• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月27日 15:47

安倍政権打倒の条件 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、安倍政権から政権を奪還する具体的な方法について示した、7月24日付の記事を紹介する。


 安倍政権は戦争法案を強硬に推進しているが、戦争法案に賛成する主権者は圧倒的に少数派である。各種世論調査結果にもこの事実はくっきりと表れている。世論調査自体が人為的に操作されているものであるから、もとより信憑性は低いのだが、それぞれの報道機関の世論調査結果の時系列推移には現実の変化が反映される。

 安倍政権迎合姿勢が顕著な読売と産経の世論調査では、常に、政権支持率などが高く発表される。権力迎合度数が突出して高いのだ。それでも、時系列のデータでは、こうした権力迎合機関の調査でも、政権支持率は下がり、戦争法案への賛成比率が大幅に下がっている。
 日本は国民主権の国であるから、主権者である国民の多数が反対している戦争法制を強行制定することは民主主義の破壊行為である。安倍晋三氏は日本国憲法そのものを破壊しようとしている。このこと自体が重大な憲法違反行為である。
 憲法が規定している集団的自衛権行使禁止に反対の考えを持つなら、堂々と憲法改定を提案して賛同者を増やせばよい。そして、憲法の規定に則って、憲法を改定すればよいだけのことだ。

 ところが、いまの安倍政権に憲法を改定する力はない。だから、憲法を改定せずに、憲法を破壊する道を選んでいる。これ以上の堕落はない。戦争法制を強行制定するなら、安倍晋三氏は日本政治史に名前を残すことになる。しかしそれは、日本政治史上、最も愚かな首相としての名前を残すことになるだけである。

 安倍政権がこのような暴政、暴走を続ける背景は、言うまでもない。安倍政権与党が国会議席の多数を占有しているからだ。したがって、表面的には安倍政権は権力保持の正統性を有しているように見える。

 しかし、この多数議席獲得にはカラクリがある。現在の選挙制度の特性を、安倍政権与党が巧妙に活用しただけなのである。これまでも指摘してきているように、安倍政権与党の絶対得票率は25%程度に過ぎない。全有権者の4分の1しか、安倍政権与党に投票していないのだ。つまり、たった4分の1の民意で、日本政治を完全支配してしまっているのだ。
 自民党単独の絶対得票率は、わずか17.4%だ。主権者全体のわずか6分の1しか、自民党を直接支持していないのだ。6分の1の民意で、日本政治が支配されている。これが日本政治のいびつな実態なのである。

 公明党を合わせても4分の1、自民党単独では6分の1の支持しか得ていないのに、国会議席の圧倒的多数を占有している理由は、小選挙区で自公が候補者をただ一人に絞り込んでいるからだ。現在の選挙制度に対応した、もっとも効率的な選挙を行っているのが自公勢力なのだ。

 小選挙区制は乱立する野党陣営に圧倒的に不利な制度である。だから、選挙制度が悪いとの批判も生まれるわけだが、別の見方をすれば、現行の選挙制度にしっかりと対応しない野党勢力の責任も大きいと言わざるを得ないのだ。

 いま日本政治が直面している三大問題は、原発、憲法、TPPだ。この三つの問題に対して、明確にNOを突き付ける勢力が、ひとつの選挙区にはただ一人の候補者の体制を構築すれば、十分に安倍政権と対峙できる。恐らく、容易に政権を奪還することが可能になるだろう。安倍政権の政策に反対する政治家は、このことに全身全霊を注ぐべきではないのか。共産党の主張は、もっとも明確に安倍政権に対峙するものである。しかし、共産党がほぼすべての選挙区に候補者を立てて、類似した公約を掲げる候補者と重複立候補すれば、このことが、自公勢力に塩を送る結果になることは明白である。

 誰が正しくて誰が悪いなどという内輪もめをする必要はない。内輪もめを控えて、次の参議院、衆議院の国政選挙に向けて、「原発・憲法・TPP=NO」の候補者を、それぞれの選挙区にただ一人擁立する取り組みを直ちに始動させるべきである。

 主権者の怒りは爆発寸前である。選挙戦術が噛み合えば、必ず政権奪還が可能になる。このことをすべての主権者と政治関係者が徹底理解して、オールジャパンの連帯運動を一気に拡大するべきである。

オールジャパン:平和と共生

※続きは7月24日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1199号「方法を間違えなければ必ず政権を奪還できる」で。


▼関連リンク

・植草一秀の『知られざる真実』

 

 
キーワードタグ:政治  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)NEW!

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)NEW!

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学...

2019年10月18日 16:10

種子の自家採取原則禁止、疑念払拭できず 種苗法めぐり農水省(前)

 農家による種子の自家採取を原則認める種苗法が改正される恐れが生じるなか、日本の種子(たね)を守る会(会長・八木岡努JA水戸代表理事組合長)が15日、参議院議員会館内...

2019年10月18日 15:32

(株)海商、山本一隆氏が代表取締役社長に就任

  (株)海商(福岡市東区)は、代表取締役社長に山本一隆氏が就任したことを発表した。9月20日に山本峰雄会長が死去したことを受けてのもの。

2019年10月18日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」10月11日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop