ロケを撮影陣の滞在地として協力した伊王島では、現在も映画のパネル展や原作をモチーフにした創作料理などで、映画の浸透が図られている(詳細はコチラ)。映画撮影を支援した旧産炭地域の伊王島・高島・池島の振興を目的とするNPO法人長崎アイランドアクト3の久遠龍史理事長は、撮影前の出演者らに端島炭鉱の歴史を教えたという。監督、出演者のコメントには、その炭鉱の島のストーリーが土台となり、映画の世界観につながっている様子もうかがえる。

高波の影響で崩れた護岸<

高波の影響で崩れた護岸

 「軍艦島をきっかけに、長崎、世界遺産のことを多くの方に知っていただきたい」という端島を所有する長崎市の田上富久市長をはじめ、長崎から映画に寄せられる期待は大きい。実際に、昨年5月の撮影ロケ以来、軍艦島上陸見学ツアーに参加する原作ファンも増えているという。実写映画を観ることで「軍艦島」を訪れた際、より深く、原作の世界観を共有することができるようになるかもしれない。樋口監督は長崎の人々の撮影協力への謝意を伝えるとともに、「この映画は長崎で撮影されたんだと他県の人に自慢してください」とのメッセージを送った。

原作者「映画の目的を達成」

 とはいえ、実際に観てみないとわからない。とくに、世界中に数多くいる原作ファンにとっては、映画作品の完成度は気になるところ。そこで、完成報告会見のサプライズとして紹介された原作者・諫山創さんのメッセージを紹介する。

 人食い巨人の話を19才で考えついた時「物作りのプロの方たちに、この物語を作ってほしい」と思っていました。ですがそんな機会があるはずもなく、自分は下手くそなりに気持ちをぶつけて「進撃の巨人」という漫画を描きました。それから数年が経ち、実写映画化の話をいただいた時、改めて「プロの方たちによる人食い巨人の話を作るチャンスなんじゃないか」と思ったんです。だから僕自身から「原作の枠を取っ払ってほしい」とお願いをして「ビルの上で生活する人類」や「主人公がジャン」などあえて原作とは違う設定を提案しました。それらはさすがに採用されませんでしたが、広い視野で物語を作っていただきたかったのです。

 一足先に前後篇、観させていただきました。巨人の恐怖や迫力が凄かったです。それだけではない巨人の愛らしさも出ていて、とても興奮しました!映画化は、原作を再現することではなく、面白い作品を作ることが目的であるべきだと思っています。そしてそれはこの映画で達成されたのではないかと思っています。

 原作者も高く評価する映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」シリーズは、樋口監督作品ならではの最新のVFX技術と、着ぐるみや特殊メイクなどによる古き良き特撮技術が見事に融合し、映画館で観るべき、大迫力の作品に仕上がっているという。閉山から40年の時を経て、新たに誕生した「軍艦島」のストーリーによって、端島、長崎でどのような変化が生まれていくのか、夏の映画公開後が楽しみだ。

【山下 康太】

右から樋口真嗣監督、石原さとみさん、三浦春馬さん、水原希子さん、本郷奏多さん<

右から樋口真嗣監督、石原さとみさん、三浦春馬さん、水原希子さん、本郷奏多さん

▼関連リンク
・映画「進撃の巨人」公式サイト

 
キーワードタグ:長崎  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月05日 13:00

【政界インサイダー情報】いよいよ、アベノミクスの目玉IR誘致開発も危険水域NEW!

 誰も予想もしなかった、今回の世界的なコロナ感染拡散問題で、この危機管理に対応できず、傷だらけになっている今の政府、強かった筈の安倍一強政権...

2020年06月05日 11:45

(株)ホテルオークラ福岡の社長〜コロナは「新たなホテル業の在り方」を考えさせられた良い機会NEW!

 6月に入り、ようやく通常通りの営業に戻し、ホテル内のレストラン・バーも徐々に活気を取り戻しつつあるホテルオークラ福岡。コロナショックにより、改めて業界の役目・今後の...

2020年06月05日 11:14

「 ふくおか筑紫フードバンク」こども食堂のフードパントリーを応援中~ エフコープ・西松建設との連携で子どもの居場所づくり(前)NEW!

 「ふくおか筑紫フードバンク」の運営を担っているのは、「特定非営利法人チャイルドケアセンター」であり、代表理事は大谷清美氏が務める...

吉村礼賛劇場化けの皮が剥がされるNEW!

 香港におけるデモの暴徒化に対して中国政府は武力による鎮圧を試みた。米国におけるデモの暴徒化に対して米国政府は武力による鎮圧を試みた。国家としては民衆の暴徒化を鎮圧す...

2020年06月05日 09:00

視界不良の2020年消費~流通大手イオンはどう動くか(後)NEW!

 イオンでは今年3月、社長が交代した。23年間社長を務めた創業家出身の岡田元也氏が会長に就き、副社長を務めていた吉田昭夫氏が社長に昇格したのである...

2020年06月05日 07:00

【コロナに負けない(48)】韓国製品オンライン展示会を22日から開催~韓国貿易センター

 KOTRAの主な業務の1つがビジネスマッチングのための展示会開催および出展支援。今年は新型コロナウイルスの影響を受け多くの展示会を中止しているが、今般、日本で初めて...

2020年06月05日 07:00

居住ゾーンを第一交通グループが開発~旧門司競輪場跡地・再開発プロジェクト(後)

 余談だが、日清戦争後に国が軍備増強と産業資材用鉄鋼生産の増大を図るために官営製鐵所を建設しようとした際、建設候補地として、「八幡」「板櫃」、「呉」と並んで、「大里」...

2020年06月04日 17:47

【コロナに負けない(47)】総合工場を新装~(株)アダル武野龍社長インタビュー

 業務用・店舗用家具メーカーの(株)アダルは、5月11日に新総合工場での本格稼働をスタートさせた。データ・マックスは2日、同社の武野龍社長に工場建設の経緯などを聞いた...

2020年06月04日 16:57

【コロナに負けない(46)】休業要請に対して営業を続けたパチンコ店

 2020年4月、福岡県は新型インフルエンザなど対策特別措置法第24条第9項に基づいた施設使用の停止(休業)の要請に応じず、営業を続けていた県内のパチンコ店6店舗の店...

2020年06月04日 16:27

居住ゾーンを第一交通グループが開発~旧門司競輪場跡地・再開発プロジェクト(前)

 2002年3月末に廃止となった旧門司競輪場の跡地を活用し、北九州市が公共施設の集約・多機能化を目指している「モデルプロジェクト再配置計画(大里地域)」。住宅開発を行...

pagetop