わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月24日 16:35

金融市場を混乱させるグローバル株安連鎖 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NET-IBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、中国の人民元切下げを契機に金融市場に広がるグローバルな株安連鎖について触れた、8月22日付の記事を紹介する。


 中国の人民元切下げを契機にグローバルに金融市場の動揺が広がっている。
 中国の人民元は基本的に米ドルにリンクして変動してきた。このため、2012年夏以降の米ドル大幅上昇に連動して、人民元は他通貨に対して大幅に切り上がった。対日本円では1人民元=12円から1人民元=20円にまで人民元は急騰した。

 日本を訪問する中国人観光客にとって人民元高は福音である。1人民元で買える品物が、約2倍に急騰したのだ。日本で購入する商品やホテル代、交通費が、ほぼ半値になったということだ。このために、中国人観光客の日本での消費が爆発した。いわゆる「爆買い」と呼ばれる現象が広がったのだ。このことが、消費税増税で低迷する日本の消費市場を底支えする大きな要因になった。日本経済は、中国人消費によって底支えされたわけだ。

 しかし、このことは、中国経済にとっては大きな打撃になった。日本から見れば、中国製品の価格がほぼ2倍になったということだ。1人民元の商品を12円で買うことができたのに、これが20円になった。当然、中国製品を購入するメリットがなくなる。中国の輸出は強い下方圧力を受け始めた。
 為替レートの激動が各国経済に大きな影響をもたらす。短期的な影響においては、通貨の下落は輸出の増大を通じて、一国経済を底支えする要因になる。だから、経済が低迷する局面で、経済政策当局は、自国通貨を切り下げるインセンティブを有する。そして、国内経済を刺激する、あるいは、国内金融市場を安定化させるために用いられる金融緩和政策は、自国通貨を下落させる効果を併せ持つ。
 このため、経済が悪化し、金融市場が不安定になった国においては、金融緩和政策を強めて、経済を支えるとともに、自国通貨の下落を容認する傾向が強まるのである。

 2008年から2009年にかけて、世界の金融市場が震撼した。リーマンショックに象徴されるサブプライム金融危機が世界経済、世界金融市場を襲ったのである。この危機の震源地になったのは米国である。米国ではリーマンブラザーズが破綻して、金融恐慌の危険が足下に迫った。
 この危機にバーナンキ議長率いるFRBは徹底的な金融緩和政策で対応した。公的資金で金融機関の破綻の連鎖を食い止める荒業も併用した。危機に直面して超金融緩和と、自国通貨切下げで対応したのが米国だった。米ドルの下落の裏側は、日本円の上昇、ユーロの上昇だった。超金融緩和、自国通貨切下げの先頭を進んだのが米国だった。この政策対応によって、米国経済は2012年頃には大幅に改善した。

 しかし、これと対照的に日本では円高による圧迫が強まったのである。2012年から、今度は日本が自国通貨切下げの動きに進んだ。超金融緩和政策の下で日本円の下落が始動し、日本円の対ドルレートは1ドル=78円から1ドル=125円にまで暴騰したのである。これに連動して、日本経済は浮上することができたわけだ。

 そして、次に自国通貨切下げに進んだのがユーロ圏諸国である。ECBは2014年に量的金融緩和政策実施を決定した。連動してユーロの下落が進行。EU経済は緩やかな改善傾向を示している。
 中国では2014年後半以降に実施された金融緩和政策によって、株価が大暴騰した。上海総合指数は2,000ポイントから5,000ポイント超へと一気に2.5倍の水準に跳ね上がった。この上昇があまりに急激過ぎたために、その反動が生じた。5,000ポイントまで上昇した株価が3,500ポイントへと30%の急落を演じたのである。この株価反落によって中国経済の悪化が強まり、中国政策当局は人民元の切下げ措置を選択することになった。
 米国、日本、欧州と連鎖してきた自国通貨切下げの政策対応を、中国政策当局が最後に採用したということになるが、このことが世界経済、金融市場を動揺させる新たな震源になり始めているのである。
 そのメカニズムとは次のようなものである。

※続きは8月22日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1225号「金融市場混乱連鎖を断ち切るための政策対応」で。


▼関連リンク

・植草一秀の『知られざる真実』

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月10日 09:00

DEVNET INTERNATIONAL 世界本部 総裁に明川文保氏が就任!(5)NEW!

 「東久邇宮記念賞」は昭和21年当時に、発明振興議員連盟の幹事長であった発明学会の創始者、豊沢豊雄先生が、ある結婚式で、東久邇宮盛厚殿下と偶然お会いになり、意気投合し...

2019年12月10日 07:00

撤退戦の様相を呈すレオパレスの懐事情(前)NEW!

 (株)レオパレス21の業績悪化が止まらない。施工不備問題を発端に入居率は低下を続け、2020年3月期は通期でも赤字を計上する見通しとなった。レオパレスは、長崎県壱岐...

2019年12月10日 07:00

簀子小跡地が医療・福祉のまちへ 桜十字らが病院や体育館整備NEW!

 福岡市が2019年3月から事業者の公募を行っていた「簀子小学校跡地活用事業」の優先交渉権者として、(株)桜十字(熊本市南区)を代表企業とし、九州旅客鉄道(株)(以下...

2019年12月09日 17:38

ヤマキ、かつおだしに血糖値抑制作用を確認

 ヤマキ(株)(本社:愛媛県伊予市、城戸善浩社長)は4日、かつおだし摂取による血糖値上昇の抑制を、ヒト試験で確認したと発表した。

2019年12月09日 17:13

久留米市のマッサージ店経営者、準強制わいせつの容疑で3度目の逮捕

 福岡県警は12月7日、準強制わいせつ容疑で、福岡県筑後市居住の自営業・坂井俊夫容疑者(43)を再逮捕した。坂井容疑者は11月5日、11月26日にも別の準強制わいせつ...

2019年12月09日 17:12

間違いだらけの大学英語入試~経済政策にひた走る文科省!(前)

 大学入学共通テストに導入予定だった英語の民間試験は10月の萩生田光一文部科学大臣の「身の丈」発言(BS討論番組)であっけなく延期となった。しかし、火の粉は高校・大学...

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(17)〜工事経歴に記載されていないのはなぜなのか?

 本日(12月9日)、既報の通り、ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区の『名誉顧問会』が午前10時頃から開催されている。開催場所は不明だが、「開催されることは、...

2019年12月09日 15:49

【読者投稿】宇久メガ現場に「宙に浮いた謎のプレハブ」

 長崎県佐世保市宇久島の島民から、先週末一枚の写真が届いた。写っているのは、コンクリートブロックを重ねた足(台)に宙に浮いている謎のプレハブ。出現した場所は、宇久陸上...

2019年12月09日 15:35

(株)富山ゴルフ(富山) ゴルフ場経営

 富山ゴルフは12月6日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、同地裁より保全管理命令を受けた。

2019年12月09日 15:28

「ガセネタであってほしかった」大麻事件

 福岡県宇美町の町議会議員が大麻取締法違反で逮捕された事件。直近の報道では、容疑者は末端の購入者ではなく、大麻を売りさばいており、その中枢にいたことを報じている。有権...

pagetop