• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月27日 15:47

安倍政権打倒の条件 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、安倍政権から政権を奪還する具体的な方法について示した、7月24日付の記事を紹介する。


 安倍政権は戦争法案を強硬に推進しているが、戦争法案に賛成する主権者は圧倒的に少数派である。各種世論調査結果にもこの事実はくっきりと表れている。世論調査自体が人為的に操作されているものであるから、もとより信憑性は低いのだが、それぞれの報道機関の世論調査結果の時系列推移には現実の変化が反映される。

 安倍政権迎合姿勢が顕著な読売と産経の世論調査では、常に、政権支持率などが高く発表される。権力迎合度数が突出して高いのだ。それでも、時系列のデータでは、こうした権力迎合機関の調査でも、政権支持率は下がり、戦争法案への賛成比率が大幅に下がっている。
 日本は国民主権の国であるから、主権者である国民の多数が反対している戦争法制を強行制定することは民主主義の破壊行為である。安倍晋三氏は日本国憲法そのものを破壊しようとしている。このこと自体が重大な憲法違反行為である。
 憲法が規定している集団的自衛権行使禁止に反対の考えを持つなら、堂々と憲法改定を提案して賛同者を増やせばよい。そして、憲法の規定に則って、憲法を改定すればよいだけのことだ。

 ところが、いまの安倍政権に憲法を改定する力はない。だから、憲法を改定せずに、憲法を破壊する道を選んでいる。これ以上の堕落はない。戦争法制を強行制定するなら、安倍晋三氏は日本政治史に名前を残すことになる。しかしそれは、日本政治史上、最も愚かな首相としての名前を残すことになるだけである。

 安倍政権がこのような暴政、暴走を続ける背景は、言うまでもない。安倍政権与党が国会議席の多数を占有しているからだ。したがって、表面的には安倍政権は権力保持の正統性を有しているように見える。

 しかし、この多数議席獲得にはカラクリがある。現在の選挙制度の特性を、安倍政権与党が巧妙に活用しただけなのである。これまでも指摘してきているように、安倍政権与党の絶対得票率は25%程度に過ぎない。全有権者の4分の1しか、安倍政権与党に投票していないのだ。つまり、たった4分の1の民意で、日本政治を完全支配してしまっているのだ。
 自民党単独の絶対得票率は、わずか17.4%だ。主権者全体のわずか6分の1しか、自民党を直接支持していないのだ。6分の1の民意で、日本政治が支配されている。これが日本政治のいびつな実態なのである。

 公明党を合わせても4分の1、自民党単独では6分の1の支持しか得ていないのに、国会議席の圧倒的多数を占有している理由は、小選挙区で自公が候補者をただ一人に絞り込んでいるからだ。現在の選挙制度に対応した、もっとも効率的な選挙を行っているのが自公勢力なのだ。

 小選挙区制は乱立する野党陣営に圧倒的に不利な制度である。だから、選挙制度が悪いとの批判も生まれるわけだが、別の見方をすれば、現行の選挙制度にしっかりと対応しない野党勢力の責任も大きいと言わざるを得ないのだ。

 いま日本政治が直面している三大問題は、原発、憲法、TPPだ。この三つの問題に対して、明確にNOを突き付ける勢力が、ひとつの選挙区にはただ一人の候補者の体制を構築すれば、十分に安倍政権と対峙できる。恐らく、容易に政権を奪還することが可能になるだろう。安倍政権の政策に反対する政治家は、このことに全身全霊を注ぐべきではないのか。共産党の主張は、もっとも明確に安倍政権に対峙するものである。しかし、共産党がほぼすべての選挙区に候補者を立てて、類似した公約を掲げる候補者と重複立候補すれば、このことが、自公勢力に塩を送る結果になることは明白である。

 誰が正しくて誰が悪いなどという内輪もめをする必要はない。内輪もめを控えて、次の参議院、衆議院の国政選挙に向けて、「原発・憲法・TPP=NO」の候補者を、それぞれの選挙区にただ一人擁立する取り組みを直ちに始動させるべきである。

 主権者の怒りは爆発寸前である。選挙戦術が噛み合えば、必ず政権奪還が可能になる。このことをすべての主権者と政治関係者が徹底理解して、オールジャパンの連帯運動を一気に拡大するべきである。

オールジャパン:平和と共生

※続きは7月24日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1199号「方法を間違えなければ必ず政権を奪還できる」で。


▼関連リンク

・植草一秀の『知られざる真実』

 

 
キーワードタグ:政治  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月04日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】関電責任取締役提訴事件(3)真実隠蔽過程の序章

 かつて「関電疑獄」として、関電収賄事件の解説記事を連載した。そのとき、不祥事を引き起こした取締役会自身の手によって、ヤメ検を中心とした真相究明を目的とする「第三者委...

2020年07月04日 07:00

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(後)

 「単純作業の自動化が重要だと思っています。たとえば、営業で問い合わせを受けたときに必ず行うルーティン業務があります...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(3)

 実は、EMP攻撃のリスク分析はアメリカでは20年前から行われている。というのも、国防総省そのものが、仮想敵国を標的にしたEMP兵器の開発に取り組んできたからだ...

2020年07月03日 16:57

この世界、どうなる?(8)「マイアミ・ナイス」

 私が学生のころ、日本のテレビでは「マイアミ・バイス」というアメリカ製のテレビドラマが流行っていた。ドラマ・アナリストによると、「よくできたシリーズ」だったそうだ...

2020年07月03日 16:45

加熱処理乳酸菌FK-23は抗ガンに高い効果 酵素処理乳酸菌LFKはインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制

 DEVNETは、ニチニチ製薬と提携して、FK-23を免疫強化や抗ガンなどに、LFKをインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制、花粉症などのアレルギー対策などに役立ててい...

2020年07月03日 16:15

6月、九州北部地方の月平均気温が過去最高の24.9℃に

 福岡管区気象台によると、6月の九州北部地方(山口県を含む)の地域平均気温平年差は、1946 年の統計開始以降最高となり、もっとも暑い6月となった...

2020年07月03日 16:02

手ぶらでBBQ!カリフォルニアバーベキュービーチでアイドルが体験レポート

 福岡のアイドルグループ、ふくおか官兵衛Girlsの白石ありさと、NEO☆学院の望月琉菜が「California B.B.Q BEACH」(福岡市西区今宿)をレポート...

筑後商事(株)(旧・(株)マミーズ)(福岡)/スーパー「マミーズ」経営

 同社は6月22日、福岡地裁柳川支部から特別清算開始決定を受けた...

2020年07月03日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」6月30日発表 福岡労働局分

 6月30日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

2020年07月03日 14:24

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(中)

 「ナレッジスイートは基本的にデータビジネス可視化のサービスであり、その見せ方は非常に重視しています...

pagetop