2024年06月26日( 水 )

大英産業、JR西日本不動産開発と共同でマンション開発へ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 北九州を拠点に、九州全域及び山口で新築分譲マンション「サンパーク」や新築分譲戸建「サンコート」シリーズなどを供給する大英産業(株)(北九州市八幡西区、一ノ瀬謙二代表)は、JR西日本不動産開発(株)(大阪市北区、藤原嘉人代表)と共同事業協定書を締結した。

 大英産業が計画していた分譲マンション「ザ・サンパーク小倉駅タワーレジデンス」を2社共同事業として、企画・販売を行っていく。今回の共同事業協定書の締結は、マンション計画地の隣地をJR西日本不動産開発が保有していたことがきっかけで、同隣地はマンション用地に組み入れる。

 地域密着で築き上げてきたネットワークからの土地情報や、独自のノウハウと企画力を強みとする大英産業と、西日本エリアの都市開発で相応の実績を有するJR西日本不動産開発の、相乗効果の発揮が期待される。

 なお、同共同事業における出資比率は、大英産業75%、JR西日本不動産開発25%となっている。

■ザ・サンパーク小倉駅タワーレジデンス

<所在地(地番)>
北九州市小倉北区浅野2-2-347、2-796
<概要>
RC造地上19階建て、全150戸
<完成時期(予定)>
2025年9月

【代 源太朗】

関連記事