• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月24日 16:35

金融市場を混乱させるグローバル株安連鎖 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NET-IBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、中国の人民元切下げを契機に金融市場に広がるグローバルな株安連鎖について触れた、8月22日付の記事を紹介する。


 中国の人民元切下げを契機にグローバルに金融市場の動揺が広がっている。
 中国の人民元は基本的に米ドルにリンクして変動してきた。このため、2012年夏以降の米ドル大幅上昇に連動して、人民元は他通貨に対して大幅に切り上がった。対日本円では1人民元=12円から1人民元=20円にまで人民元は急騰した。

 日本を訪問する中国人観光客にとって人民元高は福音である。1人民元で買える品物が、約2倍に急騰したのだ。日本で購入する商品やホテル代、交通費が、ほぼ半値になったということだ。このために、中国人観光客の日本での消費が爆発した。いわゆる「爆買い」と呼ばれる現象が広がったのだ。このことが、消費税増税で低迷する日本の消費市場を底支えする大きな要因になった。日本経済は、中国人消費によって底支えされたわけだ。

 しかし、このことは、中国経済にとっては大きな打撃になった。日本から見れば、中国製品の価格がほぼ2倍になったということだ。1人民元の商品を12円で買うことができたのに、これが20円になった。当然、中国製品を購入するメリットがなくなる。中国の輸出は強い下方圧力を受け始めた。
 為替レートの激動が各国経済に大きな影響をもたらす。短期的な影響においては、通貨の下落は輸出の増大を通じて、一国経済を底支えする要因になる。だから、経済が低迷する局面で、経済政策当局は、自国通貨を切り下げるインセンティブを有する。そして、国内経済を刺激する、あるいは、国内金融市場を安定化させるために用いられる金融緩和政策は、自国通貨を下落させる効果を併せ持つ。
 このため、経済が悪化し、金融市場が不安定になった国においては、金融緩和政策を強めて、経済を支えるとともに、自国通貨の下落を容認する傾向が強まるのである。

 2008年から2009年にかけて、世界の金融市場が震撼した。リーマンショックに象徴されるサブプライム金融危機が世界経済、世界金融市場を襲ったのである。この危機の震源地になったのは米国である。米国ではリーマンブラザーズが破綻して、金融恐慌の危険が足下に迫った。
 この危機にバーナンキ議長率いるFRBは徹底的な金融緩和政策で対応した。公的資金で金融機関の破綻の連鎖を食い止める荒業も併用した。危機に直面して超金融緩和と、自国通貨切下げで対応したのが米国だった。米ドルの下落の裏側は、日本円の上昇、ユーロの上昇だった。超金融緩和、自国通貨切下げの先頭を進んだのが米国だった。この政策対応によって、米国経済は2012年頃には大幅に改善した。

 しかし、これと対照的に日本では円高による圧迫が強まったのである。2012年から、今度は日本が自国通貨切下げの動きに進んだ。超金融緩和政策の下で日本円の下落が始動し、日本円の対ドルレートは1ドル=78円から1ドル=125円にまで暴騰したのである。これに連動して、日本経済は浮上することができたわけだ。

 そして、次に自国通貨切下げに進んだのがユーロ圏諸国である。ECBは2014年に量的金融緩和政策実施を決定した。連動してユーロの下落が進行。EU経済は緩やかな改善傾向を示している。
 中国では2014年後半以降に実施された金融緩和政策によって、株価が大暴騰した。上海総合指数は2,000ポイントから5,000ポイント超へと一気に2.5倍の水準に跳ね上がった。この上昇があまりに急激過ぎたために、その反動が生じた。5,000ポイントまで上昇した株価が3,500ポイントへと30%の急落を演じたのである。この株価反落によって中国経済の悪化が強まり、中国政策当局は人民元の切下げ措置を選択することになった。
 米国、日本、欧州と連鎖してきた自国通貨切下げの政策対応を、中国政策当局が最後に採用したということになるが、このことが世界経済、金融市場を動揺させる新たな震源になり始めているのである。
 そのメカニズムとは次のようなものである。

※続きは8月22日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1225号「金融市場混乱連鎖を断ち切るための政策対応」で。


▼関連リンク

・植草一秀の『知られざる真実』

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月14日 17:12

新型コロナウイルス~関東で感染拡大NEW!

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月14...

2020年07月14日 16:00

ストラテジーブレティン(256号)~日本を蘇生に導くハイテク大ブーム~米中対決のカギを握る半導体、言わば現代の石油(1)NEW!

 米中対決は香港の一国二制度の崩壊で決定的となった。現世界情勢の特徴は「中国の一方的攻勢」であろう。インド国境、南シナ海、東シナ海・尖閣列島では周辺への威圧を強めてい...

2020年07月14日 15:30

「コロナ後の世界経済」~ポスト資本主義の倫理、哲学で世界経済の再構築を(前)NEW!

 ポストコロナの時代には、格差拡大を続ける資本主義や、AIやICTを活用したリモートワークなどのオンライン化ではなく、倫理や哲学に立脚した新しい世界経済の再構築を目指...

2020年07月14日 15:05

朴ソウル市長の死去で大きく揺れる韓国社会(後)NEW!

 2年ほど前に、韓国の大統領有力候補として名が挙がっていた安照正前忠南道知事の性的暴行事件は、多くの国民に失望とショックを与えた。当時韓国では「Me Too運動」が広...

2020年07月14日 14:41

【8/10~12】上村建設前社長・上村秀敏氏初盆供養NEW!

 上村建設(株)は8月10~12日、同社前代表取締役社長・上村秀敏氏の初盆供養を同社の芥屋研修所にて執り行う...

2020年07月14日 13:32

梅の花が下方修正 20年4月期は43.9憶円の赤字にNEW!

 (株)梅の花(久留米市)が7月13日、業績予想の修正を発表した...

2020年07月14日 12:00

中国の新車販売が急回復!トヨタは2カ月連続で単月販売台数の過去最高を更新!

 中国自動車工業協会は7月10日、6月の新車販売台数が、前年同月比11.6%増の230万台だったと発表した。新型コロナウイルスによる影響が落ち着き、3カ月連続でプラス...

2020年07月14日 11:30

相次ぐマンションの設計偽装~デベロッパーと行政の「不都合な真実」 仲盛昭二氏 緊急手記(2)

 筆者が所有している別府市のマンション「ラ・ポート別府」でも設計の偽装が明らかになったため、区分所有者として、建築確認を行った大分県および別府市に対し質問書を送付した...

2020年07月14日 11:00

【株主総会血風録1】大戸屋ホールディングス~買収を仕掛けたコロワイドが戦わずして“戦線放棄”の奇々怪々(5)

 なぜ、コロワイドは最初からTOBを仕掛けなかったのだろうか。そしてなぜ、個人株主は株主総会でコロワイドの株主提案に反対票を投じたのだろうか。理由は、はっきりしている...

2020年07月14日 10:32

お仏壇のはせがわ中興の祖・長谷川裕一氏の経営者としての最終的総括(3)多角化のツケが露呈、その結果負の処理は人任せに

 (株)はせがわの業績を、参照してほしい。多角化経営の辻褄が合わなくなり、当時、赤字決算が続出していたことがわかる...

pagetop