2024年07月23日( 火 )

流通業界、市場変化の臨界点(4)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

異業種の脅威

yasai_syokuhin さらにスーパー業界に突き付けられるのは、異業種とのテリトリーを越えたせめぎ合いである。
 たとえば、セブン-イレブンの1,920店を始めとする九州のコンビニ店舗は5,250店。ドラッグストアも600店を超えている。これらの業態の食品売上比率は50~60%。コンビニ1店当たりの年商を2億円、ドラッグストアのそれを5億円と少なく見積もっても、コンビニの食品関連売上は6,000億円、ドラッグストアのそれは1,500億円。それぞれ27%と7%。九州の非生鮮食品市場額を2.2兆円とした場合、にわかには信じがたいことだが、全体の3分の1の市場がこの2業態に占拠されていることになる...(⇒つづきを読む)

流通情報サイトこちら >>

 流通情報サイトでは流通業界に関する情報を一括閲覧できるようにしております。

<日刊マックス流通のご案内>

 日刊マックス流通は沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「日刊マックス流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

 

関連記事