2024年04月19日( 金 )

果汁ミックスジュースで不当表示、キリンビバレッジに課徴金1,915万円

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 消費者庁は18日、果汁ミックスジュースの表示が景品表示法に違反するとして、キリンビバレッジ(株)(東京都千代田区)に対し、8月21日までに課徴金1,915万円を納付するように命じた。

トロピカーナ 100% まるごと果実感 メロンテイスト    同社は『トロピカーナ 100% まるごと果実感 メロンテイスト』について、実際にはメロン果汁を2%程度しか使用していないにもかかわらず、原材料のほとんどがメロン果汁であるかのように表示していた。

 容器包装に、メロンの画像とともに「厳選マスクメロン」「100% MELON TASTE」などと記載していた。

 消費者庁は昨年9月6日、表示内容が景表法に違反すると認定し、同社に対し、再発防止策の構築などを求める措置命令を出した。その後、課徴金の調査を進めていた。

 課徴金の対象期間は、2020年6月9日から昨年9月28日までとしている。

【木村 祐作】

▼関連記事
キリンビバレッジに措置命令、『トロピカーナ』製品で不当表示

関連記事